代替プロテイン

代替肉のビヨンド・ミートがマクドナルド、ヤム・ブランズとの提携を発表

>> <<

 

カリフォルニアを拠点とする代表的な代替肉企業ビヨンド・ミートは、マクドナルドとヤム・ブランズと複数年にわたる新たな提携を締結したことを発表した。

マクドナルドに対しては3年間にわたり植物性代替肉を提供、ヤム・ブランズとは新しい植物性メニューを共同開発する。

ヤム・ブランズはKFC、ピザハット、タコベルを運営するファーストフード企業で、150を超える国に5万店舗を展開する。

ビヨンド・ミートがマクドナルドの「優先サプライヤーに」

出典:Bloomberg

ビヨンド・ミートは、植物性バーガー「マックプラント」の優先サプライヤーとしてマクドナルドと3年間の提携を締結。このマックプラントは現在、スウェーデンとデンマークで期間限定で販売されているもの。

2社は、鶏肉、豚肉、卵などほかの代替製品でも植物ベースのメニューを共同開発する。

デンマーク・スウェーデンでの試験販売の発表時、今後もビヨンドの代替肉を使うかについて、マクドナルドは明言していなかった。

また、マクドナルドは2019年9月にカナダでビヨンドバーガーの試験販売をしたが、6ヵ月にわたる試験販売後、完全導入には至らず、マクドナルドの沈黙による終了にさまざまな憶測が飛んでいた。

欧州での試験販売発表から1ヵ月後、3年間にわたる2社の提携が発表されたことは大きな前進となる。

KFC、ピザハット、タコベル向けに新しい植物メニューの共同開発へ

ビヨンド・ミートはヤム・ブランズとの契約では、今後数年かけてヤム・ブランズ傘下のKFC、ピザハット、タコベル向けに新しい植物ベースメニューを共同開発する。

ヤム・ブランズとの提携については、具体的なタイムラインは公表されていないが、これまでにもビヨンド・ミートはヤム・ブランズと提携して、傘下のブランドでさまざまな試験販売を実施してきた。

2019年にはアメリカ・アトランタのKFCでビヨンドチキンを試験販売。このときはわずか5時間で売り切れるという盛況ぶりだった。

アトランタKFCで列に並ぶ人たち 出典:ビヨンド・ミート

2020年には、ヤム・ブランズは中国のKFC・ピザハット・タコベルの一部店舗でビヨンド・ミートの植物肉メニューを導入

同年、アメリカのピザハットで初めてビヨンドの植物肉をトッピングに採用した2種のピザ「Beyond Italian Sausage」「Great Beyond Pizza」を販売。これはアメリカのピザハットが植物メニューを導入した初の事例となる。

出典:ビヨンド・ミート/ピザハット

さらに、ビヨンド・ミートとピザハットはイギリス・ロンドンでも期間限定で植物性メニューの販売を発表していた。

今年1月には新しい植物性タンパク質の開発でタコベルと提携を発表している。

ヤム・ブランズ傘下のタコベルが植物性メニューを導入するのはこれが初めてとなり、同社は今年中にビヨンド・ミートと共同開発した新しい植物性タンパク質をテストするとしている。

高まるプラントベース食品の需要

ビヨンド・ミートは今回のニュースに先立ち、先月には世界的な食品飲料会社ペプシコと合弁会社(ジョイントベンチャー)を設立することを発表していた。

2社が設立するThe PLANeT Partnershipは、植物ベースのタンパク質開発におけるビヨンド・ミートの最先端技術、ペプシコの世界クラスのマーケティング力・販売力を利用して、新しい植物ベースの軽食やドリンクを開発するもの。

ペプシコマクドナルドヤム・ブランズが相次いで代替肉企業と手を組むことは、植物ベース食品への需要の高まりを反映している。

出典:GFI

Good Food Instituteの報告によると、米国では動物性製品の代替品となる植物ベース食品の売上は過去1年で1.1倍、過去2年では1.29倍になり、50億ドルに増えている

このデータは2019年年末までのデータを反映したもので、新型コロナウイルスが発生する前のものであるため、今後はさらに増加していくことが見込まれる。

その後の調査報告によると、植物ベース食品の市場は、2027年までに742億ドル規模に達すると見込まれる。

新型コロナに世界中が混乱した2020年、ビヨンド・ミートにとってはニュース続きの1年だった。

出典:ビヨンド・ミート

新商品を5つリリースしたほか、D2Cサイトをオープン、中国では新作となる豚ひき肉を上海の一部レストランで期間限定で提供した。

中国本土で建設中の2つの工場は今年には稼働を開始する。

これらはすべて植物性代替肉の需要の高まりを反映しているものだが、この中でも、ファーストフードの巨人マクドナルドとヤム・ブランズとの提携が与えるインパクトは大きい。

2大ファーストフード提携の次は?

ビヨンド・ミートの今回のニュースは、代替肉のもう1つの1強インポッシブルフーズに脅威となるだろう。

インポッシブルフーズも小売、D2Cを展開するほか、バーガーキング、スターバックスなどと提携している。

市場での展開にはどちらも勢いがあるが、昨今のニュースを見ていて気になるのは、ビヨンド・ミートの競争力をアップさせる可能性のあるある企業の存在だ。

出典:ビヨンド・ミート

インポッシブルフーズの代替肉に美味しさの秘訣として使用される独自成分「ヘム」は他社へは販売されていない。

遺伝子組換え酵母によって作り出されたインポッシブルのコア技術だが、この「ヘム」に代わる新しい「ヘム」を開発する企業が登場している。そして、この企業は自社の「ヘム」を他社へ販売したいとしている点に注目したい。

本物の肉に近づける重要成分「ヘム」をビヨンドが入手したら、同社の代替肉の品質、美味しさがさらにグレードアップする可能性が高い。実際に、この新しい「ヘム」をビヨンドバーガーに吹きかけた人は味が改善されたことに驚きのコメントをしている。

これは私の憶測にすぎないが、ファーストフード業界でのシェア拡大の次には、肉に添加して味をグレードアップさせる周辺技術に強みを持つスタートアップとビヨンドがコラボするかもしれない

細胞農業によって開発される培養脂肪を植物肉に組み込むことだって考えられる。

いずれにせよ、代替肉のスタートアップ企業が世界的なファーストフードの巨人と提携したことで、植物性代替肉のシェアと認知度がさらに拡大するのは間違いない。

 

参考記事

Beyond Meat Going More Mainstream with McDonald’s, Yum Brands Deals

Beyond Meat Confirms 3-Year Deal With McDonald’s, Major Collab With Yum! Brands KFC, Pizza Hut & Taco Bell

 

おすすめ記事

アイキャッチ画像の出典:ビヨンド・ミート

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を…
  2. 植物性代替肉SavorEatがイスラエルでIPO(上場)、202…
  3. 「チキンのテスラ」で知られる植物肉の米SIMULATEが約55億…
  4. アレフファームズがブラジル食肉大手BRFと培養肉の開発・ブラジル…
  5. スイスの研究チームが研究室で細胞培養によるチョコレートを開発
  6. フランスのYnsectは昆虫由来のバーガー、ナゲットの販売を目指…
  7. インポッシブルフーズが今秋に植物チキンナゲット発売へ
  8. BlueNaluがアジアへの培養魚販売に向けて三菱商事、タイ・ユ…

おすすめ記事

【参加レポート】第1回フードテックジャパン展示会

日本初となる第1回フードテックジャパン展示会が開催された(2020年11月25-…

代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく解説

ベジタリアン、ヴィーガンでないなら代替肉は必要ないのでは? 日本は…

コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式投資型クラウドファンディングを開始

新型コロナウイルスの発生で、急速な変化を求められている分野の1つがフードロボット…

BlueNaluがアジアへの培養魚販売に向けて三菱商事、タイ・ユニオンと提携

培養魚を開発するアメリカ企業BlueNalu(ブルーナル)が、三菱商事、アジアの…

米InnerPlantが自らSOSを出す植物 InnerTomatoを開発、病気の早期発見に

(▲左は通常のトマト、右が昆虫の攻撃を受けたInnerTomato。通常のトマトは発光しないが、In…

アフリカ発の培養肉企業Mzansi Meat、2022年後半の市販化を目指す

アフリカに2社目の培養肉企業が登場した。2020年に設立された南アフリカ…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(08/03 13:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(08/04 07:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(08/03 18:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(08/04 08:01時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP