代替プロテイン

代替マグロの米Kuleanaが販路拡大、オンラインストアでの販売を開始

 

サンフランシスコを拠点に代替マグロを開発するKuleanaの製品が、オンラインでも購入できるようになった。

これまでKuleanaの代替マグロはアメリカの一部のレストラン、小売で販売されていたが、アメリカのビーガン専門オンラインストアGTFO It’s Veganでの販売をスタートする。

100%ビーガンな代替マグロを開発するKuleana

出典:Kuleana

Kuleanaは藻類、大根、麹、えんどう豆などを原料に、100%ビーガンな代替マグロを開発するアメリカ企業。

寿司のネタとされる太平洋クロマグロは絶滅危惧種とされていたが、今年のレッドリスト最新版で「準絶滅危惧種」に引き下げられた。持続可能な漁業の取り組みの成果といえるが、「国際自然保護連合」(IUCN)によると、クロマグロの「深刻な資源枯渇の状況は続いている」。

Kuleanaのように魚を使わない代替魚は、限られた海洋資源の保護につながるだけでなく、水銀汚染、プラスチック汚染、混獲、燃料による温室効果ガス排出など、漁業を取り巻く多くの課題を回避できるため、参入するスタートアップ企業が急増している。

出典:Kuleana

Kuleanaが2年かけて開発した代替マグロは、味、食感、口当たりで妥協せず、オメガ-3 DHA、鉄、ビタミンB12など栄養素を豊富に含んでいる。

代替マグロは同社の最初の製品となり、ロサンゼルスのスーパーマーケット、アメリカにあるファーストレストランPoké Bar、寿司レストランBlue Sushi Sake Grill、そして今回追加されたオンラインストアGTFO It’s Veganで販売されている。

「私たちは環境に影響を及ぼすことのない、次世代シーフードを提供しています」(共同創業者兼CEOのJacek Prus氏)

Kuleanaの代替マグロは魚資源の保護になるだけでなく、冷蔵で7日間、冷凍で12ヵ月保管でき、食品廃棄物の削減にも役立つ。同社は「環境と倫理に影響を与えない次世代シーフードを提供する」という使命のもと、Y-Combinatorなどから支援を受けて2019年に設立された。

Kuleanaは、今年のTIME誌が選ぶ「100 Best Inventions of 2021(ベスト発明100社)」に代替ハチミツのMeliBio、培養肉のUpside Foodsと共に選出された。

高まる代替シーフードへの投資

出典:GFI

植物ベース、細胞ベース、発酵ベースの代替品を開発する代替シーフード企業は、2021年上半期の時点で1億1,600万ドル(約132億円)を調達した。

これは2020年の合計額をさらに2600万ドル(約29億円)上回る額となり、今年上半期の投資額が前年を超えた。

代替シーフードを開発する企業の中には、Kuleanaのように寿司にできる切り身を開発するプレーヤーが増えている

細胞培養のサーモンを開発する米WildType、微生物発酵でマグロやホタテ、白見魚を開発するAqua Cultured Foods、マグロ・うなぎを開発するOcean Hugger Foods、培養魚・植物魚を両方手掛けるFinless Foodsなどが登場している。

Kuleanaは今回オンラインストアでの販路を獲得したことで、代替刺身を開発する上記企業より市場参入では先行するが、代替シーフード市場の競争が激化するのは間違いない。

 

参考記事

Kuleana Plant-Based Tuna Now Available at GTFO It’s Vegan

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Kuleana

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 米MycoTechnologyが約105億円を調達、菌糸体発酵プ…
  2. ネクストミーツが代替肉でアメリカ市場に本格進出、代替ミルクの国内…
  3. 独自ヘムを開発する豪代替肉v2foodが約58億円を調達、中国・…
  4. ネスレがFuture Meatと協業して培養肉参入に向けて準備
  5. Big Idea Venturesの第3コホートに参加する15社…
  6. 微生物、空気、電気を使ってタンパク質を開発するSolar Foo…
  7. UPSIDE Foodsが培養シーフード企業Cultured D…
  8. 肉屋出身者が立ち上げたIvy Farm|2023年までに英国で培…

おすすめ記事

Moleyが自動調理ロボット「モーレイ・ロボット・キッチン」の販売を開始

調理ロボットを製造するイギリスのモーレイロボティックス(Moley Roboti…

アイルランド企業Evoccoは食料品レシートから気候変動への影響を可視化するアプリを開発

気候変動に対する問題意識はあっても、普段の生活で自分の行動が気候変動にどのような…

Better Dairyはアニマルフリーチーズの最前線で約25.8億円を調達

イギリスのフードテックBetter DairyがシリーズAラウンドで2,200万…

3Dプリンター肉のSavorEatが代替卵に特化したスタートアップEgg’n’upを設立

3Dプリンター肉を開発するイスラエル企業SavorEatが、代替卵に特化した新し…

植物の葉から食用タンパク質を開発するLeaft Foodsが約19億円を調達

代替タンパク質の原料は細胞培養、微生物発酵から、えんどう豆、大豆、オーツ麦など植…

藻類を活用した代替タンパク質製品を開発するAlgama Foodsが約2.6億円を獲得、ビーガンシーフード分野へ注力

藻類や微細藻類の力を利用して代替タンパク質製品を開発するフランスのAlgama …

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 18:01時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/22 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP