代替プロテイン

世界初|MeliBioがミツバチを使わない「本物のハチミツ」を試食会で発表

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

-------------

 

ミツバチを使わずに代替ハチミツを開発するMeliBioが、世界初となる代替ハチミツ商品を発表した。外食産業からの注文受付をすでにスタートしており、年末から2022年初頭にかけて商品を発送する。

カリフォルニアを拠点とするMeliBioは精密発酵により、ミツバチを使うことなく分子的に本物と同等なハチミツを開発している。

先日、100名以上の投資家・フードテック企業が参加する試食会がカリフォルニア州バークレーで実施された。試食会ではMeliBioの代替ハチミツを使って作られたバクラヴァ(パイ生地を複数重ねて濃いシロップで味付けするトルコ料理)が提供された。

試食会で提供されたビーガンバクラヴァ 出典:MeliBio

試食会の参加者の1人は「ミツバチから作られたハチミツと全く同じ味わい、滴り、広がり」だと表現した。

「地球上からミツバチが消えたら、人間は4年しか生存できない」とアインシュタインが述べたように、受粉を担うミツバチは作物の栽培、成長に不可欠な存在とされる。しかし、生息地の破壊、農薬の使用、気候変動によってミツバチは減少の一途をたどっている。

最近の研究によると、世界には2万種の野生・在来のミツバチがいるが、2006年から2015年にかけて数が特に急速に減少し、4分の3しか存在を確認されていない。

世界の作物の3/4がミツバチの受粉に依存しており、ミツバチの減少、不在は、世界の食料生産に深刻な影響をもたらす。

Darko Mandich氏(左)とAaron M. Schaller氏(右) 出典:MeliBio

畜産業による環境負荷を軽減するために国内外で数多くのフードテック企業が登場しているが、ハチミツに焦点をあてる企業は少ない。Darko Mandich氏Aaron M. Schaller氏は、地球上の動植物に不可欠なミツバチを代替ハチミツで救出することを目指し、2020年にMeliBioを設立した。

市場にはビーガンハチミツが販売されているが、ハチミツ本来の特性、風味を完全に再現するのは難しい。合成生物学を駆使したMeliBioの代替ハチミツは分子的に同等なハチミツとなり、本物のハチミツに含まれる主要成分をすべて含む。

出典:MeliBio

今回の試食会でMeliBioのハチミツを試食した参加者は「(植物ベースのビーガンハチミツである)Vegan Un-Honeyはかなりよいけど、もう戻れない」とコメントしている。

同社は外食産業向けにB2Bでの注文受付をスタートしており、早ければ今年年末までに発送を開始する。

先月にはプレシードでCult Food Scienceから追加の27万5000ドル(約3000万円)の出資を受けた。プレシードの調達総額は150万ドル(約1億6600万円)となる。

MeliBioのように、精密発酵技術を活用して分子的に同等な代替食品を開発する流れが加速している。

試食会の様子 出典:MeliBio

精密発酵で代替タンパク質を開発する事例は、パーフェクトデイFormoChange Foodsなど、乳製品が主流だったが、開発の対象は多様化してきている。

最近の事例では、ドイツのQOAは精密発酵によりカカオを使わないチョコレートを開発。着色料を開発するデンマークのChromologics、コラーゲンを開発するアメリカのGeltor、代替母乳を開発するHelainaなど、乳製品以外にもアプリケーションが広がっていることは注目に値する。

 

参考記事

Exclusive: We Tasted the World’s First Real Honey Made Without Bees From MeliBio and We Couldn’t Taste the Difference

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:MeliBio

 

▼10/26培養肉セミナーのご案内(画像をクリック)

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…
  2. 動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万…
  3. 代替卵イート・ジャストが欧州進出へ向けて加速、EUの承認待ち
  4. 安価な成長因子を開発するカナダのFuture Fieldsが約2…
  5. 培養フォアグラを開発する仏Gourmeyが約11億円のシード資金…
  6. MicroSaltは通常の半分量で、同じ塩味を実現する画期的な塩…
  7. キッチンカーで植物肉を広めたい|学生団体Planmeetがクラウ…
  8. 米コストコがビヨンドミートボールの取り扱いを一部店舗で開始

おすすめ記事

肉屋出身者が立ち上げたIvy Farm|2023年までに英国で培養ソーセージの市販化を目指す

イギリスの培養肉スタートアップIvy Farmは、2023年までにイギリスの小売…

米Bowlton Kitchensの1時間に300の調理が可能な料理ロボット、在庫管理も自動化

このニュースのポイント●Bowlton Kitc…

じゃがいもを原料に代替チーズソースを開発したLoca Foodとは

現在、プラントベースの代替チーズの原料は、カシュー、アーモンド、ココナッツ、大豆…

空気と電気からタンパク質を作るSolar Foodsが約5億4千万円を調達、2022年までに生産工場稼働へ

このニュースのポイント●フィンランドSolar …

青果物の鮮度保持期間を延ばすHazel Technologiesが約76億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

おいしい水分補給の実現を目指すCirkulが約32億円を調達

美味しい水分補給の実現を目指すCirkulが、シリーズBラウンドで3000万ドル…

第2回Foovoセミナーのお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/25 15:15時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(10/26 09:08時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(10/25 20:00時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP