代替プロテイン

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ【2023年1月10日発売】

 

2023年1月に培養魚レポートを発売します。

培養魚レポート概要

世界の培養魚スタートアップについて、下記情報をまとめたレポートとなります。

  • 企業情報20社以上(取り組み/提携状況/上市計画/資金調達/工場情報/特許など)

 

培養肉に続き、今後の発展が注目される培養魚について、培養魚企業の全情報をまとめて把握できる日本初のレポートとなります。

 

※本レポートで取り上げる企業はほぼスタートアップ企業のため、開発ステージによって、情報が少ない企業もあります。上記項目につき、調査で確認できたものを記載します。

購入特典

年1回更新版(1月または2月頃)を追加費用なくご提供します

培養肉はすでに多数の企業が登場していますが、培養魚企業は今後さらなる増加が予想されます。

2022年11月時点で培養魚の販売は世界でもまだ認可されておりません。協業の機会を探す多くの食品関連企業にとって、情報のキャッチアップは欠かせません。

そこで、ご購入いただいた企業様には、年1回、更新版(1月または2月頃)を追加費用なくご提供します。

 

発売日

2023年1月10日(火)

 

販売価格

70,000円(税別)

レポートはPDF形式でのご提供となります。

 

お申込み方法

下記メールアドレスまでご連絡ください。

所属企業・団体のドメインでのメールアドレスでご連絡ください(Gmailなどフリーメールはご遠慮ください)。

contact@foovo.co.jp

 

ご連絡の際は、請求書をPDF、原本どちらで必要かもご記載ください。

1営業日以内に請求書をお送りします。レポートは2023年1月10日(火)18時までにメールでご納品します。

 

レポート購入を検討されている方への注意事項

法人会員に申し込まれると、1団体10名まで有料記事を読めるアカウント・セミナーチケット発行に加え、Foovoがこれまでに発行したレポートをすべてご利用できてお得です。

法人会員についてはこちらをご参照ください。

現在Foovo法人会員の企業様へは追加料金なくレポートをご提供しますので、お申込みの必要はありません。

ただし、本レポート購入後に法人会員へお申込みいただいた場合、レポート価格分の割引は適用されませんので、あらかじめてご了承ください

※コンサルティング・調査会社の方への販売は控えさせていただいております。あらかじめご了承ください。

 

想定される質問

共有範囲や人数に制限はありますか?

1法人1事業所内であれば、人数に制限なく共有いただけます。
具体的には、経済活動が単一の経営主体のもと行われており、一区画を占める場所で行われている場合を「1事業所」とみなしております。

たとえば、部門が異なるものの同じフロアで勤務されている場合は1事業所とみなしますが、部門もフロアも異なる場合は、別事業所とみなします。

 

転載・引用ポリシーはありますか?

レポートの転載・引用は、原則として購入者(または実質的な利用者)が社内で使用する場合に限り可能としております。

社外向けの出版物等へ転載・引用する場合は、弊社に事前に申請いただいた上で、弊社が承諾した場合に限らせていただいております(事前に掲載内容について弊社が確認をさせていただきます)。

転載・引用にあたっては、Foovoの名称と出典元となる本レポート名(培養肉レポート)の明記をお願いします。

ご連絡はcontact@foovo.co.jpまでお願いします。

 

関連記事

  1. 米培養肉Upside Foods、カリフォルニアに培養肉工場を開…
  2. ビヨンドミートが新しいビヨンドバーガーを5月に全米小売で発売
  3. 培養肉のコスト削減を目指すProfuse Technologyが…
  4. 培養肉用の安価な足場を開発するGelatexが約1.3億のシード…
  5. Orbillion Bio、欧州35ヵ国への培養牛肉販売に向けて…
  6. 動物を殺さずにコラーゲン・ゼラチンを開発するJellatechが…
  7. イート・ジャストがシンガポールにアジア初の生産拠点を建設、培養肉…
  8. 分子農業パイオニアの英Moolec Science、SPAC経由…

おすすめ記事

牛を使わずに「本物の」乳製品を開発するイスラエルのRemilkが約139億円を調達

精密発酵によりアニマルフリーな乳製品を開発するイスラエル企業Remilkがシリー…

Haofoodはピーナツを使用した代替チキンで約4.5億円を調達

上海のHaofoodはピーナツタンパクを用いたビーガンチキンで、350万ドル(約…

バイオ3Dプリンターで代替肉を開発するスペイン企業Cocuusが約3.5億円を調達

スペインのスタートアップ企業であるCocuusは、プレシリーズAで250万ユーロ…

肉屋出身者が立ち上げたIvy Farm|2023年までに英国で培養ソーセージの市販化を目指す

イギリスの培養肉スタートアップIvy Farmは、2023年までにイギリスの小売…

Space Fが韓国初の培養鶏肉と牛肉、そして培養豚肉プロトタイプを発表

韓国の培養肉企業SpaceFは、既存の培養豚肉プロトタイプをさらにアップグレード…

廃棄大麦から代替タンパク質を開発するEverGrain|世界最大の醸造会社の大麦をアップサイクル

世界で1年間に醸造で使用される大麦は900万トンとされる。使用済みの大麦…

培養魚レポート・予約販売開始のお知らせ

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(11/30 20:07時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(12/01 13:43時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(12/01 06:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(11/30 16:04時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP