代替プロテイン

米Superbrewed Food、腸内細菌由来のタンパク質について米国GRAS認証を取得

 

アメリカ、デラウェア州を拠点とするSuperbrewed Foodは先月、腸内細菌由来のバイオマスタンパク質についてアメリカ食品医薬品局(FDA)から「異議なし」のレターを受領したことを発表した

2022年5月のGRAS自己認証に続き、同社の発酵タンパク質が安全性に問題ないことがFDAにより確認された。

ゴリラに着想を得た腸内細菌由来タンパク質

出典:Superbrewed Food

Superbrewed Foodの発酵タンパク質は、ゴリラなどの草食動物が、植物だけで大きな体に成長することへの関心が出発点となっている。植物を摂取するだけで大きく成長できる秘密は腸にいる微生物にあると同社は考えた

FDAへの通知文書によると、同社は腸内細菌であるClostridium tyrobutyricum strain ASM#19を使用している。これはクロストリジウム菌の1種だ。クロストリジウム菌は腸内細菌の1種で、アレルギーや自己免疫疾患の治療薬候補として製薬分野で近年注目されている

プレスリリースによると、細菌バイオマスタンパク質についてFDAが「異議なし」のレターを発行したのはSuperbrewed Foodが初だという。

このタンパク質は、C. tyrobutyricum strain ASM#19にトウモロコシ由来の糖を与え、嫌気性発酵により得られた細胞を死滅させ、乾燥したものとなる(GRAS Notice 1129, p11、17)。

CO、CO2を炭素源としたタンパク質開発も

出典:SuperBrewed Food

今回GRAS認証を得た発酵タンパク質は、トウモロコシ由来の糖を原料としてるが、出願特許(Production of single cell protein by gas fermentation)によると、一酸化炭素(CO)、水素(H2)、二酸化炭素(CO2)を炭素源に、クロストリジウム属細菌の嫌気性発酵による単細胞タンパク質(SCP)製造にも取り組んでいるようだ。

同社は今年1月、「Food components having high protein content(US11,918,019)」と題する特許を取得した。この時のプレスリリースによると、CO2を炭素源に、好気性・嫌気性を含むプロセスも特許の保護範囲にあると述べている。

Superbrewed Foodは自社タンパク質について、Postbiotic Cultured Proteinポストバイオティクス培養タンパク質)と呼んでいる。

ポストバイオティクスとは、良い働きをする有用菌を取り込むプロバイオティクス、有用菌を増やすためにエサを取り込むプレバイオティクスを発展させた概念で、腸内細菌が作り出す健康に有用な代謝物をいう

Superbrewed Foodの成分は85%以上がタンパク質であり、必須アミノ酸、分岐鎖アミノ酸を多く含む。ニュートラルな味わいと最低限の色合いで、pH安定性・温度安定性に優れ、スポーツ飲料から一般飲料、焼き菓子、製菓、代替肉、代替乳製品とさまざまな食品・飲料に使用できるという。

年内にアメリカで発売予定

出典:Superbrewed Food

Superbrewed Foodはグローバル展開を目指して、欧州イギリスカナダでも承認プロセスを進めている。2022年8月には、精密発酵食品の販売も手掛けるチーズ大手のBelと独占契約を締結した

今年2月には、発酵タンパク質の生産強化に向けて、天然原料のグローバルメーカー・プロバイダーであるDöhler提携Döhlerは、Superbrewed Foodが複数のCPGメーカーと今年予定している食品発売を支援する。

年内にはいよいよ、Superbrewed Foodのタンパク質を使用した食品がアメリカで発売されるだろう。

 

参考記事

Superbrewed Food is the World’s First Company to Receive U.S. FDA No-Questions for Bacteria Biomass Protein and to Progress in Global Jurisdictions

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Superbrewed Food

 

関連記事

  1. 培養肉企業モサミートが約66億円を調達、新たに食肉メーカーからの…
  2. 空気と電気からタンパク質を作るSolar Foodsが約5億4千…
  3. 中国の培養肉企業Joes Future Food、パイロット工場…
  4. ビヨンドミートが日本市場進出へ|U.S.M.Hと独占販売契約を締…
  5. NewFishが微細藻類由来のタンパク質粉末を開発、米国スポーツ…
  6. 機能性成分としての培養タンパク質粉末を開発する韓国のSimple…
  7. 菌糸体由来のブロック肉を開発するMeati FoodsがD2C販…
  8. 米Nepra Foods、製パン用の代替卵白粉末の商用生産を開始…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

二酸化炭素でタンパク質を作るArkeon Biotechnologiesがパイロット工場を開設

オーストリアのスタートアップ企業Arkeon Biotechnologiesは今…

培養肉企業メンフィス・ミーツが社名をUPSIDE Foodsに変更、年内に培養鶏肉の販売を目指す

世界で最初に培養肉バーガーを発表し、話題を呼んだオランダ企業モサミートとあわせて…

微生物で世界に挑戦|合成生物学の世界大会iGEM参加のため、東大チームが1000万円の寄付募集を目指す

本来持っていない機能を生物に加え、新たな機能を持つ生物を作り出す合成生物学は現在…

Oobli、精密発酵による甘味タンパク質を使用した初製品の予約販売を開始

精密発酵により甘味タンパク質を開発するOobli(旧称Joywell Foods…

グリラス、国産食用コオロギを使用したプロテインバー等をコンビニで販売開始

日本の徳島大学発ベンチャー企業であるグリラスが、国産の食用コオロギを使用した自社…

夕飯の準備は出社前の2分で完了!冷蔵機能のあるスマート調理器具Suvie

仕事の帰宅途中、スーパーによって食材を購入し、自宅で夕飯の支度をする…そ…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP