Foovo Deep

スターバックスがパーフェクトデイの代替ミルクを試験導入

 

スターバックスが、アニマルフリーな乳製品を開発するパーフェクトデイの代替ミルクを期間限定で試験導入することを発表した。

シアトルにある2店舗で、パーフェクトデイの代替ミルクがホットドリンク、アイスドリンクに期間限定で使用される。

スターバックスがアメリカの店舗で非動物性ミルクを導入したのは1997年の豆乳が最初となる。次いで2015年にココナッツミルク、2016年にアーモンドミルクを導入、今年3月にはオータリーのオーツミルクを導入した。

今秋に上海にオープンした環境配慮型店舗「Greener Store」ではオーツミルクを既存メニューにしているほか、チリでは同国の代表的フードテック企業NotCoの植物ベースの代替肉、代替ミルクを導入するなど、同社は動物由来成分の使用を減らす動きに力をいれている。今回の試験導入が功を奏せば、5番目のアニマルフリーミルクとしてパーフェクトデイの代替ミルクが本導入される可能性がある。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

  1. 培養肉企業アレフ・ファームズが約116億円を調達、2022年に最…
  2. BlueNaluがアジアへの培養魚販売に向けて三菱商事、タイ・ユ…
  3. Sophie’s BioNutrientsが微細藻類を活用したチ…
  4. Remilkがカナダで精密発酵乳タンパク質の認可を取得
  5. じゃがいもを原料に代替チーズソースを開発したLoca Foodと…
  6. 代替マグロ開発中の米フードテックKuleana、年内に全米へ代替…
  7. 香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸
  8. リング型カクテルメーカーBarsys 360|自宅のミクソロジー…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉の市販化を目指す

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが初となるシードラウンドで210万スイス…

アレフ・ファームズ、タイ初の培養肉工場建設でBBGI、Fermbox Bioと提携|慎重なスケールアップ戦略で持続可能な市場進出へ

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズは先月、タイに培養肉工場を建設することを…

日立造船とNUProtein、成長因子生産に必要な原料の自動製造装置を開発

日立造船はスタートアップ企業NUProteinと共同で、培養肉製造に必要な成長因…

米Ovieが開発した冷蔵庫の食品を簡単に追跡できるスマートタグLightTags

食べ残しの料理や、蓋を開けたジャムなど「まだ食べられる」と思って冷蔵庫に保存した…

イスラエル農務省が設立した培養ティラピアを開発する培養魚企業E-FISHient

イスラエルで新たに培養シーフード企業E-FISHientが設立された。イ…

MeaTech、3Dプリンターによる培養シーフードの開発でUmami Meatsと協業

バイオ3Dプリンターで培養肉を開発するイスラエルのMeaTechは、3Dプリンタ…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/18 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/18 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP