代替プロテイン

米培養肉Upside Foods、培養肉用のアニマルフリーな増殖培地を開発

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

アメリカの主要な培養肉企業Upside Foods(旧称メンフィスミーツ)はアニマルフリーな増殖培地を開発したことを発表した

同社は培地からの動物成分除去について「画期的なマイルストーン」だとコメント。アニマルフリーな増殖培地の開発は、「スケーラブルで費用対効果の高い培養肉」を消費者に提供するうえで重要なステップとなる。

Upside Foods、アニマルフリーな増殖培地を開発

開発した培地で生産したチキンナゲット 出典:Upside Foods

培養肉は、動物を飼育したり屠殺したりすることなく、動物細胞を直接増殖させてできる未来の肉として注目されている。細胞が増殖するためには、動物の体内にある栄養素に相当する培地が必要となる

培養肉の開発当初、細胞の増殖をサポートする豊富で完璧な栄養源を有するウシ胎児血清(FBS)や動物性タンパク質が重要な成分とされていた。

しかし、FBSには2つの課題がある。生まれていない子牛の血清を使用することと、高価であることだ。2013年に発表された培養肉ハンバーガーが3000万円を超えたのも、FBSを使用しているためだった。それ以来、アニマルフリーで安価な培地へ移行するため、開発が進められてきた。

Upside Foodsが2015年に業界を立ち上げたとき、生産プロセスから動物成分を取り除くことは培養肉業界全体の主要な目標だった。

動物成分の除去は、FBS除去よりも「大きな課題」

出典:UPSIDE Foods

同社の培地には、アミノ酸、脂質、糖、ビタミン、ミネラル、水、細胞の成長を助けるその他栄養素など、従来の培地と本質的に同じ成分が含まれている。

Upside Foodsは、社内の専門家チームと数年かけて動物成分を含まない培地の開発に取り組んできた。これらのチームメンバーの一部は、大手バイオテクノロジー企業、大手製薬企業の元幹部から構成される。

チームは、増殖培地からFBSを除去することから開始した。

製品・レギュレーション部長のEric Schulze氏によると、FBSの除去も大きな課題だが、培地から動物成分を完全に取り除くことはさらに大きな課題だったという。

「FBSは完全な細胞培養培地と呼ばれるものの1つ成分で、FBSを取り除くことは大きな目標でした。ですが、培地全体を動物成分を含まないものに完全に移行することは、さらに大きな課題でした。

私たちが食べる食品とまさに同じように、動物由来成分に含まれる栄養素は生物学的に複雑です。この複雑性を解読し、適切な栄養バランスで培地を作り、肉を生産することは生物学的なブレイクスルーです」

(製品・レギュレーション部長のEric Schulze氏)

同氏によると、培地の成功で重要なことは、細胞が必要とする栄養素を確実に把握すること、これらの成分を動物を使わずに効率的に生産する方法を見出すこと、そしてプロセスにおいて特定の栄養素をいつ導入するかを把握することだという。

出典:UPSIDE Foods

開発されたアニマルフリーな増殖培地は、動物由来のタンパク質を使用した以前の培地と同様に効果的に作用し、増殖のプロセスや時間に大きな違いはないという。アルブミンや増殖因子などのタンパク質は精密発酵で生産する。

開発した増殖培地のコストについて言及はしていないが、同社の培養鶏肉製品は高級鶏肉と価格的に同等だという。

Upside Foodsは増殖培地を使用してチキンホットドッグナゲットを製造したが、最終的にすべての製品で使用する予定でいる。

培地コスト削減に取り組むスタートアップ企業

Upside Foodsの工場 出典:Upside Foods

培養肉業界では安価でアニマルフリーな培地の開発が急速に進んでいる。

オランダのモサミートは2019年に培地からFBSを除くことに成功、コストを88分の1まで削減した。今年5月には脂肪用培地からすべての動物成分を除去した。さらに、水産飼料大手Nutrecoと共同で、基礎培地のための低コストで持続可能な栄養成分を開発し、生産コストのさらなる削減に努めている。

イスラエルのFuture Meatは、幹細胞の代わりに成長因子をそれほど多く必要としない線維芽細胞を使用し、アルブミンなど動物成分を植物タンパク質の同族体で置き換え、培地をリサイクルすることで、培地コストを削減している。

同じくイスラエルのアレフ・ファームズはドイツの化学メーカーWackerと、アニマルフリーな増殖培地に必要なタンパク質の生産で協業した。2社の契約は非独占的なもので、他社の培養肉企業も同タンパク質を利用できる。

販売のGoサインはいつか?

Upside Foodsは今年5月の社名変更発表時、年内にアメリカで培養鶏肉を発売したいとコメントしていた

規制当局の承認を待っている状況であり、現時点でアメリカで培養肉の販売許可を取得した企業はいない。

1年前、アメリカのイート・ジャストはシンガポールで培養肉の販売許可を取得、同国で培養肉料理を発売した。シンガポール、イート・ジャストに続く第2の国、企業がどこになるか、注目される。

 

参考記事

UPSIDE Foods Develops Breakthrough Cell Feed that is Free of Animal Components

‘A biological breakthrough…’ UPSIDE Foods hails animal-component-free cell media for cell cultured (aka cultivated) meat

Upside Foods develops animal-free growth medium for cell-based meat

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Upside Foods

 

2022年1月セミナーはこちらから▼

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 細胞農業によるキャビア製造でGeneus Biotechがヴァー…
  2. アレフファームズがブラジル食肉大手BRFと培養肉の開発・ブラジル…
  3. Redefine Meatが3Dプリントされた植物ステーキ肉を欧…
  4. 培養シーフードを開発するShiok Meatsが資金調達、シンガ…
  5. シンガポールの代替肉企業Next Genがシードで約10億円を調…
  6. 培養フォアグラを開発する仏Gourmeyが約11億円のシード資金…
  7. Avant Meatsがシンガポールに新しい研究施設・パイロット…
  8. 高級培養肉Orbillion Bioが日本初登壇|Food-Te…

おすすめ記事

フードロス削減に取り組むオランダ企業OneThirdが約1億9000万円を調達

フードロス削減に取り組むオランダ企業OneThirdが150万ユーロ(約1億90…

培養シーフードのShiok Meatsが培養肉企業Gaia Foodsを買収

シンガポールの培養シーフード企業Shiok MeatsがGaia Foodsの株…

Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

このニュースのポイントApeel Science…

連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが約1億4千万円を調達

イギリスを拠点とする培養肉スタートアップCellulaREvolutionが今月…

中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植物肉バーガーを全国で一斉発売

中国のファーストフード大手Dicosが植物由来代替肉に取り組む中国企業Starf…

ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテックバレーを設置

フードテックに国をあげて力を入れている代表例はシンガポールだが、今後はこのリスト…

Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/19 16:29時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(01/19 10:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(01/19 21:24時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP