Foovo Deep

Remilkがイスラエル食品大手CBCグループと提携、1年以内のイスラエル上市を目指す

 

精密発酵でアニマルフリーな乳タンパク質を開発するRemilkは、イスラエル食品最大手Central Bottling Company(CBCグループ)と戦略的パートナーシップを締結した。

CBCグループは、Remilkの乳タンパク質を使った乳製品飲料、チーズ、ヨーグルトの新しいラインを開発し、イスラエル国内での販売を目指す。現在、イスラエル保健省の認可を待っており、1年以内の発売が予定されている。

イスラエル食品大手CBCグループと提携

出典:Remilk

二社の提携で開発される新しい製品ラインは、牛由来の乳タンパク質の代わりに、Remilkのアニマルフリーな乳タンパク質を使って製造される。Remilkは酵母を使った発酵プロセスで、牛に頼ることなくアニマルフリーな乳タンパク質を生成している。

Remilkの乳タンパク質は牛由来のタンパク質と生物学的に同等だが、遺伝子組換え微生物がタンパク質の「作り手」となる。

微生物を「生産工場」として活用する精密発酵は、従来よりも少ない資源でタンパク質を生産でき、生産プロセスで排出される温室効果ガスが動物由来製品よりも少ないことから、アメリカ、イスラエルを中心に開発が加速している。

Remilkは先月、アメリカで乳タンパク質の認可を取得した。1月には1億2000万ドル(約139億円)を調達し、4月にはデンマーク、カロンボーに世界最大の精密発酵工場を建設する計画を発表した。

CBCグループは、イスラエルの乳業メーカーTara Dairyを所有しており、認可取得後は、Tara Dairyを通じてイスラエル国内にRemilkの乳タンパク質が流通していくと考えられる。

「非農地由来の炭素源」を使用

出典:Remilk

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Remilk

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 鶏を使わずに卵白タンパク質を開発するフィンランド企業Onego …
  2. 培養肉用の安価な足場を開発するGelatexが約1.3億のシード…
  3. フードテックで注目|精密発酵セミナー開催のお知らせ
  4. イスラエルのChickPがひよこ豆由来のビーガンマヨネーズを開発…
  5. Pairwiseがゲノム編集野菜を上市するためConscious…
  6. 動物肉と同等価格の植物肉が生産可能な自動化技術をシアトルの企業が…
  7. 培養肉企業アレフ・ファームズ、培養コラーゲン事業への参入を発表
  8. 穀物の腐敗検知・予測センサーのTeleSenseが約10億円を資…

おすすめ記事

培養肉スーパーミートと欧州大手養鶏企業PHW、培養肉の欧州導入で合意

テルアビブを拠点とする培養肉企業スーパーミート(SuperMeat)は、欧州市場…

Shiok Meatsが細胞由来の培養ロブスター試作品を発表、2022年までの商品化を目指す

このニュースのポイント ●シンガポールのShiok Meatsが培養…

ビヨンドミートが中国ECに初進出、中国市場向けの代替豚肉「ビヨンドポーク」を販売開始

アメリカの代替肉ビヨンドミートが中国ECサイトでの販売を開始した。中国E…

アイスランドORF Geneticsが大麦由来の低コスト成長因子を開発、培養肉の生産コスト削減を目指す

アイスランド・ORF Geneticsの技術によって、今後数年のうちに培養肉の商…

培養シーフードを開発するShiok Meatsが資金調達、シンガポールに生産工場建設へ

培養シーフードを開発するシンガポールのShiok Meatsが、Woowa Br…

The Every Company、アニマルフリーな卵白タンパク質を使ったスムージーを発売

The Every Companyのアニマルフリーな卵白タンパク質粉末を使ったス…

精密発酵レポート販売のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(08/17 19:04時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
2,090円(08/18 12:39時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(08/18 00:34時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(08/17 15:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP