Foovo Deep

シンガポール展示会(Agri-Food Tech Expo Asia 2023)参加レポート

 

2023年10月31日~11月2日の3日間、シンガポールのマリーナベイ・サンズにあるサンズ・エクスポ&コンベンション・センターで「Agri-Food Tech Expo Asia 2023」が開催された。

昨年に続き、Foovoは今年も「第2回 Agri-Food Tech Expo Asia」に参加した。今年も培養肉、培養魚、精密発酵、植物性代替魚、アップサイクル、マイコプロテイン、海藻ペットフードなどさまざまな企業がブースを出展していた。

本レポートでは、細胞農業・植物由来など代替タンパク質を中心に、海外企業の取り組みや今後のスケジュールを紹介する。

海藻由来ペットフードを開発するSEADLING

Foovo(佐藤)撮影

2018年設立のマレーシア企業SEADLINGは、持続可能な方法で養殖された海藻を発酵させた成分で、ペットフード「PhycoBio」を開発している。

SEADLINGは、Elkhorn Seamoss(Kappaphycus sp.)という海藻からカットした種苗を、自然の海洋環境の課題に対応できるようになるまで同社の陸上養殖場(land-based hatchery)で成長させる。次に、成長した種苗をパートナー農家に提供して、成熟させた後に回収し、発酵により海藻の栄養を向上させる。発酵後、乾燥させて粉末にし、ペットフード製品にする

出典:SEADLING

SEADLINGのビジネスモデルは、海洋pHを高める海藻を使用するため海洋酸性化への対応策となるなど、海洋環境に寄与するだけでなく、地元のパートナー農家にも利益をもたらす。同社は、海藻ソリューションは「脱炭素化と炭素隔離において最も有望なソリューション」になるだけでなく、多くの雇用を創出し、海岸コミュニティの暮らしを改善する可能性があると考えている

日本を第一のターゲットとするフィンランドのAVENATUR

Foovo(佐藤)撮影

フィンランド、コウヴォラを拠点とするAVENATURは、まもなく国内で発売するオーツミルクを展示した。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像はFoovo(佐藤)撮影

 

関連記事

  1. JBS子会社のBioTech Foods、スペインで南欧最大の培…
  2. イングレディオンが砂糖削減ソリューションのBetter Juic…
  3. 培養シーフードのAvantが約14億円を調達、来年パイロット工場…
  4. 植物ステーキ肉のChunk Foodsが約20億円のシード資金を…
  5. 植物性代替肉SavorEatがイスラエルでIPO(上場)、202…
  6. 培養肉生産用のアニマルフリーな血清を開発するMultus Med…
  7. グリラス、国産食用コオロギを使用したプロテインバー等をコンビニで…
  8. ソーラーフーズ、シンガポールでソレインの販売認可を取得

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

カーギルがマイコプロテインの英ENOUGHと販売契約を締結

カーギルは今月、マイコプロテインを開発する英ENOUGHとの提携拡大を発表した。…

果物の鮮度保持シールStixFRESHを開発する米Ryp Labs、ベリー向けに商用化を発表

果物の鮮度を2倍に伸ばす独自シールを開発する米Ryp Labsが、ベリー向けの鮮…

3Dプリンター肉のSavorEatが代替卵に特化したスタートアップEgg’n’upを設立

3Dプリンター肉を開発するイスラエル企業SavorEatが、代替卵に特化した新し…

魚の培養脂肪を開発するインパクファット|日本人研究者がシンガポールで挑戦

畜産による環境負荷を軽減するため、植物由来や菌類由来の代替肉の普及が世界的に加速…

シンガポールで培養ウズラ肉を実食|Vowの「Forged Parfait」

オーストラリア企業Vowがシンガポール食品庁(SFA)から培養肉の販売認可を得た…

イスラエルのImagindairy、精密発酵乳タンパク質を生産する工業規模の自社生産ラインを発表

イスラエルの精密発酵企業Imagindairyが、アメリカでのGRAS認証取得に…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/19 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP