ロボット

Hyper-Robotics、「箱」の中でロボットがピザを作る完全自動化レストランをローンチ

今月のセミナーをお見逃しなく▼(画像をクリック)

 

イスラエルで完全自律型のロボットレストランを開発するHyper-Robotics(旧Highpper)が、箱型のロボットピザレストランをローンチした。

今回のレストランは、同社のロボットレストラン第1号となる。

箱の中に技術を詰め込んだ、新たなロボットレストラン

出典:Hyper-Robotics

Hyper-Roboticsのピザレストランは、3台のコンベクションオーブン、ピザをオーブンに移動させるベルトコンベアシステム、自動スライサー、できたてのピザを箱に入れて客に渡すボックスシステムなど、多くの技術が1つの箱(コンテナ)に収まっている点が特徴。

ロボット技術を活用することで、1時間に最大50個ものピザを焼き上げることが可能だという。

Hyper-Roboticsが最初の自律型レストランとしてピザを選択した理由は、CEOであるUdi Shamai氏の経歴にある。

Udi Shamai氏はピザハット・イスラエルのCEOであり、マスターフランチャイジーとしてイスラエル国内で90店舗のピザハットを運営している。また同氏は、食品品質評価の自動化支援を目的としたコンピュータビジョンおよびAIシステムを製造するDragontail Systemsの非常勤会長も兼任している。

Hyper-Roboticsは今回のロボットピザレストランを第1号として、丼物(bowl food)、ハンバーガー、アイスクリームなどを提供する自立型ロボットの開発も計画中だ。

ピザロボットの開発に取り組む企業

出典:Basil Street

Hyper-Roboticsの他にも、さまざまな企業がピザロボットの開発に取り組んでいる。

フランスの食品スタートアップPazziは2021年7月、パリにピザロボットレストランをオープンした。同社のレストランでは、1時間で80枚のピザを作ることができる。

シアトルを拠点とするPicnicは、1時間あたりピザ数百枚のトッピングが可能なピザ組み立てロボットを開発している。このロボットを街のピザレストランに導入すれば、人的コストや材料コストの削減が可能だという。

ピザの自動販売機メーカーであるBasil Streetは2021年10月、全米の空港にピザロボットを導入すると発表した。

世界中で競争が激化するピザロボット市場。今後の動向に注目である。

 

参考記事

Hyper-Robotics Launches a Robotic Pizza Restaurant-in-a-Box

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Hyper-Robotics

 

今月のセミナーをお見逃しなく▼(画像をクリック)

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販…
  2. 材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver…
  3. Picnicがピザ組み立てロボットの予約注文受付をスタート
  4. 米セブン-イレブンとNuroがカリフォルニアで自動運転車による配…
  5. スーパー・薬局が自宅までやってくる!Robomartの移動型スー…
  6. ロボットハンバーガー店のCreatorがリニューアル、「パーソナ…
  7. The Food Robotics Summit2021に登場し…
  8. 未来のバーテンダーはロボット?Rotenderはドリンクを大量に…

おすすめ記事

カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に挑む

培養肉といえば、牛、豚、鶏、魚を思い浮かべることが多いが、オーストラリアのフード…

まだ食べられる食品を定期宅配するImperfect Foodsが約99億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

機械学習でフードロス削減に取り組むFloWasteが約1億2400万円を調達

フードロス削減に取り組むFloWasteがシードラウンドで110万ドル(約1億2…

スピルリナ由来の代替肉、スナックバーを開発するインド企業Naka Foods

インドのフードテック企業Naka Foodsは、スピルリナ由来の栄養スナックバー…

植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|タイ企業Nove Foodsと提携して今年後半に海外展開へ

コロナウイルスにより一時は操業停止に追い込まれた植物性代替魚企業Ocean Hu…

BlueNaluがアジアへの培養魚販売に向けて三菱商事、タイ・ユニオンと提携

培養魚を開発するアメリカ企業BlueNalu(ブルーナル)が、三菱商事、アジアの…

【12月】Foovoセミナーのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,881円(12/08 16:00時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/09 09:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(12/08 20:43時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP