Foovo Deep

ADMが精密発酵スタートアップNew Cultureと戦略的パートナーシップを締結、スケールアップを支援

 

精密発酵により持続可能なチーズを開発する米New Cultureは17日、代替乳製品の開発と商用化を加速するために、シカゴを拠点とする穀物加工大手のアーチャー・ダニエルズ・ミッドランド(ADM)と戦略的パートナーシップを締結したことを発表した。

ADMが精密発酵企業New Cultureのスケールアップを支援

出典:New Culture

二社の提携により、New Cultureの精密発酵由来の成分を活用した商品の共同開発が可能になる。New Cultureはアニマルフリーなカゼインの使用を幅広い代替乳製品に拡大する際に、ADMが有する持続可能な植物由来の成分やフレーバーを使用することができる。

提携には、New Cultureの精密発酵由来カゼインとこれを使用した乳製品のスケールアップを促進するための協業も含まれる。

ADMは、2023年のピザレストランを皮切りに、アメリカの外食サービスでNew Cultureのモッツアレラチーズの商用化に向けた取り組みを加速させる。商用展開の拡大に伴い、New Cultureは精密発酵由来チーズに対する需要を満たすために、ADMの発酵・乳製品における生産能力を活用することが可能となる。

後述する動きも含め、この提携は、ADMが代替タンパク質のスケールアップ支援において、業界でイニシアティブを取ろうとしている姿勢を表している。

植物チーズで埋められないギャップを狙うNew Culture

出典:New Culture

New Cultureは精密発酵により、味、食感、機能、栄養面で牛由来のものと区別できない乳製品を開発している。

精密発酵はプログラムされた微生物を生産工場として、微生物に目的となるタンパク質を生産させる手法をいう。チーズの製造現場では30年前に導入された技術であり、新しいものではない。

New Cultureはカゼインを作る遺伝子を挿入した微生物を使い、牛に頼ることなくカゼインを生産している。

アメリカ市場だけでも乳製品市場は700億ドル規模となり、この約30%がチーズ由来だという。植物由来の代替チーズの普及も進んでいるが、味と性能のギャップにより、「アニマルフリーなチーズは一般の人々にほとんど浸透していない」と同社は指摘する。

New Cultureが狙うのはまさにこのギャップだ。

New Cultureにとって今回の発表は、昨年11月のシリーズAラウンドにおける約28億円の資金調達に続くニュースとなる。このラウンドにはADMの投資部門であるADMベンチャーズが参加していた。

代替タンパク質に本腰を入れる食品大手ADM

出典:New Culture

代替タンパク質のパイオニアであり、世界の発酵業界をリードするADMは、New Cultureとの提携のほかにも、代替タンパク質におけるスケールアップ支援の動きを強化している。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:New Culture

 

関連記事

  1. ネスレがマレーシアに植物肉工場を建設&乳製品フリー「ミロ」を発売…
  2. 世界初!シンガポールOsomeFoodが開発したマイコプロテイン…
  3. フランスのYnsectは昆虫由来のバーガー、ナゲットの販売を目指…
  4. 代替卵イート・ジャストが欧州進出へ向けて加速、EUの承認待ち
  5. 食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMyc…
  6. ビヨンドミートが日本市場進出へ|U.S.M.Hと独占販売契約を締…
  7. 韓国政府、2022年の国家計画に培養肉のガイドラインを追加
  8. 代替肉の「テスラ」を目指す上海の代替肉企業YouKuaiが約7.…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

精密発酵スタートアップ9社が精密発酵組合を設立

精密発酵企業9社が今月、精密発酵組合(Precision Fermentatio…

微生物で世界に挑戦|合成生物学の世界大会iGEM参加のため、東大チームが1000万円の寄付募集を目指す

本来持っていない機能を生物に加え、新たな機能を持つ生物を作り出す合成生物学は現在…

酵母由来の代替パーム油で2023年上市を目指す英Clean Food Group

イギリスを拠点とするClean Food Groupは、パーム油に代わる酵母由来…

代替肉はなぜ必要なのか?代替肉の必要性、分類、現状をわかりやすく解説

ベジタリアン、ヴィーガンでないなら代替肉は必要ないのでは? 日本は…

CO2を原料にタンパク質開発する米NovoNutrients、カロテノイド生産のスケールアップへ

二酸化炭素、水素、微生物を活用して持続可能なタンパク質を開発する米NovoNut…

中国初の菌糸体タンパク質スタートアップ70/30、今年後半に全国販売へ

世界的にバイオマス発酵、精密発酵による代替タンパク質の開発が進む中、中国でも最初…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/19 13:05時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/19 22:32時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/20 02:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/19 18:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/20 11:33時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/19 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP