代替プロテイン

マクドナルドが植物肉バーガー「マックプラント」の試験販売をスウェーデン・デンマークで開始

 

マクドナルドはデンマークとスウェーデンで植物肉バーガー「マックプラント」の販売を開始した。

期間限定だが、マクドナルドのメニューに「植物肉バーガー」が加わることとなる。

マクドナルドが使うパテは、米ビヨンドミートと共同開発したもの。

出典:Bloomberg

主原料はエンドウ豆で、Bloombergの報道によると、2番目のタンパク質源として米を使っている。

デンマーク、スウェーデンで提供されるマックプラントは、チーズ、レタス、トマト、ピクルス、オニオン、マヨネーズ、ケチャップ、マスタードをトッピングしたもの。

といっても、従来の動物肉パテを焼くグリルを使うため、ヴィーガン向きではない

今回のマックプラント販売は完全導入ではなく、スウェーデンでは3月15日まで、デンマークでは4月12日までと、期間限定の販売となる。

マックプラントはビヨンドミートのパテを使用しているが、今後もビヨンドの代替肉を使うかについてはマクドナルドは明言していない。

マクドナルドは2019年にカナダでビヨンドバーガーの試験販売をしたが、今後、アメリカで本格導入になるかなど、まだ不透明なことが多い。

ファーストフードで高まる植物ベース熱

確認している限り、マクドナルドが植物肉をメニューに完全導入しているのは、香港とマカオのみ。

香港・マカオのマクドナルドは、昨年10月より全店舗でグリーンマンデー傘下オムニフーズが開発したオムニポークをメニューに導入している。

出典:マクドナルド香港

さまざまなファーストフードチェーンを見る限り、マクドナルドは植物肉のメニュー導入について、動きが遅いようにみえる

たとえば、ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)はアメリカでは植物肉をメニューに完全導入していないが、カナダでは代替チキンを完全にメニューに導入している。

本国アメリカではマクドナルド同様、ビヨンドミートとコラボして何度か試験販売を実施している。

今年になってからは、シンガポールで期間限定で導入を発表した。このパテはマイコプロテインを原料としている。

現在は、ロシアの3Dプリンター企業と協業し、培養肉と植物肉のハイブリッドチキンも開発しており、使用するサプライヤーを限定していない。

出典:マクドナルド

バーガーキングも植物肉メニューの導入を進めている。

昨年12月には中国の一部店舗で植物バーガーを導入、今年第2四半期からは全店舗で植物肉パテを導入する予定であることを発表している。

中国、南米などの地域では、植物肉売上向上を掲げるユニリーバと提携しているためメニューへの導入が進んでいる。ユニリーバは現地での生産工場の建設計画も進めている。

日本では期間限定でプラントベースワッパ―を販売している。

バーガーキング日本でも植物肉バーガーを期間限定で販売している

スターバックスにいたっては、今月、インドネシア全土で植物ベース肉の導入を発表した。インドネシア発の代替肉企業と提携していることも注目に値する。

さらに、シアトル近郊のある店舗ですべてのメニューを100%植物性にするテストを実施していたことを最近明らかにしている。具体的な店舗名は明らかにされていないが、100%植物メニューに転換したテストはすでに終了したようだ。

マクドナルドはデンマーク・スウェーデンでの反応を見て、ほかの国でもまもなく代替肉を発売するとしている

ファーストフード巨人がいつのタイミングで植物肉バーガーをメニューに完全導入するのか、次の国はどこなのか気になるところだが、数年以内に完全導入が進むのは間違いないだろう。

 

参考記事

McDonald’s Starts Testing McPlant Burger in Europe

McDonald’s Quietly Rolls Out McPlant Burger in Test Markets

McPlant Launch: McDonald’s Trials Beyond Burger Patty In Sweden & Denmark

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:news365.co.za

 

関連記事

  1. シンガポールのSophie’s Bionutrien…
  2. カナダのBurcon NutraScienceはヒマワリの圧搾粕…
  3. ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテック…
  4. 【12/8】Foovoイベント開催のお知らせ|代替タンパク質スタ…
  5. ビヨンドミートが新しいビヨンドバーガーを5月に全米小売で発売
  6. イスラエルのWilk、研究室でヒトラクトフェリンの生産に成功
  7. 食品製造で発生する廃糖水で菌糸体粉末を作るHyfé Foodsが…
  8. 培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート…

おすすめ記事

イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ

 2021年になってから、イスラエル発の培養肉企業・植物肉企業のニュースが続ている。…

漁業者と消費者をダイレクトにつなげるE-Fish、48時間以内に新鮮魚を宅配

アメリカで漁師と消費者をダイレクトにつなげる新しいサービスがある。獲れた…

代替マグロの米Kuleanaが販路拡大、オンラインストアでの販売を開始

サンフランシスコを拠点に代替マグロを開発するKuleanaの製品が、オンラインで…

タピオカティーロボットで未開拓市場を狙うBobacinoが約2.9億円を調達

完全に自動化されたタピオカティーロボットを開発する米スタートアップBobacin…

Evo Foodsとギンコ・バイオワークス、アニマルフリーな卵タンパク質の開発で提携

海外では動物に頼らずに食品成分を作る手法として、精密発酵が人気の手法になりつつあ…

菌糸体由来のブロック肉を開発するMeati FoodsがD2C販売をスタート、24時間で完売に

菌糸体由来のブロック肉を開発するアメリカ企業Meati Foodsは14日、自社…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/01 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/30 16:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP