代替プロテイン

植物性卵・培養鶏肉を開発するイート・ジャストが新たに約219億円を調達

 

カリフォルニアを拠点とするイート・ジャストが2億ドル(約219億円)という巨額の資金調達を実施した。今回の調達で、イート・ジャストの調達総額は6億5000万ドル(約712億円)となる。

鶏の代替食品に優先して取り組む米イート・ジャスト

出典:Eat Just

イート・ジャストは、プラントベースの代替卵JUST Eggと、細胞培養による培養鶏肉GOOD Meatを開発するスタートアップ企業。

主力製品JUST Eggは、液体タイプと冷凍タイプの2種類で、緑豆を主成分とする。

同社の培養肉GOOD Meatは昨年シンガポールで販売許可を取得し、レストランで短期間販売された。

同社がほかの畜産食品よりも鶏由来の製品を優先するのには理由がある。

細胞農業により培養肉に取り組む企業の多くは、環境に最もダメージを与える牛肉に取り組んでいる。

しかし、畜産業による苦しみの大部分は鶏が味わっていると言われる。食用の鶏は、通常、動き回るのが難しい狭い場所に死ぬまで押し込められて飼育される。

さらに、生産期間短縮のため、鶏は体重を急速に増加させられており、慢性的な痛みを抱えている。

イート・ジャストは畜産動物の中でも鶏が最も苦しめられていると考え、ほかの肉よりも鶏肉に優先して取り組んでいる。

同社はプレスリリースで今回調達した資金を「草分けとなる商品」にあてるとしており、これは特に培養肉の開発を指していると予想される

アメリカで不動の地位を築いたプラントベース卵ブランド

出典:Eat Just

同社の代替卵はJUST Eggのブランドで、すでに2万箇所を超える小売1000の飲食店で販売され、アメリカで代表的なプラントベース卵商品のポジションを獲得している。

これまでに1億個の卵に相当する植物性卵が販売され、今年1月には12オンス(約340mg)サイズの代替卵が記録的な小売売上を実現したとプレスリリースで発表している。

海外の小売・ファーストフードへも拡大

出典:Eat Just

今年になってからは海外ニュースも続いている。

今月にはカナダのレストラン、ホテル、大学、企業食堂など外食産業や小売へ導入を発表したばかり。

プレスリリースの中で、今年はさらに拡大を展開し、「世界中の数百万箇所の」小売や飲食店に導入することを発表した。

1月には中国大手ファーストフードのDicosがJUST Eggをメニューに追加大手ファーストフードが動物性食品を植物性食品に切り替える初の事例となった。

交換から2週間で、Dicosの切り替え商品の売上が昨年比約1.5倍になったことをCEOのジョシュ・テトリック氏がTwitterで言及している。

アメリカ国内ではスターバックスPeet’sに代替卵製品が導入されている。

培養肉では世界初の快挙

出典:Eat Just

もっとも注目すべき領域は、同社の培養肉開発だろう。

昨年の12月にイート・ジャストがシンガポールで世界に先駆けて培養鶏肉の販売許可を取得、培養鶏肉がレストラン1880で販売されたことは記憶に新しい。

培養肉の許認可取得も、レストランでの販売も、イート・ジャストが先陣を切る形となった。

プレスリリースの中で今後数年かけて、培養肉の生産コストを「劇的に削減」することに言及。

イート・ジャストによると、培養肉は2030年までに130億ドル市場になると予想される。同社は2030年までに畜産肉と同等価格にすることを目指すとともに、鶏肉以外の肉にも取り組む考えを明らかにしている

今後予想される欧州進出

イート・ジャストはCNBCの取材に対し、今回の資金で製造規模の拡大、当局の承認が必要なほかの市場への進出を図ると回答している。

承認が必要な市場の1つは欧州であるのは間違いない。

欧州進出について昨年の時点では、製造、流通の準備はすでに完了しており、あとは当局の安全性承認だけだとされていた

欧州ではヴィーガン人口が過去4年間で2倍に増えており、テトリック氏は欧州に米国以上の可能性を感じている

EUの承認を得られ次第、ドイツ、イタリア、オランダなど西ヨーロッパで販売を開始することが予想される。

CEOのジョシュ・テトリック氏 出典:Eat Just

このほか、昨年にはシンガポールにアジア初となる生産工場の建設を発表

これは北アメリカ、ドイツに次ぐ3つ目の生産工場となる予定で、2022年までの稼働を目指している

イート・ジャストは2011年にサンフランシスコに設立されたフードテックのスタートアップ。元の社名はハンプトン・クリークだったが、のちに社名を変更した。

今回のラウンドはカタールの政府系ファンドQatar Investment Authorityが主導し、Charlesbank Capital PartnersVulcan Capitalなどが参加した。

 

参考記事・書籍

Eat Just Closes $200M Funding Round

Eat Just Closes $200 Million in New Funding to Accelerate Growth

クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,980円(04/20 13:21時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

関連記事

 

アイキャッチ画像の出典:Eat Just

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 細胞を培養して人工母乳を開発するTurtleTreeが約6億3千…
  2. 香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ
  3. 菌糸体から代替肉を作るAtlast Foodが約43億円を調達
  4. アニマルフリーな乳製品を開発する英Better Dairyが約2…
  5. スロベニア企業Juicy Marblesは世界初の植物性フィレミ…
  6. 空気と電気からタンパク質を作るSolar Foodsが約5億4千…
  7. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio
  8. インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、…

おすすめ記事

中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金調達

コロナ後に誕生した中国発の代替肉スタートアップ企業Hey Maetが再び資金調達…

米Bowlton Kitchensの1時間に300の調理が可能な料理ロボット、在庫管理も自動化

このニュースのポイント●Bowlton Kitc…

培養肉はどんな産業を生み出すのか?|SKSJ2020参加レポート

培養肉が社会・環境にもたらすインパクトは大きい。動物を殺さずに肉を作れる…

ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rapteinを開発|大豆にかわる新しい植物性タンパク質となるか?

万能の肥料として活用されるなたね(菜種)油粕。なたね油粕とは、アブラナか…

培養肉企業モサミートが約20億円を調達、三菱商事も出資に参加

このニュースのポイント●培養肉パイオニアのモサミ…

動物を使わないチーズを作るChange Foodsが約9100万円を資金調達、生乳市場の破壊へ乗り出す

このニュースのポイント ●Change Foodsがプレシードで約9…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP