Foovo Deep

イスラエルの精密発酵企業Imagindairyが米国でGRAS自己認証を取得、乳製品では3社目

 

イスラエルの精密発酵企業Imagindairyがアメリカ食品医薬品局(FDA)の要求事項に準拠してGRAS自己認証を取得したことを発表した。

乳製品分野では米パーフェクトデイ、イスラエルのRemilkに続く3社目となった。VegnocomistGreen queenなどが報じた。

ImagindairyのGRAS自己認証の取得は、今年5月のダノンによる出資に続くニュースとなる。

イスラエルのImagindairyが米国でGRAS自己認証を取得

出典:Imagindairy

GRASとは、Generally Recognized As Safe(一般に安全とみなされている)の略語で、米国における食品安全に関する独自の認証制度をさす。

製造業者がアメリカで食品素材を販売するには、まずGRAS自己認証を行う必要がある。

製造業者によるGRAS物質のFDAへの通知は自主的なものとなるが、GRASに該当する物質がFDAへ通知され、FDAが異議を申し立てない場合、通知した物質はGRAS物質として「GRAS Notice Inventory」に掲載される

GRAS自己認証の取得は、Imagindairyの精密発酵由来乳タンパク質が食品や飲料に使用しても安全であると考えられること、同社乳タンパク質をアイスクリームなどの代替乳製品に使用し、販売できることを意味する。

乳タンパク質の詳細は明らかにされていないが、カゼインで認可を取得した企業はまだないため、ホエイタンパク質である可能性が高い。

Imagindairyの共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のEyal Afergan氏は、「これにより、アメリカの食品・飲料会社と協力して、定番の乳製品のアニマルフリーバージョンを開発できるようになります。大衆市場での導入を拡大するという当社の大きな使命達成に向けた大きな前進です」と述べている。

長期戦略は欧州進出か

出典:Imagindairy

Imagindairyはイスラエル、ハイファ近郊に新しい本社を開設したことも発表した。

この施設には原料ソリューションの研究開発のための最先端の実験室と、試食のためのテストキッチンが備えられている。さらに、大規模な発酵プロセスを試験、実行するためのパイロットラインも含まれているという。

Vegnocomistによると、同社はアメリカ市場とは別に、2023年中にイスラエルでの小売進出も狙っており、Remilkに続き、イスラエルで認可を取る可能性は高い。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Imagindairy

 

関連記事

  1. 中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植…
  2. スピルリナ由来の代替肉、スナックバーを開発するインド企業Naka…
  3. 世界初!動物肉を使わないバーガーキングの店舗がドイツにこの夏オー…
  4. 高級培養肉を開発するOrbillion Bioが約5億4000万…
  5. 【世界初】米The Every Companyがアニマルフリーな…
  6. 米Matrix F.T.が独自マイクロキャリアで作成した培養鶏肉…
  7. Motif FoodWorksがスケールアップを支援する新サービ…
  8. 培養肉スーパーミートと欧州大手養鶏企業PHW、培養肉の欧州導入で…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

培養母乳を開発するイスラエル企業Bio Milk、2022年にサンプルを発表予定

1Lの牛乳を生産するには900Lの水が必要とされ、牛乳を生産するために地球のかな…

微生物でタンパク質を作るNature’s Fyndが約46億円を資金調達、2021年に製品化へ

このニュースのポイント●Nature’s Fyn…

培養魚のWanda Fishがタフツ大学と独占的ライセンス契約を締結

イスラエルの培養魚スタートアップWanda Fishは、培養魚の開発でタフツ大学…

英Jack & Bryがジャックフルーツを使った代替切り身魚を発表

イギリスを拠点とするスタートアップJack & Bryは今月、ジャックフ…

米Nepra Foods、製パン用の代替卵白粉末の商用生産を開始

コロラドを拠点とするNepra Foodsは、製パン卸売業者向けの独自の代替卵白…

じゃがいもを原料に代替チーズソースを開発したLoca Foodとは

現在、プラントベースの代替チーズの原料は、カシュー、アーモンド、ココナッツ、大豆…

Foovoの記事作成方針に関しまして

培養魚企業レポート・予約注文開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(02/20 11:39時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/20 20:45時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/21 00:11時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/20 17:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/20 10:22時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(02/20 20:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP