Foovo Deep

「砂糖を再発明する」妥協なき代替砂糖の開発に挑戦するイスラエル企業Resugar

 

完全に天然由来でありながら、100%砂糖のような代替品を開発するイスラエル企業が登場した。

Niv Ben-Ami氏Ron Livny氏によって2020年に設立されたResugarは、独自の酵素プロセスを使った「欠点のない」代替砂糖を開発している。

同社が提供する砂糖代替ソリューションは、砂糖の味と特性を完全に再現しながら、砂糖の望ましくない影響をすべて排除しているという。

「欠点のない砂糖を再発明する」

出典:Resugar

砂糖消費量の増加は、糖尿病、肥満、高血圧などの疾患の増加にも関連している。これまでにさまざまな代替砂糖が開発されてきたが、食品・飲料メーカーは、砂糖の味だけでなく、保湿性、色、量、凝固点など砂糖に不可欠な独特な特性を再現するのに苦戦してきたとResugarは指摘している

「食品・飲料業界は、味、工業上の特性、あるいはその両方で期待を裏切る砂糖の代替品に何十年も失望してきました。世界的な砂糖依存の流れを食い止めるには、食品科学の最新のイノベーションを活用して、完全に天然由来な完ぺきな砂糖の代替品を提供、つまり欠点のない砂糖を文字通り再発明する必要があります」

(共同創業者のNiv Ben-Ami氏)

独自の酵素プロセスで作る植物由来砂糖

出典:Resugar

Resugarはテクニオン・イスラエル工科大学と協力して開発した独自の酵素プロセスを使用して、植物由来の原材料を完成された砂糖のような化合物に変換する。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像はイメージ

 

関連記事

  1. 家庭用調理ロボットのNymbleが予約注文を受付中
  2. ブラジル初の培養脂肪企業Cellva Ingredientsが約…
  3. 米Jellatech、細胞培養によりヒトコラーゲンの開発に成功
  4. 培養油脂のMission Barnsが食肉加工企業と提携、培養ソ…
  5. The Every Company、世界初の精密発酵タンパク質を…
  6. ゲノム編集で熱帯作物の栽培効率を高めるTropic Biosci…
  7. 中国のJoes Future Foodが豚の培養脂肪のパイロット…
  8. GEAが代替タンパク質の技術センターをドイツに開設

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Vowがシンガポールで培養ウズラ肉の販売認可を取得、今月レストランで限定提供

細胞性食品とも呼ばれる培養肉は、動物を犠牲にすることなく動物肉を生産でき、環境負…

フィンランドの研究チームが精密発酵による代替卵白の開発に成功

フィンランドの研究チームは精密発酵技術により、動物を使うことなく卵白タンパク質の…

菌糸体生産のB2Bソリューションを開発するKyndaがドイツ政府から助成金を獲得

ドイツのバイオマス企業Kyndaは、ドイツ連邦食糧農業省から非希薄化(Non-d…

分子農業で代替タンパク質と成長因子を開発するスタートアップ企業4社

分子農業(Molecular Farming)とは、植物を「バイオリアクター」「…

Motif FoodWorks、分子農業でヘムを開発するためパートナーシップを拡大

アメリカ、ボストンを拠点とするフードテック企業Motif FoodWorksは、…

オランダのEatch、1日最大5000食を調理できるロボットキッチンを開発

ロボットキッチンを開発するオランダ企業Eatchは、1日に最大5,000食を調理…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/13 21:24時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/14 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/13 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP