Foovo Deep

米Plantible Foodsがウキクサ由来の植物性代替卵を発表

 

ウキクサから高機能タンパク質を抽出する米スタートアップPlantible Foodsは、最初の製品「Rubi Whisk」を発表した。「Rubi Whisk」は製菓子、パスタなどに使用できる植物性の代替卵成分となる。

ウキクサ由来の代替卵成分

出典:Plantible Foods

ウキクサは成長の早い水生植物で、最も持続可能で栄養価の高い植物の1つだと言われている。Plantibleによると、ウキクサの栽培に必要な水は大豆の10分の1ですみ、耕作地は必要ない。48~72時間毎に質量は2倍になり、森林よりも二酸化炭素を10倍吸収すると言われている

Plantibleはウキクサの葉を収穫し、同社が「Rubi Protein」と呼ぶルビスコを抽出して、食品や飲料における課題を解決する高機能で栄養価の高いタンパク質を生成している。

出典:Plantible Foods

ルビスコはあらゆる葉物野菜に含まれる光合成に関与するタンパク質だ。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Plantible Foods

 

関連記事

  1. 代替油脂のパイオニアCUBIQ Foodsが約7.8億円を調達、…
  2. 動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万…
  3. フードテックの祭典Smart Kitchen Summit 20…
  4. ネクストミーツが代替肉でアメリカ市場に本格進出、代替ミルクの国内…
  5. 微生物・空気・電気からタンパク質を生産するソーラーフーズ、年内に…
  6. 代替肉の米インポッシブルフーズが約560億円を調達、調達総額は2…
  7. コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式…
  8. ビヨンドミートが中国ECに初進出、中国市場向けの代替豚肉「ビヨン…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

二酸化炭素、水素、微生物からタンパク質を作る米NovoNutrientsが約5.1億円を調達

工業的に排出された二酸化炭素、水素、微生物を活用して代替タンパク質を開発するNo…

細胞培養でチョコレートを開発するCalifornia Culturedが約4億5000万円を調達

細胞培養によりチョコレートを開発するCalifornia Culturedがシー…

中国Dicosが米イート・ジャストの代替卵をメニューに追加、500店舗以上で販売を開始

↓音声はこちらから↓(登録不要・ワンクリックで聴けます)…

フィンランドの研究チームが細胞培養によるコーヒー生産に成功

フィンランド技術研究センター(VTT)の研究チームは先月、細胞農業によりコーヒー…

Upside Foodsが業界史上最大の約510億円を調達、年内の培養肉市販化を目指してスケールアップを加速

アメリカの培養肉企業Upside Foods(アップサイド・フーズ)がシリーズC…

上海の培養肉企業CellXがパイロット工場を開設、年内に米・シンガポールで申請へ

上海を拠点とする培養肉企業CellXは今月、中国初の大規模なパイロット工場の完成…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,760円(07/19 13:05時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(07/19 22:32時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(07/20 02:17時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(07/19 18:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(07/20 11:33時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(07/19 21:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP