代替プロテイン

ビーガンペットフードのWild Earthが約25億円を調達、来年に細胞培養ペットフード発売へ

>> <<

 

ビーガンペットフードを販売する米Wild Earthが、シリーズAで2300万ドル(約25億円)を調達した。同社はこれに合わせ、2022年に細胞培養による牛肉、鶏肉、シーフードを含んだペットフードを発売予定であることを発表した

Wild EarthはIndioBioの共同創業者であるライアン・ベザンコート氏によって設立されたスタートアップ。カリフォルニア州バークレーとノースカロライナ州ダーラムを拠点とし、2017年に設立された。

Wild Earthは植物性成分を使ったビーガンペットフードを開発するパイオニア企業の1つとされる。小売、自社ECサイトでドッグフード、犬用おやつ、サプリメントを販売している。

出典:Wild Earth

主力製品のひとつである「Clean Protein Dog Food」は、酵母、ひよこ豆、オーツ麦、えんどう豆、さつまいもなどを原料としている。犬用おやつの「スーパーフード」は、麹を使った高品質な犬用おやつとされ、必要とされる必須アミノ酸をすべて含む。

いずれも、従来のペットフードよりも必要な資源が90%少ないサステイナブルなものとなっている。

Wild Earthはこれまで植物ベースのペットフードを展開してきたが、今後は培養肉を使った製品も開発していく。来年に細胞ベースの牛肉、鶏肉、シーフードを含むペットフードをリリースする予定。

「植物ベースのドッグフードとWild Earthの急成長により、収益は700%増加しました。これは、植物ベースの肉と乳製品業界の成長の2倍以上になります。

400億ドルのアメリカのペットフード市場を獲得し、ペットフード業界で2つの新しいカテゴリーを作り出せることを大変嬉しく思います」(共同創業者のライアン・ベザンコート氏)

ベザンコート氏によると、同社の顧客数は4万を超える。

Wild Earthは2022年に細胞ベースのペットフードを発売することについて「順調に進んでいる」とコメントしているが、小売やECなどどのルートで販売するのか、詳細は明らかにしていない。

ライアン・ベザンコート氏/代替タンパク質企業の多く出資している 出典:Wild Earth

ベザンコート氏は起業家であると同時に、多くの食品・バイオテックのスタートアップ企業を支援する個人投資家でもある。過去6年間で、Upside Foods(元メンフィスミーツ)、GeltorNotCoShiok MeatsVeggie Victoryなど120社を超える初期スタートアップを支援している。

2020年には、元Finless Foods(培養魚企業)のMariliis Holm氏とともに、エンジェルリスト初のローリングファンドとなるサステイナブル・フード・ベンチャー(SFV)を立ち上げた。SFVは、MeliBio(人工ハチミツ)、Hoxton Farms(培養油脂)、Evo Foods(代替卵)、Jellatech(代替コラーゲン)、Mogale Meat(培養肉)など、アーリーステージのスタートアップに出資している。

出典:Wild Earth

ビーガンペットフードを開発する試みはWild Earthだけではない。

Because Animalsは培養マウス肉を使ったキャットフードを発表した。同社は2022年までの市販化を目指している。Bond Pet Foodsは培養鶏肉を使ったペットフードを2023年に発売する予定。Omniは100%植物ベースのペットフードを開発している。

 

参考記事

Vegan Pet Food Pioneer Wild Earth Raises $23M, Announces Cell-Based Meat Products

Wild Earth Launches Cell-Based Pet Food As It Raises a Fresh $23 Million

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Wild Earth

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 南米を代表するチリのフードテック企業NotCo、シェイク・シャッ…
  2. インポッシブルフーズが開発中の代替ミルク・Impossible …
  3. 韓国企業Zikooinは廃棄される穀物を使って代替肉Unlime…
  4. Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2…
  5. 培養魚を開発するAvant MeatsがシンガポールのA*STA…
  6. 代替肉のネクストミーツが新潟に代替肉の自社工場を建設、2022年…
  7. 中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植…
  8. ビヨンドミートが欧州での小売展開を拡大

おすすめ記事

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸

グリーンマンデーが今年後半にもアメリカ市場へ本格参入する。具体的には、グ…

インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達

植物ベースの代替卵を開発するインド企業Evo Foodsがプレシードで6200万…

イート・ジャスト(Eat Just)の培養肉が世界で初めてシンガポールで販売承認を取得

このニュースのポイント●イート・ジャスト(Eat…

培養肉モサミートが培養脂肪用培地の大幅コストダウンに成功

オランダの培養肉企業モサミートが、培養脂肪用培地のコストダウン成功を発表した。…

独自ヘムを開発する豪代替肉v2foodが約58億円を調達、中国・欧州進出を目指す

オーストラリアの主要代替肉プレーヤーv2foodがシリーズBで7200万豪ドル(…

Foovoレポート好評販売中

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/28 14:52時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/29 08:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(09/28 19:25時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP