代替プロテイン

ドイツのInnocent Meatが約4.8億円を調達、食肉生産者の培養肉生産を可能にするB2Bソリューション

 

ドイツの培養肉企業Innocent Meatが先月、300万ユーロ(約4億8000万円)の資金調達に成功した

2020年設立のInnocent Meatは、食肉加工業者が培養肉を社内で直接生産することを可能にする「プラグアンドプロデュース・ソリューション」の提供を使命としている。

同社は食肉業者向けの培養肉生産システムだけでなく、細胞の成長と分化に必要な成長因子も自社で分子農業により開発している。

Innocent Meatは新たに調達した資金で、パイロット工場をスケールアップし、販売に向けた認証プロセスを開始する予定だ。

食肉生産者の培養肉生産を可能にするソリューション

出典:Innocent Meat

Innocent Meatが提供するプラグアンドプロデュース・ソリューションには何が含まれるのか。

同ソリューションには、バイオリアクター、培地ろ過システムなどのハードウェア、生産プロセスを管理するAI駆動型ソフトウェア、幹細胞、足場、培地など生産に必要な原料が含まれる。つまり、培養肉製造に必要なハード・ソフト・原料をすべて提供する

クライアントは原料をバイオリアクターに入れ、ソフトで管理することで、自社で培養肉生産が可能となる。これにより、現在の食肉加工業者が自社で培養肉を製造し、直接、ソーセージやパテなどに加工することが可能となる。

バイオリアクターの設置は6㎡というスペースですみ、週に約1トンの培養肉を生産できるという。これは約30頭の豚に相当する量となる。

食肉業者に専門知識がなくても培養肉生産へ移行できるよう、AI駆動型ソフトウェアが細胞の増殖から分化にいたるまで、プロセス全体を自動でモニタリング・制御するという。

プレスリリースによると、灌流培養プロセスではすでにラボスケールを脱却しているという。

Innocent Meatは、農家、食肉生産者、消費者全員にとって「勝ち」となるソリューションを目指しており、農家とは、バイオ原料に必要な原材料の調達・供給でネットワークを構築している

マメ科植物を活用して成長因子を開発

出典:Innocent Meat

Innocent Meatは細胞の成長、維持、分化に必要な成長因子を、マメ科植物を活用した分子農業により開発している

精密発酵ではなく分子農業を活用する理由として、植物の成長・収穫に必要な設備が安価であること、拡張しやすいこと、そして精密発酵が直面しているインフラや生産能力の制約を回避しやすいことを挙げている。

同社はすでにFBSに代わる豚細胞用の増殖培地・分化培地を開発しており、公式サイトで豚初代筋細胞用の無血清培地を販売している

Innocent Meatはまた、昨年1月、ロストック大学と共に細胞の増殖・分化を促進し、食感を改善する食用足場を製造するためのエレクトロスピニング法の開発に、EUから50万ユーロの助成金を獲得した

Innocent Meatはハード・ソフト・原料をすべて提供する自社のサービスを、「Farm Out Of The Box」と呼んでいる。このサービスが市場に導入されるにはまだ時間がかかると思われるが、実現すれば、誰もが培養肉を製造できるようになり、食料システムを大きく変革させる可能性を秘めている。

 

参考記事

Innocent Meat raised EUR 3 million

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Innocent Meat

 

関連記事

  1. Avant Meatsがシンガポールに新しい研究施設・パイロット…
  2. 米Superbrewed Food、腸内細菌由来のタンパク質につ…
  3. ケーキも作れる代替卵のスタートアップZero Eggが約5億2千…
  4. 米パーフェクトデイがシンガポールに研究開発拠点を設置、2021年…
  5. 細胞農業によるキャビア製造でGeneus Biotechがヴァー…
  6. デンマークの精密発酵企業21st.BIO、持続可能な乳タンパク質…
  7. マイコプロテイン由来の代替肉を開発するMycorenaが約30億…
  8. 再生医療学会・培養肉シンポジウムレポート|再生医療研究者が「培養…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

米Ayana Bio、植物細胞培養でカカオなどの生理活性物質の開発を加速

アメリカ、ボストンを拠点とするAyana Bioは、カカオ、レモンバーム、エキナ…

SJW Roboticsがアジア料理を作る自律型ロボットレストランの試作品を公開

カナダ、トロントを拠点とするSJW Roboticsは、アジア料理を作る完全自律…

スーパーミート、来年アメリカに培養肉工場建設を計画

細胞培養による培養肉を開発するイスラエルのスーパーミートは、2023年後半にアメ…

Farmless、二酸化炭素によるタンパク質生産に向けて約1.8億円を調達

オランダのフードテック企業Farmlessは今月、プレシードラウンドで120万ユ…

培養脂肪の英Hoxton Farmsが約32億円を調達、ロンドン市内にパイロット工場建設へ

培養脂肪を開発する英Hoxton Farms(ホクストン・ファームズ)はシリーズ…

連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが約1億4千万円を調達

イギリスを拠点とする培養肉スタートアップCellulaREvolutionが今月…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/14 12:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/13 21:24時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/14 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/14 17:58時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/14 10:45時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/13 20:57時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP