代替プロテイン

精密発酵レポート好評販売中(2大特典付き)

 

本記事で紹介のレポートは2022年発行の旧レポートとなります。最新版の2023年度版はすでに販売を開始しております(2023年7月)。

詳細はこちらをご覧ください▼

【2023年度版】精密発酵レポート好評販売中

 

精密発酵レポートの概要

精密発酵タンパク質に関して下記をまとめた完全版レポート(157ぺージ)となります。

  • 企業情報54社(取り組み/微生物株/提携状況/上市関連/資金調達/特許/工場など)
  • 技術の概要と歴史、今後の市場予想など精密発酵に関する全般

 

動きの早い精密発酵タンパク質について、海外企業の情報をまとめて把握できる日本初のレポートとなります。

年1回の更新を予定しており、ご購入された方には更新版も追加費用なくご提供する予定です。

企業ページのイメージ

 

※本レポートで取り上げる企業はほぼスタートアップ企業のため、開発ステージによって、情報が少ない企業もあります。上記項目につき、調査で確認できたものを記載します。

精密発酵レポートの目次

目次

第1部:精密発酵の概要(p1~p40)

1.精密発酵の概要
2.精密発酵の歴史
3.精密発酵による諸産業への影響
4.精密発酵の生産コストの推移
5.精密発酵の食品市場への普及予測(導入分析)
6.精密発酵の食品市場への普及(現在地)
7.精密発酵の食品市場への普及予測(海外と国内)
8.国内の規制
9.国別の動向
10.精密発酵の課題「スケールアップ」と支援の動き

第2部:世界の精密発酵企業(p41~157)

1.国別企業数
2.設立年別の企業数の推移
3.乳製品(25社)
4.卵白(3社)
5.油脂(7社)
6.ヘム(4社)
7.着色料(4社)
8.コラーゲン/ゼラチン(3社)
9.その他(8社:ペットフード/チョコレート/ハチミツなど)

 

2大購入特典

これまでの下記特典①②(グレー部分)は次回発行分(2024年度)をもって終了とさせていただきます(2024年5月追記)。

ご購入いただいた方・法人会員の方へは、次回まで

・特典①2024年版の本体レポート(秋~冬に発行予定)

・特典②その後半年間のアップデートレポート(2025年春~夏に発行予定)

この2点を無料提供させていただきます。2025年以降は無料提供を終了させていただきます。これから新規で購入される方も同様です。

 

特典① 年1回更新版(7月頃)を追加費用なくご提供

精密発酵企業は今後も増加が予想されます。また、急速に市場投入が進んでいるため、情報のキャッチアップが必要です。

そこで、ご購入いただいた企業様には、年1回、更新版(7月頃)を追加費用なくご提供します。

 

特典② 年1回、半年間のアップデートレポートをご提供

レポートは毎年更新版をご提供しますが、1年後を待たずに海外の動向をよりタイムリーに把握できるように、半年間の動向をまとめたアップデートレポートをご提供します。

こちらはレポート本体と比べ、10ページ未満のシンプルなものとなる予定です。2022年度は、2022年8月~2023年1月までの半年の動きをまとめたものを提供しております(2023年2月15日に発行済み/全28ページ)。

2023年2月 特典②のレポート(表紙)

この期間中に確認された動きだけにフォーカスして、該当企業と該当国だけの動きをまとめるレポートとなりますので、レポート購入後にどのような動きがあったかを把握するのに便利です。

特典②は予約注文開始の時点では予定しておりませんでしたが、これまでに精密発酵レポートをご購入いただいたすべての企業様にご提供します。

 

※健康面・運営面の事情により、特典のご提供を継続できなくなる可能性も考えられます。その場合は、早期にお知らせします。

販売価格

2023年度の最新版の予約注文を開始したため、下記ページよりご確認ください。

【2023年度版】精密発酵レポート予約注文開始のお知らせ

 

お申込み方法

下記メールアドレスまでご連絡ください。

所属企業・団体のドメインでのメールアドレスでご連絡ください(Gmailなどはご遠慮ください)。

contact@foovo.co.jp

 

ご連絡の際は、請求書をPDF、原本どちらで必要かもご記載ください

クレジットカード決済も可能です。ご希望の方はメールでお知らせください。

1営業日以内に請求書、レポートをPDFでご納品します(長期休暇中は納品が遅れる旨、別途ご連絡します)。

※コンサルティング・調査会社の方への販売は控えさせていただいております。あらかじめご了承ください。

 

レポート購入を検討されている方への注意事項

法人会員に申し込まれると、1団体10名まで有料記事を読めるアカウント・セミナーチケット発行に加え、Foovoがこれまでに発行したレポートをすべてご利用できてお得です。

法人会員についてはこちらをご参照ください。

本レポート購入後に法人会員へお申込みいただいた場合、レポート価格分の割引は適用されませんので、あらかじめご了承ください

 

想定される質問

共有範囲や人数に制限はありますか?

1法人1事業所内であれば、人数に制限なく共有いただけます。
具体的には、経済活動が単一の経営主体のもと行われており、一区画を占める場所で行われている場合を「1事業所」とみなしております。

たとえば、部門が異なるものの同じフロアで勤務されている場合は1事業所とみなしますが、部門もフロアも異なる場合は、別事業所とみなします。

 

転載・引用ポリシーはありますか?

レポートの転載・引用は、原則として購入者(または実質的な利用者)が社内で使用する場合に限り可能としております。

社外向けの出版物等へ転載・引用する場合は、弊社に事前に申請いただいた上で、弊社が承諾した場合に限らせていただいております(事前に掲載内容について弊社が確認をさせていただきます)。

転載・引用にあたっては、Foovoの名称と出典元となる本レポート名(精密発酵完全版レポート)の明記をお願いします。

ご連絡はcontact@foovo.co.jpまでお願いします。

 

 

関連記事

  1. 米Puretureが植物性の代替カゼインの開発を発表
  2. ビヨンドミートが新しいビヨンドバーガーを5月に全米小売で発売
  3. イスラエルのFuture Meatが培養肉の生産コスト削減に再び…
  4. Umami BioworksとCell AgriTech、東南ア…
  5. 中国の培養肉企業Jimi Biotechnologyが100%培…
  6. フードテックで注目|精密発酵セミナー開催のお知らせ
  7. 【現地レポ】シンガポール展示会(Agri-Food Tech E…
  8. 安価な成長因子を開発するカナダのFuture Fieldsが約2…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

ドイツ発のAitmeはキオスク型自律調理ロボットを開発

ベルリンを拠点とするスタートアップ企業Aitmeは完全自律型のロボットレストラン…

メタン生成を阻害する飼料を精密発酵で開発するNumber 8 Bioが約1.7億円を調達

牛など反芻動物の胃は、食べた植物、特にセルロースを分解する過程でメタンを生成する…

培養肉用の食用足場を開発する米Matrix Meatsがシードラウンドで資金調達を実施

このニュースのポイント●米国Matrix Mea…

シンガポールのtHEMEat、卵殻や廃棄野菜から植物性ヘムを開発

シンガポールのスタートアップ企業tHEMEatは、代替肉を本物の動物肉に近づける…

米ビール大手のモルソン・クアーズが植物性ミルク市場へ進出

アメリカ大手のビール会社であるモルソン・クアーズ(Molson Coors)は、…

ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテックバレーを設置

フードテックに国をあげて力を入れている代表例はシンガポールだが、今後はこのリスト…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/14 13:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/14 22:28時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/15 02:14時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/14 18:57時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/14 11:31時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/14 21:54時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP