ロボット

ドイツ発のAitmeはキオスク型自律調理ロボットを開発

>> <<

 

ベルリンを拠点とするスタートアップ企業Aitmeは完全自律型のロボットレストランを開発している。

キオスクのような箱型タイプで、現在のバージョンは8平方メートルだが、新バージョンは4平方メートルまで小型化する。

Aitmeの中には熱い材料、冷たい材料を40種類搭載できる。

作れるメニューはボロネーゼパスタやゴマをペーストしたタヒニドレッシングを使った料理など10種類

Aitmeのメニューは、ドイツで活躍するシェフがロボットの性能に合わせて開発したものとなる。

出典:Aitme

関節アームが材料をつかみ、回転するIH調理器が加熱する、混ぜるなどを担当する。

顧客は取り付けられたタブレットから注文する仕組み。

個人の好みに応じてカスタマイズも可能で、1食の調理は5分以内に完成する。

Aitmeは1時間に120の調理が可能で、自動洗浄機能もついており、運営者がやるのは1日1回材料を補充するだけだ。

ロボットに搭載される材料は、Aitmeが運営するセントラルキッチンで用意される。

出典:Aitme

RoboEatzのように、レストランとライセンス契約を目指すキオスクロボットもあるが、Aitmeはオフィスのカフェテリアを視野においたB2Bのビジネスモデルを考えている。

たとえば、テスラの工場に導入されたら、メニューはテスラ用にカスタマイズされ、キオスク本体には大きくテスラのロボットキッチンと書かれる。本体のどこかに小さくAitmeの文字が入るイメージだ。

Spoon誌の報道によると、すでに1社と契約済み(社名は非公開)で、今年さらに5台の販売を目指しているという。

コロナウイルスの発生により、デリバリーの需要が大きく伸びたが、Aitmeのような完全自律型のキオスクロボットは24時間働ける点で心強い。

出典:Aitme

昨今のように緊急事態宣言により飲食店の営業時間が短縮される場合でも、キオスクロボットがオフィスにあれば、残業する人や夜間に働く人にとって、新たな外食の選択肢となる。また、Minnowのようにデリバリー時の接触を減らすロッカーも登場しているが、Aitmeは調理から受け渡しまで完全にコンタクトレスだ。

現在はまだ備え付けのタッチパネルでの注文となっているが、アプリでの非接触注文・決済機能が導入される可能性もある。

AitmeのようなフードロボットはほかにもRoboEatzBowlton KitchensYPCテクノロジーズがある。

Aitmeは2019年にシードラウンドで300万ドルを調達している。それ以降に資金調達は実施されていない。

公式サイトの情報はまだ限られているが、海外のフードテック有力メディアSpoon誌が5月18日にフードロボットに特化したwebセミナーを開催するので、ここに登場するかもしれない。

AitmeはフードデリバリーFoodoraを創業したEmanuel Pallua氏と、Julian Stoss氏が立ち上げたドイツのスタートアップ企業。

 

参考記事

Aitme is Building a Robot Restaurant Kiosk in Berlin

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. スマイルロボティクスが開発した配膳・回収を完全無人化で行う自律走…
  2. Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販…
  3. フランス・パリにPazziによるピザロボットレストランがオープン…
  4. Hyphenが世界初のロボットメイクラインを発売、レストラン作業…
  5. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…
  6. ピザ自販機のカナダ企業PizzaFornoがアメリカへ進出
  7. ロボットハンバーガー店のCreatorがリニューアル、「パーソナ…
  8. 多才な料理ロボットのカナダYPCテクノロジーズが約1億4千万円を…

おすすめ記事

Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支援額は目標の2倍以上に

感染が拡大する新型コロナウイルスの影響を受け、トッピングやカスタマイズが自由な次…

培養母乳を開発するイスラエル企業Bio Milk、2022年にサンプルを発表予定

1Lの牛乳を生産するには900Lの水が必要とされ、牛乳を生産するために地球のかな…

ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテックバレーを設置

フードテックに国をあげて力を入れている代表例はシンガポールだが、今後はこのリスト…

インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発したBack of the Yards Algae Sciences

Back of the Yards Algae Sciences(BYAS)とい…

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養…

ネスレがFuture Meatと協業して培養肉参入に向けて準備

ネスレが培養肉事業に参入する準備を進めている。ネスレが培養肉と植物肉をブ…

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/28 15:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/28 09:09時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/27 20:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP