代替プロテイン

ビヨンドミートが代替ミルクにも参入か?ビヨンドミルクの商標を出願

>> <<

 

アメリカの代表的な代替肉企業ビヨンドミートが、代替ミルクへの参入を進めている可能性がある。

同社は今月12日、米国特許商標庁に「ビヨンドミルク(Beyond Milk)」の商標を出願した。出願内容によると、「ミルクセーキの製造、ミルクまたは代替ミルクを含むコーヒー、紅茶飲料」を対象としている。

ビヨンドミートの代替ミルクがどの原料を使うものなのか、いつ発表されるのか、具体的なことはわかっていないが、プラントベース食品で最大のシェアを占める植物ミルクカテゴリーにビヨンドミートが参入しようとしているのは間違いない。

GFIによると、アメリカにおける植物ミルク市場は25億ドルと、プラントベースのなかで最も発展している。植物性の代替肉が小売におけるプラントベース全体のわずか2.7%であるのに対し、代替ミルクは15%を占めている。

出典:GFI

代替ミルクの市場シェアを考えると、ビヨンドミートが肉製品に続き、乳製品への参入を考えるのは驚きではない。

ビヨンドミートの競合、インポッシブルフーズも昨年10月に、インポッシブル・ミルクを開発していることを発表していた。インポッシブル・ミルクはまだ市場に投入されていないが、代替ミルク市場にはすでに多数のプレーヤーが登場している。

世界大手の食品・飲料企業ダノンは、大豆ベースの代替乳製品Silkのシリーズを販売している。

5月に上場したスウェーデン企業オータリーは、アメリカで7500箇所を超える小売とコーヒーショップ1万店舗で展開しており、アメリカ市場で成長を続けるオーツミルクの需要に対応するために、2023年にアメリカ3つ目の生産工場をテキサスに開設することを発表した。

ビヨンドミートは代替肉の原料にえんどう豆を使用している。同社がビヨンドミルクでも原料にえんどう豆を使用するかは不明だが、えんどう豆を原料に代替ミルクを開発するRippleもビヨンドミートの競合となる可能性がある。

出典:ビヨンドミート

アメリカ市場にいる競合として、チリのユニコーン企業NotCoも無視できない。

ジェフ・ベゾス氏など著名人から出資を受けるNotCoは、AIを活用して代替ミルク、代替肉、代替乳製品を開発する希少な企業で、昨年11月のアメリカ進出以来、6月時点で販売箇所を3000にまで増やした。

7月に250億円を超える資金調達を実施しており、かねてからアメリカの乳製品市場を狙っている

ビヨンドミートは代替肉分野でも躍進を続けている。

今年になってから、ペプシコマクドナルド、ヤムブランズといった大手との提携を発表。7月には新商品ビヨンドチキンテンダー(代替鶏肉)をリリース

中国の現地工場をオープン後まもなく、中国大手ECサイト、JD.comに進出し、中国市場向けに開発したビヨンドポーク(代替豚肉)の販売も開始している。年内にはオランダの自社工場をオープンすると予想される。

 

参考記事

Trademark Filing Indicates Beyond Meat Could Add Milk to its Lineup

Beyond Meat files for trademark on Beyond Milk name

 

おすすめ記事

アイキャッチ画像の出典:hutterstock.com/Julia Metkalova氏

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガ…
  2. 大豆を使ってチーズを開発するNobell Foodsが約82億円…
  3. 「発酵」で免疫力のある代替母乳の開発に挑むアメリカ企業Helai…
  4. スピルリナ由来の代替肉、スナックバーを開発するインド企業Naka…
  5. 培養魚を開発するBlueNaluが史上最大の約62億円を調達、パ…
  6. アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶…
  7. チリのNotCoが米国進出、全米のホールフーズで代替ミルクの販売…
  8. 二酸化炭素、水素、微生物からタンパク質を作る米NovoNutri…

おすすめ記事

ゲノム編集で野菜・果物に新しい命を吹き込む米Pairwiseが約94億円を調達

Pairwiseは収量も栄養もあるのに、匂いなどの理由で人気のない食品を、ゲノム…

独自ヘムを開発する豪代替肉v2foodが約58億円を調達、中国・欧州進出を目指す

オーストラリアの主要代替肉プレーヤーv2foodがシリーズBで7200万豪ドル(…

ゲイツ氏、ベゾス氏が支援するNature’s Fynd、発酵タンパク質を使った新商品を発表

微生物発酵で代替タンパク質を開発する米Nature’s Fyndが、最初の商品を…

香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸

グリーンマンデーが今年後半にもアメリカ市場へ本格参入する。具体的には、グ…

代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替マグロ寿司の提供を目指す

サンフランシスコのフードテック企業Kuleanaは、クロマグロを使わない「リアルな寿司」を開発中だ。…

中国Dicosが米イート・ジャストの代替卵をメニューに追加、500店舗以上で販売を開始

↓音声はこちらから↓(登録不要・ワンクリックで聴けます)…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/28 14:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/29 08:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/28 19:25時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP