Foovo Deep

米培養肉Upside Foods、培養肉用のアニマルフリーな増殖培地を開発

 

アメリカの主要な培養肉企業Upside Foods(旧称メンフィスミーツ)はアニマルフリーな増殖培地を開発したことを発表した

同社は培地からの動物成分除去について「画期的なマイルストーン」だとコメント。アニマルフリーな増殖培地の開発は、「スケーラブルで費用対効果の高い培養肉」を消費者に提供するうえで重要なステップとなる。

Upside Foods、アニマルフリーな増殖培地を開発

開発した培地で生産したチキンナゲット 出典:Upside Foods

培養肉は、動物を飼育したり屠殺したりすることなく、動物細胞を直接増殖させてできる未来の肉として注目されている。細胞が増殖するためには、動物の体内にある栄養素に相当する培地が必要となる

培養肉の開発当初、細胞の増殖をサポートする豊富で完璧な栄養源を有するウシ胎児血清(FBS)や動物性タンパク質が重要な成分とされていた。

しかし、FBSには2つの課題がある。生まれていない子牛の血清を使用することと、高価であることだ。2013年に発表された培養肉ハンバーガーが3000万円を超えたのも、FBSを使用しているためだった。それ以来、アニマルフリーで安価な培地へ移行するため、開発が進められてきた。

Upside Foodsが2015年に業界を立ち上げたとき、生産プロセスから動物成分を取り除くことは培養肉業界全体の主要な目標だった。

動物成分の除去は、FBS除去よりも「大きな課題」

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Upside Foods

 

関連記事

  1. 菌糸体で代替ステーキ肉を開発する英Adamo Foodsが約2.…
  2. 動物油脂のようにふるまう植物油脂を開発するLypid、約4.7億…
  3. 植物食品のゲームチェンジ:Motif FoodWorksが植物性…
  4. 精密発酵でアニマルフリーなチーズを作るNutropyが約2.8億…
  5. 南米を代表するチリのフードテック企業NotCo、シェイク・シャッ…
  6. 米Jellatech、細胞培養によるⅠ型コラーゲンの生産に成功|…
  7. バイオ3Dプリンターで代替肉を開発するスペイン企業Cocuusが…
  8. バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegenda…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

培養シーフードのAvantが約14億円を調達、来年パイロット工場を稼働

香港の培養シーフード企業Avantが先月、シリーズAラウンドで1080万ドル(約…

培養サーモンの米WildTypeが培養シーフード業界史上最大の約114億円を調達

細胞培養による培養サーモンを開発するアメリカ企業WildType(ワイルドタイプ…

インドネシア企業Mycotech Labが開発した動物を犠牲にしないキノコ由来の皮革Myleaとは

インドネシアにはテンペという伝統食品がある。テンペは日本の納豆のように大…

Moolec Science、豚タンパク質を作る大豆「Piggy Sooy」で米国農務省の承認を取得

ルクセンブルクに拠点を置く植物分子農業企業Moolec Scienceは今月、米…

イスラエルのYO-Eggが黄身と白身に分かれた代替卵を開発

代替卵に新たなトレンドが生まれつつある。アメリカのJUST Eggに代表…

【現地レポ】ソーラーフーズ、ソレインを商用生産する工場を稼働/ソレイン使用のシンガポールレストランを訪問

フィンランド企業ソーラーフーズ(Solar Foods)は今月15日、代替タンパ…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/20 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP