代替プロテイン

Better Dairyはアニマルフリーチーズの最前線で約25.8億円を調達

 

イギリスのフードテックBetter DairyがシリーズAラウンドで2,200万ドル(約25億8000万円)を調達し、アニマルフリーの熟成ハードチーズを試験段階へと一歩進める。

Better Dairyは精密発酵の手法を用いてアニマルフリーのチーズをつくる研究開発を進めており、従来と同じ化学成分の乳製品をビール醸造に似たプロセスにより作ることを目指す。

今回のラウンドは、2020年にHappiness Capitalが主導した160万ポンド(約2.2億円)に次ぐ資金調達となる。今回の資金調達にはHappiness Capitalのほかに、RedAlpineVorwerkMenta RayAcequia CapitalStray Dog Capitalが参加している。

これにより、同社の調達総額は2430万ドル(約29億円)となった

課題を抱える動物由来乳製品

イメージ画像

動物由来乳製品はミルクをつくる際に大量の水を必要とし、大気中には二酸化炭素を発散することから、Better Dairyの創設者Jevan Nagarajah氏は以前、動物由来乳製品の持続可能性には課題があることを言及していた。

Better Dairyが強みとするところはハードチーズの代替に注力しているところにあり、同じ分野でモッツァレラのようなソフトチーズやホエイに取り組む他社よりも挑戦的と言えるかもしれない。

Nagarajah氏は「薬品会社で30年のタンパク質調製の経験のある科学者を主任とするチームで取り組めば、難しいアニマルフリーのハードチーズを製品化もできると思ったんだ」とコメントしている。

代替乳製品分野の市場成長

イメージ画像

アニマルフリーの素材や製品を求める消費者ニーズの高まりとともに代替乳製品分野は拡大しており、新たなフードテック技術の対象の一つとなっている。

例えば、2022年2月にBrain BiotechとFormoは提携を発表し、ゲノム編集の特許技術を用いてアニマルフリーの乳タンパク質製品の量産化に取り組む。こうした取り組みにより乳タンパク質の代替製品の商品化がスピードアップする可能性がある。

また、イスラエルに拠点を置くスタートアップImagindairyはアニマルフリーで機能性も備えた乳製品を新たに発表した。製品化した天然の乳タンパク質は精密発酵プロセスを用いて作っており、オリジナルとも区別できないものという。

2022年1月にはオランダで植物由来の素材を生産するFooditiveがエンドウ豆と精密発酵によって、食品産業で広く使用できるアニマルフリーのビーガンカゼインを新たに開発、一部の大手食品企業は試験のために注文していることを明らかにしている

今後拡大が予想される精密発酵によるチーズ

世界的なアニマルフリーチーズ市場は2021年で24.3億ドル(約2,850億円)とされ、2022~2030年の年平均成長率(CAGR)は12.6%と今後も市場の拡大が予想されている

これまで、アニマルフリーチーズは主に植物性タンパク質を原料としてきたが、カゼインに由来するチーズ独特の風味や食感を再現することは難しい。これに対して、General Millsは2021年11月にパーフェクトデイの精密発酵によるアニマルフリーチーズをBold Cultrブランドで展開することを発表している

成長が期待できるアニマルフリーチーズ市場において、精密発酵チーズは今後も製品化の動きが続くものと考えられる。

 

参考記事

Better Dairy poised to disrupt hard aged cheese sector with animal-free offering after netting US$22M

 

関連記事

アイキャッチ画像はイメージ

 

関連記事

  1. シンガポールの代替肉企業Next Genがシードで約10億円を調…
  2. 精密発酵チーズのNew CultureがCJ第一製糖と提携、20…
  3. 培養肉生産用のアニマルフリーな血清を開発するMultus Med…
  4. 【世界初】シンガポールの小売店で培養肉の購入が可能に|米GOOD…
  5. FDA、GOOD Meatの培養鶏肉の安全性を認める Upsid…
  6. 独自ヘムを開発する豪代替肉v2foodが約58億円を調達、中国・…
  7. GEAが代替タンパク質の技術センターをドイツに開設
  8. 代替マグロの米Kuleanaが販路拡大、オンラインストアでの販売…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

自律型サービスロボットを開発したBear RoboticsがシリーズBで約100億円を調達

接客ロボットと人工知能を活用したソリューション領域での先駆者であるBear Ro…

The Every Company、アニマルフリーな卵白タンパク質を使ったスムージーを発売

The Every Companyのアニマルフリーな卵白タンパク質粉末を使ったス…

米Aqua Cultured Foodsがシカゴで生産施設の建設を開始、今年前半に上市を計画

バイオマス発酵で代替シーフードを開発する米Aqua Cultured Foods…

バイオ3Dプリンターで植物性代替サーモンを開発するLegendary Vish

このニュースのポイント●オーストリアのLegen…

個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発したRyp Labsとは

アメリカ、ワシントン州を拠点とするRyp Labsは、果物の保存期間を最大14日…

二酸化炭素と水からウォッカを開発する米スタートアップAir Companyとは

ニューヨークを拠点とするスタートアップ企業Air Companyは、大気中の二酸…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/18 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/17 21:43時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/18 01:20時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/17 18:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/18 11:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/17 21:15時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP