Foovo Deep

Remilkがデンマークに世界最大の精密発酵工場建設を発表

 

アニマルフリーな乳タンパク質を開発するイスラエル企業Remilkが、デンマークに自社所有の精密発酵工場を建設することを発表した

Remilkは世界の数拠点ですでに大量生産を開始しているが、デンマークに建設する工場はこのタイプの工場では世界最大規模となる。

この工場は、デンマーク、カロンボーに購入した75万平方フィート(約70,000㎡)を超える土地に設置される。

世界最大の精密発酵工場をデンマークに建設

出典:Kalundborg Symbiosis

Remilkの施設は、「持続可能な産業エコシステム」である共生プロジェクト(The Symbiosis project)を実施するカロンボー工業団地に設置される。

カロンボーの共生プロジェクトは、企業間や地域全体で工場の副産物、廃棄物などを効率的に利用し、企業のコスト削減と地域全体の環境保全を同時に達成するもので、先駆的なサステナブルな取り組みとして世界から関心が寄せられてきた

このプロジェクトにはNovozymes、Novo Nordisk、Chr. Hansen、Unibioなど大手を含む13の公的機関や民間企業が参加している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Remilk

 

関連記事

  1. 個人から企業まで|貼るだけで果物の鮮度を保持するシールを開発した…
  2. 培養肉スーパーミートと欧州大手養鶏企業PHW、培養肉の欧州導入で…
  3. アニマルフリーなチーズを作るChange Foodsが約2.3憶…
  4. TurtleTree Scientificが商用規模での細胞培養…
  5. 【世界初】The EVERY Companyが動物由来の卵と同等…
  6. 「競争よりも共創」代替肉で環境問題に挑むネクストミーツが目指すも…
  7. Numilkが家庭用植物ミルクメーカーを発表、クラファンの累計支…
  8. 連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが…

おすすめ記事

Biftekがシンガポールの培養肉企業へ最初の増殖培地サンプルを出荷

培養肉用のアニマルフリーな培地を開発するトルコ企業Biftekは、商用化に向けて…

自宅を農家にする室内農業のGardynが約10億円を調達

水耕栽培キットを開発するGardynがシリーズAで1000万ドル(約10億円)を…

Oobli、精密発酵による甘味タンパク質を使用した初製品の予約販売を開始

精密発酵により甘味タンパク質を開発するOobli(旧称Joywell Foods…

米パーフェクトデイ、インドで精密発酵タンパク質の認可を取得、インドの工場を買収

精密発酵によるタンパク質開発で世界をリードする米パーフェクトデイが、インドで認可…

イート・ジャストが中国ファンドから約34億円を調達、代替卵JUST Eggで高級鶏卵と同等価格を実現

代替卵と培養肉を手掛ける米フードテック企業イート・ジャストが中国のプライベート・…

ソーラーフーズがフィンランド薬局年金基金から約13億円を調達

フィンランド企業ソーラーフーズ(Solar Foods)は今月17日、フィンラン…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/28 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/28 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/28 06:54時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/28 16:36時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP