代替プロテイン

全卵タイプの植物性代替卵を開発するYo Egg、アメリカで小売進出を実現

 

植物性の全卵製品を開発するイスラエル企業Yo Eggが今年3月、アメリカで小売進出を実現した。

全卵の代替卵を開発するYo Egg、アメリカで小売進出を実現

出典:Yo Egg

2021年にイスラエルに設立されたYo Eggは、落とし卵(ポーチドエッグ)、半熟目玉焼き(サニーサイドアップ)など全卵タイプの代替卵を開発している。原料には大豆、ひよこ豆、植物油脂などを使用しており、ビーガンで、コーシャ認証も受けた代替卵となる

AgFunderの報道によると、ロサンゼルスにある一部のスーパーマーケット(Besties Vegan ParadiseRainbow Acres Natural FoodsHanks OrganicFollow Your Heart MarketPlantX-XMarket Veniceなど)の冷凍コーナーに、Yo Eggの「目玉焼き」と「落とし卵」の2製品が導入された。

小売販売に続き今月には、オンライン販売を全米で開始したことをリンクトインで発表

出典:Yo Egg

Yo Eggは昨年2月、ロサンゼルスのレストラン6店舗で代替卵の提供を開始した

公式サイトによるとその後、レストランでの導入も拡大しており、ロサンゼルスのほかにも、ニューヨーク、サンフランシスコ、オレゴン州、フロリダ州、アリゾナ州、テキサス州など全国的な導入を実現している。アメリカ以外ではイスラエルでも販売されている。

AgFunderによると、来年には全国規模で小売に導入する計画とのことから、ウォルマートやホールフーズマーケット、クローガーなど、大手スーパーマーケットに導入されるかが次の注目ポイントとなる。

汎用な食体験を可能にする全卵に着目

出典:Yo Egg

2021年にイスラエルに設立されたYo Eggは、落とし卵、半熟目玉焼きなど全卵の代替卵を上市済みだが、今後はEgg Patty固ゆで卵オランデーズソース(卵黄ベースのソース)の3製品の追加も予定している

落とし卵、半熟目玉焼きの2製品は現在、オンラインストアPlantXでどちらも7.49ドルで販売されている。

代替卵の領域では、緑豆を主成分とした米イート・ジャストJUST Eggが世界的に有名だ(イート・ジャストは培養肉でも有名だ)。一方、まだ非常にニッチな分野だが、Yo Eggのように動物成分を使用せずに全卵の再現に取り組む企業も少しずつだが増えている。

大部分が液体卵や粉末製品に取り組む中、全卵に取り組んだ背景について、CEO(最高経営責任者)であり、以前は培養肉企業Believer Meatsで事業開発部長を務めていたEran Groner氏は、全卵はハンバーガー、タコス、ラーメン、ピザ、サンドイッチなど驚くほど多くの食品に含まれており、液体または粉末形態の植物卵ではこれらの体験をもたらせないことをAgFunderに語っている

出典:Yo Egg

Yo Eggのほかにも、目玉焼きの代替品を開発したシンガポールのFloat Foods、マイコプロテインでゆで卵を開発したシンガポールのOsome Foodsなどが知られる。

フランス企業Le Paponduは冷凍の代替卵をフランス国内のオンラインストアやビーガンストアで販売しているが、全卵タイプの開発にも取り組んでいることに公式サイトで言及している。スイスではミグロスが2021年にビーガンゆで卵を発売した。国内では以前、グリーンカルチャーも植物性ゆで卵のプロトタイプを生成した。

さらには、卵黄・卵白だけでなく殻を持つ代替卵を開発するドイツ企業Neggstも登場している。ニッチながらも、卵製品の汎用性に着目した全卵タイプの代替卵開発は今後さらに活発化していきそうだ。

 

参考記事

Yo Egg moves into US retail with ‘world first’ poached and sunny side up ‘whole’ plant-based eggs

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Yo Egg

 

関連記事

  1. MeaTechの子会社Peace of Meat、培養肉の実証プ…
  2. 菌類タンパク質の業界団体「菌類タンパク質協会(FPA)」が発足
  3. オーストラリアのCauldronが約9.3億円を調達、「より小さ…
  4. Fooditiveが精密発酵による代替ハチミツ開発を発表
  5. キッチンカーで植物肉を広めたい|学生団体Planmeetがクラウ…
  6. 培養魚のB2B製造ソリューションの提供を目指すUmami Bio…
  7. Sophie’s BioNutrientsがクロレラ…
  8. The Every Company、世界初の精密発酵タンパク質を…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Aleph Farmsと三菱商事が日本での培養肉導入に向けて協業

イスラエルの培養肉スタートアップAleph Farms(アレフファームズ)と三菱…

カカオのアップサイクルに取り組むKoaが約21億円を調達、廃棄カカオで農家の追加収入を実現

カカオのアップサイクルに取り組むスイスとガーナのスタートアップ企業Koaは先月、…

ナイジェリア初の植物肉企業VeggieVictoryに世界の投資家が注目

ナイジェリア初の植物ベース代替肉企業VeggieVictoryが投資家の注目を集…

黄身・白身・殻を再現した植物性代替卵を開発するNeggstが約6.9億円を調達

ドイツ、ベルリンを拠点とする代替卵スタートアップのNeggstは、シードラウンド…

タイソンが出資するNew Wave Foodsが代替エビをアメリカの飲食店で発売

アメリカのスタートアップ企業New Wave Foodsは、アメリカの飲食店で植…

【現地レポ】精密発酵CDMOのScaleUp Bioが最初のクライアント企業を発表、食品特化の施設でスケールアップを支援

食品に特化した精密発酵・液中発酵施設を開設して、スタートアップ企業の支援を目指す…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP