代替プロテイン

大手プロテインブランドMyproteinが精密発酵タンパク質を使用した新製品を発売

 

アメリカで精密発酵で開発されたタンパク質の市場投入が加速している。

精密発酵により動物に依存せずに乳タンパク質を開発するパーフェクトデイは先月、世界最大のオンラインスポーツ栄養ブランドのMyprotein(マイプロテイン)とアニマフリーな乳タンパク質を使ったプロテイン製品「Whey Forward」の開発で提携した

これは6月に発表された、大手食品会社マースによる同乳タンパク質を使ったビーガンチョコレート製品発売に続くニュースとなる。

大手プロテインブランドMyproteinが精密発酵タンパク質を採用

出典:MyProtein

Whey Forward」は、パーフェクトデイが精密発酵により開発したホエイタンパク質を使用しており、二社の最初の共同ブランド製品となる。

遺伝子組換えした糸状菌Trichoderma reeseiを使って生成されるホエイタンパク質は、牛由来のタンパク質と完全に同等であり、Myproteinの受賞歴のある「Impact Whey」に必要な栄養を満たすものとなる。

精密発酵由来のタンパク質は従来のタンパク質の栄養、味、食感を損なうことなく、環境負荷の大幅な削減を可能とする。パーフェクトデイによると、従来の製造方法よりも水使用量を最大99%、温室効果ガス排出量を97%削減できるという。

広大な土地や飼料、水を必要とし、感染症や異常気象など突発事象の影響を受ける既存の生産システムと違い、精密発酵由来のタンパク質は施設内で年間を通じた生産が可能であるため、環境負荷を抑えつつ安定した供給が可能となる。

「Whey Forward」はミントチョコレート、塩キャラメル、チョコレートブラウニーの3つの味でオンライン販売されている。1回タイプ(4.99ドル)から20回分(39.99ドル)までサイズを選ぶことができる。7月の発売から1ヶ月足らずで100近くのレビューがついており、高評価が多い

イスラエルでも精密発酵タンパク質の上市迫る

出典:パーフェクトデイ

パーフェクトデイは世界で最初に精密発酵由来のタンパク質を発売した企業であり、2020年にFDAの認可を取得後、これまでにアメリカ、香港、シンガポールに展開している

子会社The Urgent Companyがブランド展開を担当し、アイスクリーム、クリームチーズ、牛乳、スポーツ用プロテイン、パンケーキミックスなどさまざまな製品に同社タンパク質が使用されている。

昨年のオバマ元アメリカ大統領の60歳の誕生パーティーでは、さまざまな代替タンパク質製品を使ったメニューが用意されたが、その中にはパーフェクトデイの製品も含まれていた

昨年のシアトルのスターバックスでの試験導入に続き、今年はマースなど大手メーカーとの提携のほか、Tomorrow Farms、Strive Nutritionなどスタートアップ企業との提携も実現している。

精密発酵タンパク質の上市ではパーフェクトデイが先行するが、卵白を開発したThe Every Companyの販売に続き、6月にはイスラエルのRemilkがアメリカで認可を取得するなど、今後さらなる市場投入が予測される。

現時点で流通はアメリカ、香港、シンガポールに限られるが、Remilkはアメリカ・イスラエルでの上市を予定しており、年内または来年にはイスラエルでも精密発酵食品の上市が予想される。

ステビア甘味料で示された精密発酵の圧倒的な持続可能性

出典:イングレディオン

イングレディオンは最近、天然による大量生産が難しいとされるステビア甘味料のRed Mについて、葉抽出、生物変換、精密発酵の3つの製造方法について持続可能性を比較した

これは初期調査となり、最終的な結果は秋に発表される予定だが、精密発酵由来のRed Mが土地利用、水使用、気候変動、エネルギー需要の4つの指標において最も持続可能であることが示されている。

カーギルとDSMが設立した合弁会社Avansyaは2019年、精密発酵でRed M、Red Dを生産するアメリカ初の商用規模の生産施設をネブラスカ州ブレアに開設している。このRed M、Red DはAvansyaのブランドEversweetとして販売されている。これまでにアメリカ、欧州、メキシコ、カナダ、アジアの国で認可されている

8年で22倍の成長が見込まれる精密発酵市場

出典:パーフェクトデイ

精密発酵の食品への普及は、上記のように甘味料や酵素が先行している。代表例はチーズ製造で使用されるキモシンだが、昨今は、乳製品、卵白、ハチミツ、植物肉に使用されるヘムなど身近な食品にも普及が進んでいる。

MarketsandMarketsによると、精密発酵市場は2022年の16億ドルから2030年には363億ドルに達すると予想される。

原料の置き換えによりさまざまな食品に浸透していく特徴ゆえに、影響は広範囲で、置き換えは目立たない形で進行していく。国内では諸外国に比較して環境意識の低さ、ビーガン人口の少なさが、代替タンパク質普及を阻む障壁の1つとされる。

法整備の遅れも、企業が積極的な投資をしにくい状況を生んでいると考えられるが、環境負荷を軽減した食料生産、食料自給率の改善、国内産業力の強化のために国・企業ともに注視していくべき分野だといえる。

 

参考記事

Myprotein Continues Innovating With New Animal-Free Whey Protein Powder in Partnership With Perfect Day: Whey Forward

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:パーフェクトデイ

 

関連記事

  1. 独自ヘムを開発する豪代替肉v2foodが約58億円を調達、中国・…
  2. タイソンフーズが出資するFuture Meatが培養鶏肉のコスト…
  3. 動物を殺さずに動物性脂肪を開発する英Hoxton Farmsが約…
  4. 2021年の代替タンパク質投資額は50億ドルとGFIが報告、20…
  5. ビヨンドミートの新商品ソーセージ、10月から全米の食料品店で販売…
  6. 廃棄大麦から代替タンパク質を開発するEverGrain|世界最大…
  7. 牛に頼らず酵母で乳タンパク質を再現するフランス企業Bon Viv…
  8. 細胞由来のウナギ、マグロ、タイを開発するUmami Meatsが…

おすすめ記事

ミシュラン星付きシェフと再生医療研究者が立ち上げた培養肉企業ダイバースファームが目指すもの

ミシュラン星付きシェフと再生医療の研究者が立ち上げた異色の培養肉企業ダイバースフ…

培養魚を開発するAvant MeatsがシンガポールのA*STARと提携、共同研究所の設立を発表

培養魚を開発する香港のAvant Meatsが、シンガポール科学技術研究庁(A*…

韓国企業Zikooinは廃棄される穀物を使って代替肉Unlimeatを開発

韓国のスタートアップ企業Zikooinは、ユニークな方法で代替牛肉Unlimea…

幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円を調達

植物性の代替肉を開発するHungry PlanetがシリーズAラウンドで2500…

アレフ・ファームズがアジアへの培養肉導入加速に向けてタイ・ユニオン、CJ第一製糖と提携

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズが、アジアの食品大手2社と基本合意書(M…

ユニリーバ、植物性の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を約1200億円に

このニュースのポイント●ユニリーバが植物由来食品…

精密発酵レポート販売のお知らせ

代替脂肪セミナー開催のお知らせ

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(09/30 19:31時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(09/30 13:11時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(10/01 05:30時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(09/30 15:33時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP