代替プロテイン

ビーガンペットフードのWild Earthが約25億円を調達、来年に細胞培養ペットフード発売へ

 

ビーガンペットフードを販売する米Wild Earthが、シリーズAで2300万ドル(約25億円)を調達した。同社はこれに合わせ、2022年に細胞培養による牛肉、鶏肉、シーフードを含んだペットフードを発売予定であることを発表した

Wild EarthはIndioBioの共同創業者であるライアン・ベザンコート氏によって設立されたスタートアップ。カリフォルニア州バークレーとノースカロライナ州ダーラムを拠点とし、2017年に設立された。

Wild Earthは植物性成分を使ったビーガンペットフードを開発するパイオニア企業の1つとされる。小売、自社ECサイトでドッグフード、犬用おやつ、サプリメントを販売している。

出典:Wild Earth

主力製品のひとつである「Clean Protein Dog Food」は、酵母、ひよこ豆、オーツ麦、えんどう豆、さつまいもなどを原料としている。犬用おやつの「スーパーフード」は、麹を使った高品質な犬用おやつとされ、必要とされる必須アミノ酸をすべて含む。

いずれも、従来のペットフードよりも必要な資源が90%少ないサステイナブルなものとなっている。

Wild Earthはこれまで植物ベースのペットフードを展開してきたが、今後は培養肉を使った製品も開発していく。来年に細胞ベースの牛肉、鶏肉、シーフードを含むペットフードをリリースする予定。

「植物ベースのドッグフードとWild Earthの急成長により、収益は700%増加しました。これは、植物ベースの肉と乳製品業界の成長の2倍以上になります。

400億ドルのアメリカのペットフード市場を獲得し、ペットフード業界で2つの新しいカテゴリーを作り出せることを大変嬉しく思います」(共同創業者のライアン・ベザンコート氏)

ベザンコート氏によると、同社の顧客数は4万を超える。

Wild Earthは2022年に細胞ベースのペットフードを発売することについて「順調に進んでいる」とコメントしているが、小売やECなどどのルートで販売するのか、詳細は明らかにしていない。

ライアン・ベザンコート氏/代替タンパク質企業の多く出資している 出典:Wild Earth

ベザンコート氏は起業家であると同時に、多くの食品・バイオテックのスタートアップ企業を支援する個人投資家でもある。過去6年間で、Upside Foods(元メンフィスミーツ)、GeltorNotCoShiok MeatsVeggie Victoryなど120社を超える初期スタートアップを支援している。

2020年には、元Finless Foods(培養魚企業)のMariliis Holm氏とともに、エンジェルリスト初のローリングファンドとなるサステイナブル・フード・ベンチャー(SFV)を立ち上げた。SFVは、MeliBio(人工ハチミツ)、Hoxton Farms(培養油脂)、Evo Foods(代替卵)、Jellatech(代替コラーゲン)、Mogale Meat(培養肉)など、アーリーステージのスタートアップに出資している。

出典:Wild Earth

ビーガンペットフードを開発する試みはWild Earthだけではない。

Because Animalsは培養マウス肉を使ったキャットフードを発表した。同社は2022年までの市販化を目指している。Bond Pet Foodsは細胞農業によるペットフードを2023年に発売する予定。Omniは100%植物ベースのペットフードを開発している。

 

参考記事

Vegan Pet Food Pioneer Wild Earth Raises $23M, Announces Cell-Based Meat Products

Wild Earth Launches Cell-Based Pet Food As It Raises a Fresh $23 Million

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Wild Earth

関連記事

  1. 中国発の培養肉企業CellXが資金調達、2021年に試作品発表へ…
  2. 精密発酵セミナー動画-2022年1月開催-
  3. 米ビヨンドミート、植物ステーキ肉の年内発売を計画
  4. 培養魚のブルーナル、粗利率75%を達成するための技術開発を発表
  5. 【現地レポ】カナダのNew School Foods、ホールカッ…
  6. 精密発酵で卵白タンパク質を開発するOnego Bio、米国進出に…
  7. 世界初|MeliBioがミツバチを使わない「本物のハチミツ」を試…
  8. インポッシブルフーズが植物性ソーセージを小売で販売開始

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Finless Foodsが約40億円を調達、培養マグロの製造と植物性マグロの販売を拡大へ

植物由来や細胞培養の代替シーフードを製造するアメリカのFinless Foods…

まだ食べられる食品を定期宅配するImperfect Foodsが約99億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

FDA、GOOD Meatの培養鶏肉の安全性を認める Upside Foodsに続き世界で2社目

米イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatは21日、同社の培養鶏肉について…

大手プロテインブランドMyproteinが精密発酵タンパク質を使用した新製品を発売

アメリカで精密発酵で開発されたタンパク質の市場投入が加速している。精密発…

3Dプリンター肉のSavorEatが代替卵に特化したスタートアップEgg’n’upを設立

3Dプリンター肉を開発するイスラエル企業SavorEatが、代替卵に特化した新し…

ユニリーバのBen & Jerry’s、アニマルフリー製品の主原料をオーツ麦へ切り替え

食品・日用品大手のユニリーバは今月、人気の乳製品ブランドであるBen &…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/20 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP