代替プロテイン

Profuse TechnologyとGelatexが成果を発表|筋肉組織の成長サイクルを48時間に短縮、筋タンパク含有量を5倍に増加

 

培養肉の生産コストを削減するソリューションを開発するイスラエル企業Profuse Technologyと食用足場を開発するエストニア企業Gelatexは、提携による成果として、培養鶏肉の筋肉組織の成長が改善されたことを発表した

二社は、Profuseの培地サプリメントと、筋肉の分化、融合、成熟を促進するGelatexの植物性足場を使用することで、筋肉組織の成長サイクルが48時間に短縮され、これまでの方法と比較して筋タンパク質含有量が5倍増加したと発表した。

この成果は、培養肉生産においてさらなるコスト削減、生産期間の短縮、収量の増加、栄養価の向上を期待できることを意味している。

イスラエルのインキュベーターFRESH START Foodtechの一部として2021年に設立されたProfuseは、生産プロセスを短縮するための培地サプリメントを開発している。

Gelatexの足場を使用して、Profuseのサプリメントなし(左)とサプリメントあり(右)の場合を比較した画像 出典:Gelatex/Profuse Technology

2022年の報道では、通常1kgの培養肉を生成するのに40日間要するところ、同社技術を使うと27日間で2.5kgの培養肉を生産できるとしていた。

今年9月には、48時間で培養肉を生産できるという技術的ブレイクスルーを発表今月にはイスラエル・イノベーション庁(IIA)から研究開発のために助成金を獲得している

今回、Gelatexとの協業により、筋肉組織の成長サイクルが48時間に短縮されたことを発表した。

Gelatexは、従来のエレクトロスピニング法ではなく、独自のHaloSpin技術を用いて植物性の食用足場を開発している。ナノファイバーは高価で量産が困難だったが、Gelatexは量産可能なナノファイバーのソリューションを開発した

エレクトロスピニング法では毎時360gの生産となるが、Gelatexは生産能力を毎時5kgに増産した。1台の機械で年300トンの培養を生産できる試算となる。

Gelatexで事業開発部長を務めるAthanasios Garoufas氏は以前Foovoによるインタビューで、Gelatexが自社技術をライセンス供与して、企業が足場を自社生産することも可能になると述べている

出典:Gelatex

同社共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のMärt-Erik Martens氏は、「当社のHaloSpin足場が持つ独自の特性と、Profuseの特別な培地サプリメントを組み合わせることで、培養肉の商用化への道を大きく加速することができます」と述べている。

GelatexとProfuseは現在、培養肉企業に筋肉の成長を最適化するための包括的なソリューションを提供している。このソリューションは、Gelatexの食用足場、Profuseの培地サプリメントと詳細なプロトコルを活用したものとなる。

 

参考記事

Profuse and Gelatex Announce Significant Advances in Cultivated Meat Production

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Gelatex/Profuse Technology

 

関連記事

  1. スロベニア企業Juicy Marblesは世界初の植物性フィレミ…
  2. ネスレも細胞農業による代替母乳産業に参入か?
  3. ビヨンドミートが代替ミルクにも参入か?ビヨンドミルクの商標を出願…
  4. 微生物とAIで新素材を発見するKingdom Supercult…
  5. 中国の植物肉ブランドHey Maetが資金調達に成功、中国全土へ…
  6. 中国のJoes Future Foodが豚の培養脂肪のパイロット…
  7. 再生医療学会・培養肉シンポジウムレポート|再生医療研究者が「培養…
  8. 培養肉の法整備を目指す議員連盟が発足、年内に試食実現のための提言…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

代替マグロの切り身を開発する米Impact Food、年内の市販化を目指す

水産資源の枯渇が懸念される中、カリフォルニア州サンマテオに新たな代替シーフード企…

未来のバーテンダーはロボット?Rotenderはドリンクを大量に作る自販機ロボットを開発

海外の自動販売機の中には、これまでの決まったものだけ注文する仕組みではなく、ドリ…

カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に挑む

培養肉といえば、牛、豚、鶏、魚を思い浮かべることが多いが、オーストラリアのフード…

GFIが「植物分子農業」を代替タンパク質の第4の柱として注目

代替タンパク質の普及を促進する非営利団体Good Food Institute(…

精密発酵でカカオバターを開発する米Seminal Biosciences

カカオ豆を使用せずカカオバターを開発する新たな企業が登場した。カリフォルニア州サ…

アメリカのマクドナルドがマックプラントを導入!11月から8店舗で試験導入

マクドナルドは来月よりアメリカで、植物性のマックプラントの試験導入を開始する。…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/27 11:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/27 20:51時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/28 00:18時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/27 17:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/28 10:26時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/27 20:23時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP