Foovo Deep

菌糸体から代替肉を開発するMushlabsが欧州イノベーション会議から助成金を獲得

 

菌糸体を使って代替肉を開発するドイツ企業Mushlabsは先月、スタートアップの育成支援をするEIC(欧州イノベーション会議)のアクセラレータープログラムに選出された。Mushlabsを含む74の企業が最大1750万ユーロを調達し、Mushlabsも8桁の資金を調達した。

EUはこのプログラムを通じて、社会課題を解決し、欧州のイノベーションを推進するスタートップの支援を目指している。選出された74社のうち5社は食品分野だった。

Mushlabsの創業者兼CEOであるMazen Rizk氏は、同社が選ばれたことは、欧州が安全で持続可能な食品供給の確保を重視している表れだと見ている。

風味、食感を調整できる菌糸体由来肉

出典:Mushlabs

2018年に設立されたハンブルクを拠点とするMushlabsは、食用キノコの菌糸体を活用して代替タンパク質を開発している。

生産プロセスでは、液中発酵でキノコの根に相当する菌糸体を成長させることで、「ほぼあらゆる食品に変換できる原料」を収穫できるという。具体的には、肉、乳製品、魚の代替食品、さらには新しいユニークな食品も作り出すことができるという。

Mushlabsの生産プロセスでは、菌糸体が最終的に収穫されるバイオマスの「種」となる。バイオリアクターの中で、菌糸体が栄養を吸収し、成長して、タンパク質と食物繊維が豊富なバイオマスになる。収穫されるバイオマスはさまざまな製品の主原料として活用される

海外メディアの報道によると、Mushlabsはこの1年で菌糸体の成長期間を数日に短縮できたという。その速さは大豆の約25倍で、畜産肉はもちろん、植物肉と比べ、製造期間が短いことが特徴といえる。

菌糸体が置かれる環境や成長パラメーターを微調整することで、風味、食感などの特性を変えることもできる。将来的には、異なる要件に応じてカスタマイズされた生の原料も生産できるようになるという。

工業規模のスケールアップはほぼ完了

出典:Mushlabs

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Mushlabs

 

関連記事

  1. 培養シーフードのAvantが約14億円を調達、来年パイロット工場…
  2. 卵黄・卵白に分かれた植物ベースの全卵を開発するFloat Foo…
  3. じゃがいもを原料に代替チーズソースを開発したLoca Foodと…
  4. All G Foodsが約34億円を調達、細胞農業に特化したVC…
  5. シェイクシャックが初のヴィーガン(ビーガン)バーガーをロンドンで…
  6. 二酸化炭素、水素、微生物からタンパク質を作る米NovoNutri…
  7. 培養肉のコスト削減を目指すProfuse Technologyが…
  8. ビールの醸造で発生する廃棄大麦をアップサイクルするReGrain…

おすすめ記事

オランダのビーガンシーフードスタートアップMonkeys by the Seaが約5700万円を調達、ビーガンツナなどの販売へ

オランダのビーガンシーフード企業であるMonkeys by the Seaが、プ…

細胞シート工学で培養肉を開発するEvolved Meatsが約2.7億円を調達

細胞シート工学を活用した培養肉開発を進めるカナダ企業Evolved Meats(…

培養油脂のPeace of Meatと英ENOUGH、マイコプロテインを使った培養ハイブリッド肉の開発で提携

イスラエルの培養肉企業MeaTechは19日、傘下の培養油脂を開発するベルギーの…

Avant Meatsがシンガポールに新しい研究施設・パイロット工場建設を発表

シンガポールにおけるフードテックが加熱している。シンガポールは昨年12月…

中国初の菌糸体タンパク質スタートアップ70/30、今年後半に全国販売へ

世界的にバイオマス発酵、精密発酵による代替タンパク質の開発が進む中、中国でも最初…

オレオゲルで植物肉用の代替脂肪を開発するParagon Pureが約5.5億円を調達

アメリカ、ニュージャージー州を拠点とするParagon Pureは植物肉の味・風…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(11/30 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/30 16:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP