Foovo Deep

チョコレート大手のマース、精密発酵由来の乳タンパク質を使ったチョコレート製品を発売

 

米チョコレート大手のマースは16日、精密発酵で開発されたアニマルフリーな乳タンパク質を使ったビーガンチョコレートバー「CO2COA」を発売した

マースはスニッカーズ、M&M’sなど著名なチョコレート菓子製品に加え、近年さまざまなビーガンチョコレートバーを販売してきた。同社が精密発酵由来のタンパク質を採用するのはこれが初となる。

チョコレート大手のマース、アニマルフリーな乳タンパク質を導入

出典:CO2COA

マースは米パーフェクトデイと提携し、初の試みとして非動物由来の乳タンパク質を使用した製品を発売した。

パーフェクトデイは、代替タンパク質では新たなカテゴリとされる「精密発酵」の代表的プレーヤーで、世界で最初に動物に頼らずに乳タンパク質を開発、商品化した。牛の乳タンパク質を生産するDNAを組み込まれた微生物を使用して、動物を使わずに発酵により分子的に同等な乳タンパク質を生産している。

同社のライフサイクルアセスメントによると、精密発酵由来の乳タンパク質は牛乳と比べ、温室効果ガス排出量を85-97%、水消費量を96-99%、エネルギー消費量を最大60%削減できることがわかっている。

出典:betterland foods

ドイツのQOAも精密発酵によるチョコレートを開発しているが、QOAはカカオの労働・生産に伴う問題解決を目指して代替カカオを開発している。今回の発表は、米Betterland foodsがパーフェクトデイの乳タンパク質を使ったチョコレートバー発売に続くニュースとなる。

CO2COA」は今月16日からオンラインストアで販売されているが、在庫に限りのある期間限定販売となる。これはマースが本格導入に先立ち、テスト販売することで消費者の受容や反応をテストしていると考えられる。

同様の試みとして、スターバックスは昨年、パーフェクトデイの乳製品を一部店舗で期間限定で導入した。消費者の反応が肯定的であれば、マースが最初にアニマルフリーな乳タンパク質を本格導入する大手チョコレート会社となる可能性がある。

パートナーシップ・買収の拡大、工場建設、海外工場の調達

Ryan Pandya氏(左)とPerumal Gandhi氏(右)  出典:パーフェクトデイ

2014年にRyan Pandya氏Perumal Gandhi氏によって設立されたパーフェクトデイは、精密発酵タンパク質の代表的な企業として知られる。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Mars

 

関連記事

  1. 味の素がイスラエルの培養肉企業スーパーミートに出資、培養肉の商用…
  2. ほうれん草の葉を使った培養肉用の新しい食用足場|ボストンカレッジ…
  3. 大豆を使ってチーズを開発するNobell Foodsが約82億円…
  4. マクドナルドが植物肉バーガー「マックプラント」の試験販売をスウェ…
  5. 培養肉用の安価な足場を開発するGelatexが約1.3億のシード…
  6. Better Juiceの砂糖削減技術を使用したフルーツジュース…
  7. 3Dプリンター製サーモンを開発するRevo Foodsが約1億9…
  8. インドNymbleの料理ロボットJulia(ジュリア)がSKS2…

おすすめ記事

シンガポールの代替肉企業Next Genがシードで約10億円を調達、3月にシンガポールで発売へ

シンガポールを拠点に代替鶏肉を開発するNext Genはシードラウンドで1000…

ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテックバレーを設置

フードテックに国をあげて力を入れている代表例はシンガポールだが、今後はこのリスト…

オーストラリアのVow、南半球最大の培養肉工場をオープン

オーストラリアの培養肉スタートアップVowは、年間30トンの培養肉を生産できる同…

オーストラリア政府がChange Foodsに約1.2億円の助成金を授与、官民連携で精密発酵タンパク質の開発を強化

精密発酵によりチーズを開発するChange Foodsはオーストラリア政府から1…

チリのユニコーン企業NotCoが約259億円を調達、アメリカに続き欧州・アジアを目指す

代替ミルクなどプラントベース食品を開発するチリのユニコーン企業NotCoがシリー…

菌糸体ステーキ肉の開発に挑むスペイン企業Libre Foods

日本では大豆ミート、ソイミートという言葉が浸透しているが、海外では代替肉の原料=…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(11/30 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/30 16:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP