Foovo Deep

Remilkがイスラエル食品大手CBCグループと提携、1年以内のイスラエル上市を目指す

 

精密発酵でアニマルフリーな乳タンパク質を開発するRemilkは、イスラエル食品最大手Central Bottling Company(CBCグループ)と戦略的パートナーシップを締結した。

CBCグループは、Remilkの乳タンパク質を使った乳製品飲料、チーズ、ヨーグルトの新しいラインを開発し、イスラエル国内での販売を目指す。現在、イスラエル保健省の認可を待っており、1年以内の発売が予定されている。

イスラエル食品大手CBCグループと提携

出典:Remilk

二社の提携で開発される新しい製品ラインは、牛由来の乳タンパク質の代わりに、Remilkのアニマルフリーな乳タンパク質を使って製造される。Remilkは酵母を使った発酵プロセスで、牛に頼ることなくアニマルフリーな乳タンパク質を生成している。

Remilkの乳タンパク質は牛由来のタンパク質と生物学的に同等だが、遺伝子組換え微生物がタンパク質の「作り手」となる。

微生物を「生産工場」として活用する精密発酵は、従来よりも少ない資源でタンパク質を生産でき、生産プロセスで排出される温室効果ガスが動物由来製品よりも少ないことから、アメリカ、イスラエルを中心に開発が加速している。

Remilkは先月、アメリカで乳タンパク質の認可を取得した。1月には1億2000万ドル(約139億円)を調達し、4月にはデンマーク、カロンボーに世界最大の精密発酵工場を建設する計画を発表した。

CBCグループは、イスラエルの乳業メーカーTara Dairyを所有しており、認可取得後は、Tara Dairyを通じてイスラエル国内にRemilkの乳タンパク質が流通していくと考えられる。

「非農地由来の炭素源」を使用

出典:Remilk

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Remilk

 

関連記事

  1. タバコ植物で成長因子を開発するBioBetterがパイロット工場…
  2. Remilk、イスラエルで精密発酵タンパク質の認可取得が間近
  3. ネクストミーツが代替肉でアメリカ市場に本格進出、代替ミルクの国内…
  4. Zero Cow Factoryが約5.2億円を調達|カゼインタ…
  5. Redefine Meatが70のレストランと新規パートナーシッ…
  6. 3Dプリンター肉のSavorEatが代替卵に特化したスタートアッ…
  7. 細胞培養で母乳を開発するTurtleTreeがラクトフェリン粉末…
  8. ロティ、ピザなどのフラットブレッドを90秒で作る家庭用フードロボ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

植物の葉緑体を活用して成長因子を開発するBright Biotechが約4億円を調達

分子農業で培養肉用の成長因子を開発する英Bright Biotechはシードラウ…

Umami BioworksとShiok Meatsが合併計画を発表

シンガポールの培養シーフード企業Umami BioworksとShiok Mea…

微生物発酵で脂肪を開発するNourish Ingredientsが初ラウンドで約12億円を調達

オーストラリアのスタートアップ企業Nourish Ingredientsが初のラ…

黄エンドウ豆から代替チーズを開発する英スタートアップ、英政府系機関から助成金を獲得

ノッティンガム大学のスピンオフベンチャーであるThe Good Pulse Co…

Else Nutritionとダノンが協業、アレルギー対応の乳製品・大豆不使用のビーガン粉ミルクの商品化に向けて前進

乳幼児・子供向けのクリーンな植物性粉ミルク・離乳食を開発する米Else Nutr…

Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得

シンガポールの医薬品受託製造開発機関(CDMO)であるEsco Asterが、シ…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP