代替プロテイン

Motif FoodWorks、精密発酵による代替タンパク質開発で新たな提携

 

植物由来食品の味・栄養の改良を目指す米フードテック企業Motif FoodWorksは、精密発酵を使用した次世代アニマルフリータンパク質を開発するため、Vectron Biosolutionsと提携したことを発表した。

Vectron Biosolutionsはこれまでは医薬品の分野に注力してきたノルウェーのバイオテック企業であり、2社は2年前に提携を開始した。Motif FoodWorksはVectronの菌株開発と遺伝子発現技術を活用し、代替乳製品の味・食感を改善し、植物由来食品の栄養を改善する技術開発に取り組む。

精密発酵は、発酵時に特定のタンパク質を生成するように酵母などの微生物を改変する技術であり、数十年前から医薬品と食品製造の場で使用されてきた。食品での使用はチーズの凝乳酵素レンネットの生産に限定されていたが、数年前からアメリカを中心に乳タンパク質や卵白タンパク質の市販化が実現している。

Motif FoodWorksは1つの技術にこだわることなく、消費者の必要性を解決できる最適な技術を使用する点で、他社よりも広いレンジを持つ企業だといえる。

出典:Motif FoodWorks

プレスリリースの中でも、自社を「特定のプラットフォームにこだわらない」プレーヤーだと述べている。Motif FoodWorksが昨年ローンチしたミオグロビンタンパク質の「HEMAMI」は精密発酵技術で作成されているが、植物肉の食感を改善する成分「APPETEX」は精密発酵ではなく、材料科学などのプラットフォームのイノベーションにより作成されている

今回の発表により、Motif FoodWorksは独自ヘムに続き、代替乳製品分野でも精密発酵技術を採用することとなる。

VectronでCEOを務めるTrond Erik Vee Aune氏は、「当社はこれまで製薬分野に注力してきました。Motifと共に食品分野へ参入することは嬉しいことですし、面白い変化であります」と述べている。

現在、精密発酵で動物タンパク質を代替する企業は世界で急増しており、その対象領域は、乳タンパク質卵白タンパク質から、脂肪ハチミツ、ヘム、コラーゲンなど多岐にわたる。代表的事例は米パーフェクトデイが開発した乳タンパク質であり、スタートアップ企業や大手企業を通じて商品化されているが、市場投入はまだ黎明期といえる。

菌株開発に知見を有する企業との提携事例は、Motif FoodWorksとVectronのほか、ドイツ企業FormoとBrain Biotechの例も報告されている。精密発酵に参入する企業数を考えると、今後こうした提携がさらに増えていくと予想される。

 

参考記事

Motif FoodWorks and Vectron Biosolutions Partner on Protein Development

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Motif FoodWorks

 

関連記事

  1. AIを活用するチリ企業The Live Green Coが植物性…
  2. ビーガンペットフードのWild Earthが約25億円を調達、来…
  3. ビヨンドミートの新商品ソーセージ、10月から全米の食料品店で販売…
  4. スウェーデン企業Mycorenaが世界初となる菌類由来の代替油脂…
  5. 【12/8】Foovoイベント開催のお知らせ|代替タンパク質スタ…
  6. Haofoodはピーナツを使用した代替チキンで約4.5億円を調達…
  7. フードテックで注目|精密発酵セミナー開催のお知らせ
  8. Big Idea Venturesの第3コホートに参加する15社…

おすすめ記事

培養シーフードのShiok Meatsが生産コスト50ドル/kgを実現、2023年に培養エビ上市へ

アジアにおける培養シーフードの先駆けであるシンガポール企業Shiok Meats…

GOOD MeatとADMが戦略的パートナーシップを締結、培養肉生産を加速

世界で最初に培養肉販売を実現したイート・ジャスト傘下のGOOD Meatは17日…

米Bowlton Kitchensの1時間に300の調理が可能な料理ロボット、在庫管理も自動化

このニュースのポイント●Bowlton Kitc…

パーフェクトデイ、精密発酵の「biology-as-a-service」を本格始動

食用タンパク質で精密発酵をリードする米パー​​フェクトデイ(Perfect Da…

培養肉の法整備を目指す議員連盟が発足、年内に試食実現のための提言へ

自民党の有志議員による「細胞農業によるサステナブル社会推進議員連盟」が13日、発…

中国Dicosが米イート・ジャストの代替卵をメニューに追加、500店舗以上で販売を開始

↓音声はこちらから↓(登録不要・ワンクリックで聴けます)…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/01 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(12/01 16:05時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP