Foovo Deep

分子農業スタートアップMiruku創業者に聞く「ベニバナによる乳製品生産の再構築」

 

植物を「ミニ工場」として特定成分を作る分子農業が注目されている。

代替タンパク質の促進・普及を目指す海外の非営利シンクタンクGFI(Good Food Institute)は、微生物を活用する微生物発酵に続き、代替タンパク質の第4の柱として分子農業に注目している

これまでに遺伝子組換え植物を使用して乳タンパク質を製品化した企業はまだ確認されていない。

2020年に設立されたニュージーランド企業Mirukuの共同創業者兼CEO(最高経営責任者)であるAmos Palfreyman氏は、「精密発酵で作られた乳製品は市販されていますが、植物で生成された乳タンパク質はまだありません。当社がその最初の企業になりたいと思っています」とFoovoに述べた。

Amos Palfreyman氏 出典:Miruku

曾祖父の時代から4代にわたる酪農家というバックグラウンドを持つPalfreyman氏は、「私の父は45年間、酪農業に携わっています。私も乳製品業界にいますが、植物の中に乳製品を作るという、少し違ったことをしています。乳製品の生産を再構築することを考えています」と語る。

分子農業はさまざまな植物を「ミニ工場」として使用する。Mirukuが使用するのはベニバナだ。

Mirukuの現在の取り組み、今後の展望についてPalfreyman氏に聞いた。

ベニバナ種子を使用して乳タンパク質・乳脂肪を生成

出典:Miruku

Mirukuはベニバナに牛の乳タンパク質の情報を与え、ベニバナの種子の中に本来生成されるタンパク質と脂肪ではなく、乳タンパク質と乳脂肪が生成されるようにした。

種子からタンパク質と脂肪を抽出するプロセスは、大豆の種子で現在業界で使用されているのと同様のプロセスを使用できるという。

「植物から種子を取り出し、工場へ運びます。工場で種子を粉砕すると、タンパク質、脂肪が放出されます。これがエマルジョンや水性クリームとなり、チーズ、ヨーグルトなど美味しい乳製品を作るためのタンパク質原料となります」

ベニバナを使用する分子農業企業にはイギリスのMoolec Scienceもあるが、同社がベニバナで開発する対象は乳タンパク質ではない。Palfreyman氏によると、ベニバナを使用して乳タンパク質を開発する企業はMirukuだけだという。

分子農業がクリアすべき2つの規制プロセス

出典:Miruku

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Miruku

 

関連記事

  1. シェイクシャックが初のヴィーガン(ビーガン)バーガーをロンドンで…
  2. 香港グリーンマンデーのヴィーガンカフェGreen Commonが…
  3. ファーストフードチェーンChipotleが代替油脂を開発する米Z…
  4. 米New Cultureが精密発酵カゼインのスケールアップに成功…
  5. ZIKIがロボットキッチンのBowlton Kitchensを買…
  6. 主食のイノベーションに挑む日本企業ベースフード、目指すのは「健康…
  7. 培養魚企業ブルーナル、回転ずしチェーン「スシロー」を展開するフー…
  8. アレフ・ファームズがイスラエルで培養牛肉の承認を取得|牛肉では世…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

カスタムメイドの代替砂糖を開発するイスラエルのSweet Balance【創業者インタビュー】

妥協なき代替砂糖の開発に取り組む会社がある。イスラエルのSweet Balanc…

精密発酵でカゼインを開発するタイのMuu、来年の商用生産を目指す

精密発酵によるタンパク質開発が世界的に進んでいる。精密発酵は、微生物に目的成分の…

パーソナライズ化された次世代自販機のBolkが約5億円のシード資金を調達

次世代自販機を開発するBolkが、シードラウンドで400万ユーロ(約5億2000…

代替肉ビヨンドミートが初の海外工場となる中国生産施設をオープン

アメリカの代表的な代替肉スタートアップ、ビヨンドミートが中国現地の生産工場の開設…

植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|タイ企業Nove Foodsと提携して今年後半に海外展開へ

コロナウイルスにより一時は操業停止に追い込まれた植物性代替魚企業Ocean Hu…

米パーフェクトデイ、インドで精密発酵タンパク質の認可を取得、インドの工場を買収

精密発酵によるタンパク質開発で世界をリードする米パーフェクトデイが、インドで認可…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/23 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/23 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP