代替プロテイン

培養牛肉を開発する米SCiFi Foodsが資金調達難で事業を停止

 

培養牛肉を開発する米SCiFi Foodsが今月、資金調達難から事業を停止したことを発表した。SCiFi Foodsは知的財産と資産を売却する手続きを顧問会社にすでに依頼している。

同社は発表の中で、「この決定を軽々しく下したわけではありませんが、資金繰りが限界に達した今、これが最善の選択でした。残念ながらこのような資金調達環境では、SCiFiバーガーを商品化するための必要な資金を調達できず、SCiFi Foodsは時間切れとなりました」と述べている。

SCiFi Foodsが資金調達難で事業を停止

出典:SCiFi Foods

SCiFi Foodsは、培養肉と植物肉をブレンドするハイブリッド戦略を採用することでコスト高という大きな課題を解決できると考え、過去5年間で培養牛肉バーガーのコストを2万ドルから15ドル以下に削減することに成功。

単細胞懸濁液、100%無血清かつ5ドル/Lの培地で24時間で倍加する牛細胞株を開発し、フェドバッチプロセス(培養中に栄養などを加えて培養期間を伸ばす方法)で10 g/Lの力価を達成、つまり培養液1Lあたり10gの成分濃度を達成した。

今後数年間で60 g/Lを達成し、従来の牛肉と同等価格を実現するための明確な道筋も見えていた。

今年2月には商用工場で試運転を完了。500Lバイオリアクターによる1回の運転で数キログラムの培養牛肉を生成でき、培養牛ひき肉を10%、植物成分を90%使用した培養バーガー製品を月数千個製造できる見込みだと発表していた

しかし昨今、代替肉を巡る状況は好況から不況へと移行し、ハイブリッド製品の実現可能性には疑問が投げかけられた。

さらに、培養肉の販売を禁止するフロリダ州、アラバマ州などの規制強化も合わさり、SCiFi Foodsが小規模な商用化に必要な数千ドル、ましてや完全な商用化に必要な数億ドルを調達することは不可能になったと同社は述べている。

「挑戦したことは正しかった」

出典:SCiFi Foods

AgFunderのデータによると、培養肉企業への出資は2021年に9億8,900万ドルでピークをむかえた後、2022年には8億700万ドルにわずかに低下、2023年には1億7,700万ドルに大幅に減少した。

出典:AgFunder

苦しい資金環境下、New Age Eatsもまた昨年、資金調達難で閉鎖を発表した。Finless Foodsは昨年スタッフを多数解雇し、Omeatも多数のスタッフが解雇され、創業者がCEOを退任している

一方、MeatableUncommonBlueNaluモサミートのように2023年以降、大型の資金調達に成功した企業もある。

「幸いなことに培養肉企業の中には、今後数年間を生き残れるだけの資金をすでに持っている会社もあります」とSCiFi Foodsは言及。

「彼らがその資金でこの時期を乗り越え、ブレンド製品に対する消費者の本当の需要を証明してくれることを願います。私たちの細胞株、知的財産、すでにあるパイロット施設がその旅の一部になれば光栄です」と述べ、自分たちの貢献を培養肉業界の成功にいかしてほしい願いに言及している。

「SCiFiの最終目標は、苦しみのない豊かで、誰もが持続的に好きな肉を食べられるより良い未来を築くことでした。私たちは目標を達成できませんでしたが、挑戦したことは正しかったと確信しています」

 

参考記事

SCiFi Foods, Signing Off

BREAKING: Cultivated meat co SCiFi Foods closes up shop, appoints firm to run sales process

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:SCiFi Foods

 

関連記事

  1. DICがスピルリナ由来ヘムを開発する米BYASに出資を発表
  2. ユニリーバ傘下の代替肉ブランドThe Vegetarian Bu…
  3. Formoが精密発酵で作られたアニマルフリーなクリームチーズを発…
  4. 米パーフェクトデイ、インドで精密発酵タンパク質の認可を取得、イン…
  5. 代替母乳のBiomilqがシリーズAで約24億円を調達
  6. Remilkがイスラエル食品大手CBCグループと提携、1年以内の…
  7. 微細藻類で代替シーフード市場を目指すカナダのSmallfood
  8. 米MycoTechnologyが約105億円を調達、菌糸体発酵プ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

イスラエルのドローン企業Flytrexが約8億7000万円を調達

ドローンスタートアップFlytrexは800万ドル(約8億7000万円)を調達し…

Oobli、精密発酵による甘味タンパク質を使用した初製品の予約販売を開始

精密発酵により甘味タンパク質を開発するOobli(旧称Joywell Foods…

ダノンが精密発酵への取り組みを強化、ミシュランら3社とフランスでプラットフォーム構築へ

ダノンが精密発酵への取り組みを強化する。今月12日、ダノンは、Miche…

夕飯の準備は出社前の2分で完了!冷蔵機能のあるスマート調理器具Suvie

仕事の帰宅途中、スーパーによって食材を購入し、自宅で夕飯の支度をする…そ…

カスタムメイドの代替砂糖を開発するイスラエルのSweet Balance【創業者インタビュー】

妥協なき代替砂糖の開発に取り組む会社がある。イスラエルのSweet Balanc…

【現地レポ】シンガポールの精肉スーパーHuber’s Butcheryが来月から培養肉を販売

2024年5月16日更新シンガポールで培養肉が販売されてから2年。これま…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/15 11:32時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP