代替プロテイン

【現地レポ】シンガポールで培養ウズラ肉を実食|Vowの「Forged Parfait」

 

オーストラリア企業Vowがシンガポール食品庁(SFA)から培養肉の販売認可を得たことで、今月12日から27日までシンガポールのレストラン「MORI」で、Vowの培養ウズラ肉を使用したフルコース料理が提供されている。

この度、ついに培養肉を食べることができたのでその感想をお届けする。

シンガポールで培養ウズラ肉を実食

Foovo(佐藤)撮影

レストラン「MORI」は、チャイナタウン近くに位置するMandala Clubの3階にあった。エレベーターに乗ると、壁に「Forged Parfait」の広告が目に入ってきて、いよいよかとドキドキしてくる。

MORI」はこじんまりした空間で、U字型のカウンターにネームプレートが並んでいる。入口ではVowのスタッフが迎えてくれ、開始までの間、談話しながら過ごした。

Foovo(佐藤)撮影

提供されたのは、お任せの7つのメニューからなるコース料理。このうち、4つのメニューに、培養ウズラ肉をムース状にした「Forged Parfait」が使用されていたので、順に紹介する。

Foovo(佐藤)撮影

1品目の培養ウズラ料理は、「Forged Parfait」を最中で挟んだもの。最中とセットで食べるものだが、「Forged Parfait」だけを味わえるように、シェフがスプーンにムースを添えてくれた。

Foovo(佐藤)撮影

Foovo(佐藤)撮影

「Forged Parfait」は培養ウズラ肉と共に、バターなどで仕上げたムースで、独特の程よい臭みのある香りがする。ウズラ肉はこんな香りがするのかと思いながら口にすると、これまた独特の香りが口の中に広がった。ウズラ肉を食べたことはないが、とにかく美味しかった。

Foovo(佐藤)撮影

2品目は、カンノーロに「Forged Parfait」が包まれたもの。カンノーロとは筒状の菓子で、イタリア発祥の菓子だということを後で知る。甘いカンノーロの中に「Forged Parfait」が詰まっていて、不思議なことに合う。キャビアもいただいた。

Foovo(佐藤)撮影

3品目は、パン、和牛の上に「Forged Parfait」を添えた和牛サンド。

Foovo(佐藤)撮影

一緒に食べるのがもったいなくてムースだけ食べようとすると、崩れてしまうそうだったので、一緒に食べてみた。「Forged Parfait」が良いアクセントになっていた。

Foovo(佐藤)撮影

4品目は、クリームブリュレを思わせるForged Brûlée。これを一番楽しみにしていた。

次の料理を提供する間、カウンターからシェフが準備する様子を眺めることができる。丸い器に砂糖をのせたものが並べられていた。クリームブリュレのように、表面は砂糖を焦がすらしい。見た目だけでなく、砂糖まで同じなのかと思ってみていると、VowのシェフAdem Kurcan氏が実に鮮やかにバーナーで表面を焦がしていく。

Foovo(佐藤)撮影

Foovo(佐藤)撮影

あっという間に、プレスリリースで見たForged Brûléeが自分の目の前に置かれた。

Foovo(佐藤)撮影

砂糖と培養ウズラ肉、果たして合うのだろうか?とスプーンで表面を割って食べてみると、違和感のなさに驚いた。クリームブリュレは甘さがうるすぎるのかもしれないと思った。ブリュレはこの組み合わせの方がいいのかもしれない。見事な調和だった。「Forged Parfait」が一番気に入った。

新しい食体験

Foovo(佐藤)撮影

今回のフルコースメニューで使用された培養ウズラ肉は、すべて「Forged Parfait」を使用していた。構造化された肉ではなく、ムース状の製品だ。

Vowは「Forged Parfait」について、「濃厚な旨味と重さを感じさせない、とろけるような食感」と表現している。Vowの表現する通りだと思った。

Vowのメニューをいただきながら、培養肉の普及を進めるうえで、Vowのやり方はさまざまな点で巧みだと思った。培養ウズラ肉は普段食べないので、食べながら既存肉と比較することはない。珍しく、新しい食体験は新鮮な体験になる。ムース状で提供することで、構造化された肉を作る課題も回避できる。

Foovo(佐藤)撮影

今回食べたVowの培養ウズラは、オーストラリアで製造されたもの。シンガポールで今後、新しい2製品で認可を取得する予定だという。今後、ウズラ肉以外も食べられる機会が増えるだろう。オーストラリアで承認プロセスが進行中だが、香港でも認可を目指していることを教えてもらった。

「Forged Parfait」は今月27日までシンガポールで提供される(予約サイト)。

 

最後に:

一人で参加したが、隣の人や他の参加者と話したり、スタッフが話しかけてくれたり、終始、アットホームな雰囲気の中、人生初の培養肉をいただくことができ、とても楽しい体験だった。

Foovo(佐藤)撮影

 

関連記事

アイキャッチ画像:Foovo(佐藤)撮影

 

関連記事

  1. 培養うなぎセミナー動画(北里大学・池田大介先生)|2023年9月…
  2. 米ビール大手のモルソン・クアーズが植物性ミルク市場へ進出
  3. ジャガイモで乳タンパク質を開発|イスラエルのFinally Fo…
  4. プラントベース×精密発酵を手掛けるAll G Foodsにオース…
  5. 培養サーモンの米WildTypeが培養シーフード業界史上最大の約…
  6. エストニアで進むマイコプロテイン開発|ホールカット代替肉を開発す…
  7. 代替肉のビヨンド・ミートがマクドナルド、ヤム・ブランズとの提携を…
  8. Novameatがスペイン政府から約3100万円を調達、世界トッ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

マイクロ流体チップによる農業用栄養分析デバイスを開発したNordetectが約1億6千万円を調達

室内垂直農業用の検査デバイスを開発するデンマーク企業Nordetectが、シード…

動物を殺さずに動物性脂肪を開発する英Hoxton Farmsが約3.9億円を調達

イギリスのスタートアップ企業Hoxton Farms(ホクストン・ファームズ)が…

タイソンが出資するNew Wave Foodsが代替エビをアメリカの飲食店で発売

アメリカのスタートアップ企業New Wave Foodsは、アメリカの飲食店で植…

オランダのEatch、1日最大5000食を調理できるロボットキッチンを開発

ロボットキッチンを開発するオランダ企業Eatchは、1日に最大5,000食を調理…

EUが出資するFEASTSが発足:欧州における培養肉・培養シーフードの未来を拓く共同研究コンソーシアム

先月、培養肉・培養シーフードに関する欧州のコンソーシアムFEASTS(Foste…

MeliBio、高級レストランで蜜蜂フリーなハチミツの提供を期間限定で開始

精密発酵により蜜蜂を使うことなくハチミツを開発する米MeliBioが、サンフラン…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP