レストランテック

ピザハットのロボットレストランがイスラエルに登場

 

イスラエルのピザハットが完全に自動化されたロボットレストランを発表した。

イスラエルを拠点とするロボットスタートアップ企業Hyper-Roboticsが開発したもので、イスラエルのBnei Dror市内中心にあるショッピングモールの駐車場に設置された。

トッピングから焼き上げ、箱詰めまですべてのプロセスをロボットが完結する。ロボットは生地作りはしないが、240種類の異なるサイズの生地を保持できるという。

ピザハットのロボットレストランがイスラエルに登場

出典:Hyper-Robotics

Hyper-Roboticsのロボットピザレストランは、3台のコンベクションオーブン、ピザをオーブンに移動させるベルトコンベアシステム、自動スライサー、ピザを箱に入れて客に渡すボックスシステムなど、多くの技術が1つの箱(コンテナ)に収まっている。

1時間に50枚のピザを焼き上げることができる。

レストラン外部に備えつけのタッチスクリーンまたはピザハット専用アプリを通じて注文する。ピザが焼き上がり、箱に入れられると、ピザハットのスタッフが取り出し口からピザを受け取り、顧客に渡す。今後は、ロボットレストランから顧客に直接ピザを渡せるようになるという。

ロボットがピザを準備するプロセスを外から見ることもできる。

Hyper-RoboticsのCEOを務めるUdi Shamai氏が、ピザハット・イスラエルのCEOであり、イスラエル国内で90店舗のピザハットを運営していることを考えると、Hyper-Roboticsが最初のカテゴリーとしてピザを選び、ピザハットに導入したことも納得がいく。

ロボットレストランが実現するスマートシティ

出典:Hyper-Robotics

Hyper-Roboticsはファーストフード店をマンションの1階などではなく、マンションなどから遠ざけるスマートシティ構想を持っている。スマートシティとは、先進的技術を活用して、都市や地域のサービス、機能を効率化し、生活者の利便性・快適性の向上を目指す都市構想を指す。

アパートやマンションの1階に飲食店があると、調理による匂いやゴキブリなど害虫トラブルが発生する。大量のゴミがネズミなどほかの害虫を引き付ける要因にもなりうる。さらに、テイクアウトを行っている場合は配達員が頻繁に来店し、夜間の来店により、近隣住人の休息に影響を与えることも考えられる。

こうした問題を解決するため、同社は都心に点在する小さな駐車場を活用する。こういったスペースに定置型の店舗を設置すれば、マンションビルの階下でない場所から配達することができる。

出典:Hyper-Robotics

Hyper-Roboticsは同社のロボットレストランを活用し、ピザのほか、ハンバーガー、アイスクリーム、丼物、サラダなどさまざまなファーストフード店を、駐車場などのスペースに配置することを提案している。同社のロボットレストランは40フィートコンテナ(12m×2.4m×2.5m)サイズで、電気・水・下水・通信にアクセスできる場所であればどこにでも設置できる。

ロボットレストランは24時間営業でき、人件費をゼロにできる。手作業によるトッピングのばらつきがないため、品質を統一し、原料の無駄遣いを防ぐことができる。

フランス、パリではPazziがトッピング、ソースがけなど手間と時間のかかる工程を自動化したピザのロボットレストランを設置しており、今年にはスイスでのオープンを目指している。

 

参考記事

Pizza Hut Launches a Fully Robotic Restaurant-in-a-Box (Video)

SMART CITIES AND THE AUTONOMOUS FOOD INDUSTRY

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Hyper-Robotics

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. タピオカティーロボットで未開拓市場を狙うBobacinoが約2.…
  2. Starshipの宅配ロボット、米スーパーSaveMartに初登…
  3. 中国OrionStar(猎户星空)がバリスタロボットRoboti…
  4. 最短30秒で調理する自律調理ロボットを開発したRoboEatz、…
  5. Picnicがピザ組み立てロボットの予約注文受付をスタート
  6. コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式…
  7. ドイツ発のAitmeはキオスク型自律調理ロボットを開発
  8. スマイルロボティクスが開発した配膳・回収を完全無人化で行う自律走…

おすすめ記事

米ビヨンドミート、植物ステーキ肉の年内発売を計画

植物肉を展開する米ビヨンドミートが今年後半に植物由来ステーキ肉の発売を予定してい…

ゲノム編集で熱帯作物の栽培効率を高めるTropic Biosciencesが約46億円を調達

ゲノム編集技術を活用して持続可能な熱帯作物を開発するイギリスのTropic Bi…

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約110億円を調達、今年の調達総額は約305億円に

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatは先月、9700万ドル(約110億…

【世界初】The EVERY Companyが動物由来の卵と同等なアニマルフリー卵タンパク質を発表

微生物発酵を活用して卵タンパク質を開発するクララフーズが社名変更を発表した。…

韓国LOUNGE’LABがロボットアイスクリームショップBrown Banaをソウルにオープン

AI、ロボット、ブロックチェーンを活用する韓国のスタートアップLOUNGE'LA…

世界初!シンガポールOsomeFoodが開発したマイコプロテイン由来の代替ゆで卵

シンガポールを拠点とするOsomeFoodは、世界初となるマイコプロテイン由来の…

精密発酵レポート販売のお知らせ

代替脂肪セミナー開催のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/25 19:29時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(09/26 13:10時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(09/26 01:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(09/26 15:31時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP