Foovo Deep

精密発酵企業Formoがバイオテック企業Brain Biotechと提携、アニマルフリーな乳タンパク質の生産を強化

 

精密発酵によりアニマルフリーな乳タンパク質を開発するFormoは、バイオテクノロジー企業Brain Biotechとの戦略的パートナーシップを締結したFormoはBrain Biotechの遺伝子編集ツールを活用し、精密発酵で必要な菌株の開発を加速する。

この戦略的パートナーシップは、微生物を最適化し、精密発酵を通じた新しい持続可能なタンパク質生産を拡大することを目的としている。

「乳製品のサプライチェーンから牛を除外する」

出典:Formo

ベルリンを拠点とするFormoは、牛の代わりに微生物を活用して、牛と同等の乳タンパク質を開発している。

ヨーロッパにおける最初の精密発酵プレーヤーである同社は、数ギガトンの二酸化炭素排出量を削減し、7000億ドルの乳製品市場に革命を起こそうとしている。

目的のタンパク質を作る遺伝子を微生物に組み込み、アルコールの代わりに目的のタンパク質を作る手法を精密発酵という。ここで、微生物は「生産工場」として機能する。

遺伝子を挿入された微生物を発酵槽で培養すると、微生物は十分な量のタンパク質を生成する。

Formoの場合は乳タンパク質を生成させるが、微生物に与える「指令」を変えることで、卵白タンパク質着色料ハチミツなど異なるタンパク質を生成させることが可能だ。

Formoは生成された乳タンパク質に植物油脂、炭水化物、塩などを添加して、最終製品の元となる濃縮物をつくる。次いで、酵素や熱によって濃縮物を凝固させることで、新鮮なチーズとしたり、熟成させて独特の風味のあるチーズにしたりできる。こうしてできたチーズは従来の動物由来チーズと「区別できない」という。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

出典:Formo

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉・魚開発に取り組む企業をまとめたレポート2報を無料でお配りしております。

●全101社

●全23ページ

の無料レポートです(2022年3月更新版)。

登録は1分で終わります(下記画像をクリックするとページにジャンプします)。

 

>> <<

関連記事

  1. 植物性3Dプリント肉を開発するRedefine Meatが約15…
  2. スイスの小売大手ミグロスがビーガンゆで卵を発売
  3. パーフェクトデイが約390億円を調達、今秋にアニマルフリーなクリ…
  4. 培養肉モサミートが培養脂肪用培地の大幅コストダウンに成功
  5. 米イート・ジャストがシンガポール最大の植物性タンパク質工場の建設…
  6. 食品廃棄物を活用してマイコプロテイン由来の代替肉を開発するMyc…
  7. パーフェクトデイの精密発酵由来の乳タンパク質を使った牛乳が今夏、…
  8. 培養肉企業アレフ・ファームズが約116億円を調達、2022年に最…

おすすめ記事

材料毎に投入タイミングを制御するスマート調理ロボットOliver

ほかの料理の準備で焼きすぎてしまったり、ゆですぎてしまったり、料理には失敗がつき…

Amazonで圧倒的な高評価を誇る家庭用カクテルロボットのBartesianが約21億円を調達

家庭用カクテルロボットを開発するBartesianがシリーズAラウンドで2000…

Space Fが韓国初の培養鶏肉と牛肉、そして培養豚肉プロトタイプを発表

韓国の培養肉企業SpaceFは、既存の培養豚肉プロトタイプをさらにアップグレード…

ネクストミーツが代替肉でアメリカ市場に本格進出、代替ミルクの国内D2Cもスタート

日本のフードテック企業ネクストミーツがアメリカに本格進出する。同社は焼肉…

Upside Foodsが業界史上最大の約510億円を調達、年内の培養肉市販化を目指してスケールアップを加速

アメリカの培養肉企業Upside Foods(アップサイド・フーズ)がシリーズC…

イスラエルのPlantishが3Dプリントされた植物性サーモンを発表、2024年に本格販売へ

イスラエルのフードテック企業Plantishは、植物原料を使った代替サーモンの切…

ニュースメルマガ登録で無料レポートをプレゼント

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/22 18:01時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 11:51時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,881円(05/22 23:08時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP