ロボット

最短30秒で調理する自律調理ロボットを開発したRoboEatz、1台目をラトビアに設置予定

 

カナダ、米国、ラトビアに拠点を置くRoboEatzは、自社の調理ロボットを「世界で最も進化した自律調理ロボット」だと自負する。

同社が開発した調理ロボットは確かに優秀といえる。

準備、調理、盛り付けまでをすべて自動で行い、人が介入するのは材料の補充だけだからだ。

材料を補充しておけば、冷たい料理から暖かい料理まで1000の食事を作ることができる。

1つの料理を最短30秒でつくる調理ロボット

出典:RoboEatz

Ark 03と名付けられたこのロボットは、18㎡(110平方フィート)の独立したキオスクタイプ。

18㎡は約11畳なので、大きめの部屋1室に収まるくらいの大きさとなる。

このキオスクロボットの中には、関節アーム、110種の新鮮な材料(うち30種はスープ、サラダ、ドレッシングなど)、電磁調理器、料理を置く棚がある。

注文はアプリかタブレットで行う。

出典:RoboEatz

注文が入ると、ロボットアームが材料を取り出し、回転する電磁調理器の中へ入れる。

電磁調理器にはミキシングアームがついており、回転しながら混合する。完了すると、電磁調理器からロボットアームが持つ受け皿に料理が移され、ロボットアームが料理をいれた容器を棚に置く、という流れだ。

調理ロボットArk 03は、1つの料理を最短30秒で作れるという。

公式サイトにはペンネなどパスタ類の料理が掲載されているが、ペンネはあらかじめ茹でたものを材料として使っていると思われる。

Ark 03に材料を補充したら、1000の食事を作るまで補充の必要はない。材料が賞味期限に近くなったり、なくなりそうになったりすると、自動で材料の注文までしてくれるので、人間は材料を補充するだけでよい。

毎回の調理後に自動洗浄する機能がついているほか、個人の好みや食事制限にあわせてメニューのパーソナライズが可能となっている。

ユーザーはアプリ上で材料やボリュームなど自由にカスタマイズできる。アプリにはカロリー、糖質、塩分、タンパク質などの情報が表示される。

新しいメニューのアップロードは5分でおわる。

コロナで活躍の場が広がる調理ロボット

出典:RoboEatz

新型コロナの感染拡大により、Ark 03のような調理ロボットの活躍の場は増えた。

ロボットであれば、材料の取り出しから調理、盛り付けまでを自動でやってくれるので、ヒューマンフリーな料理提供が可能となる。これまで以上に非接触なサービス提供が求められる今、ロボットがもたらすメリットは大きい。

導入コストはかかるが、Ark 03を導入することで、人を雇う必要がなくなる。材料を入れ間違えることもなければ、材料が細菌に汚染されることもない。

何より、24時間、休みなしで働ける。

こうしたニーズをうけて最近では自律型の調理ロボットが増えている。

カナダのYPCテクノロジーズの調理ロボットはArk 03に似ているが、今はまだ最後の味付けで人の介入が必要となっている。

アメリカのBowlton Kitchensは、複数の調理器を搭載したロボットで、1時間に300の料理が可能。材料をセットすればロボットがすべてやる点では、Ark 03に似ている。

増える「共同ブランディング」戦略

出典:RoboEatz

これらのキオスク型調理ロボットは、人通りの多い場所をターゲットとしている。

公式サイトによると、Ark 03は、ファーストフード、オフィスビル、スーパー、コンビニ、空港、病院、学校、介護施設、スタジアム、劇場などさまざまなエリアに導入できる。

こうした人通りが多い場所では、1食あたり最短30秒で準備できる調理ロボットが果たす役割は大きい。

市場参入にあたり、RoboEatzはレストランとライセンス契約する

ライセンスアウトにより、導入したレストランはArk 03を独自のブランドで運営できる。

出典:RoboEatz

こうした共同ブランディング戦略を採用する企業は、特に調理ロボット、次世代自販機の領域で増えている。

ラーメン自販機のYo-Kai Express著名ラーメン店と提携し、ブランド力のあるラーメンを提供している。

スムージーロボットのBlendidは、アメリカでスムージーに特化した食品会社Jambaと共同ブランディングしたキオスクを展開している。

サラダ自販機Sallyを開発したチョボティクスは、ファーストレストランのSalad StationSaladworksなどと共同ブランディングでサリーを展開している。

RoboEatzを知る人はほとんどいないが、有名レストランが運営するキオスク型調理ロボットであれば、初めて見た人にも受け入れられやすい。

得体の知れないロボットが提供する食事よりも、すでに知名度があるレストランが「ロボットで」提供する食事なら安心できる

出典:RoboEatz

こうした共同ブランディングは、提携する飲食店側にもメリットがある。

これまでであれば活躍の場が限られていたものが、装置の導入によって空港や病院など以前はリーチできなかった場所にサービスを提供できるようになる。

RoboEatzは本社を構えるラトビアで最初の1台をまもなく導入するとしている。今年後半には米国の空港(空港名は非公開)にも設置する予定でいる。

RoboEatzの設立は2018年。クランチベースによると、これまでに110万ドル(約1.1億円)を調達している。

 

参考記事

RoboEatz Shows Off Ark 03 Autonomous Robotic Meal Making Kiosk

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:RoboEatz

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。  

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。  

メールマガジンにご登録いただくと、

週に1回、フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. ピザ自販機のカナダ企業PizzaFornoがアメリカへ進出
  2. ラーメン自販機のYo-Kai Expressが家庭用調理機『Ta…
  3. Simbe Roboticsが在庫管理ロボットTally3.0を…
  4. 材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver…
  5. コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式…
  6. 米Bowlton Kitchensの1時間に300の調理が可能な…
  7. Starshipの宅配ロボット、米スーパーSaveMartに初登…
  8. 夕飯の準備は出社前の2分で完了!冷蔵機能のあるスマート調理器具S…

おすすめ記事

連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが約1億4千万円を調達

イギリスを拠点とする培養肉スタートアップCellulaREvolutionが今月…

バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegendary Vish

このニュースのポイント●オーストリアのLegen…

6つの豆タンパク質から代替魚を開発する米Good Catch、カナダ・欧州へ進出

FAOの「世界漁業・養殖業白書(2018)」によると、2015年の水産資源は「漁…

誰もが食べられるグルテンを開発するUkko、食品アレルギーにパラダイムシフトを起こす

Beyond Celiacによると、1800万人のアメリカ人がグルテンアレルギー…

インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、アジア進出を加速

インポッシブルフーズの植物性代替肉がアジアのスーパーに登場した。19日、香港とシンガポールの…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP