Foovo Deep

精密発酵企業Formoがバイオテック企業Brain Biotechと提携、アニマルフリーな乳タンパク質の生産を強化

 

精密発酵によりアニマルフリーな乳タンパク質を開発するFormoは、バイオテクノロジー企業Brain Biotechとの戦略的パートナーシップを締結したFormoはBrain Biotechの遺伝子編集ツールを活用し、精密発酵で必要な菌株の開発を加速する。

この戦略的パートナーシップは、微生物を最適化し、精密発酵を通じた新しい持続可能なタンパク質生産を拡大することを目的としている。

「乳製品のサプライチェーンから牛を除外する」

出典:Formo

ベルリンを拠点とするFormoは、牛の代わりに微生物を活用して、牛と同等の乳タンパク質を開発している。

ヨーロッパにおける最初の精密発酵プレーヤーである同社は、数ギガトンの二酸化炭素排出量を削減し、7000億ドルの乳製品市場に革命を起こそうとしている。

目的のタンパク質を作る遺伝子を微生物に組み込み、アルコールの代わりに目的のタンパク質を作る手法を精密発酵という。ここで、微生物は「生産工場」として機能する。

遺伝子を挿入された微生物を発酵槽で培養すると、微生物は十分な量のタンパク質を生成する。

Formoの場合は乳タンパク質を生成させるが、微生物に与える「指令」を変えることで、卵白タンパク質着色料ハチミツなど異なるタンパク質を生成させることが可能だ。

Formoは生成された乳タンパク質に植物油脂、炭水化物、塩などを添加して、最終製品の元となる濃縮物をつくる。次いで、酵素や熱によって濃縮物を凝固させることで、新鮮なチーズとしたり、熟成させて独特の風味のあるチーズにしたりできる。こうしてできたチーズは従来の動物由来チーズと「区別できない」という。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

関連記事

出典:Formo

 

関連記事

  1. Mycorenaのパイロット工場、拡張により欧州最大のマイコプロ…
  2. iPS細胞で培養肉を開発するオランダ企業Meatableがシリー…
  3. フランスのYnsectは昆虫由来のバーガー、ナゲットの販売を目指…
  4. ベルギーの精密発酵企業Paleoが約2.5億円のシード資金を調達…
  5. インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達
  6. GOOD Meat、シンガポールでアジア最大の培養肉工場を着工
  7. 植物性チーズを開発するスウェーデン企業Stockeld Drea…
  8. 規格外・余剰農産物のB2B販売プラットフォームを提供するFull…

おすすめ記事

Biftekがシンガポールの培養肉企業へ最初の増殖培地サンプルを出荷

培養肉用のアニマルフリーな培地を開発するトルコ企業Biftekは、商用化に向けて…

Aleph Farmsと三菱商事が日本での培養肉導入に向けて協業

イスラエルの培養肉スタートアップAleph Farms(アレフファームズ)と三菱…

まだ食べられる食品を定期宅配するImperfect Foodsが約99億円を調達

アメリカ農務省(USDA)によると、アメリカでは供給される食料の30-40%が廃…

ユニリーバ、植物性の代替肉・代替乳製品の年間売上目標を約1200億円に

このニュースのポイント●ユニリーバが植物由来食品…

味の素がイスラエルの培養肉企業スーパーミートに出資、培養肉の商用化を支援

味の素は9日、コーポレートベンチャーキャピタルを通じて培養肉の開発・製造を手掛け…

RoboBurgerが世界初のハンバーガー全自動販売機の提供を開始

過去にはピザの自販機やサラダボウルの自販機を取り上げてきたが、アメリカの代表的な…

精密発酵レポート販売のお知らせ

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(10/06 19:36時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(10/06 13:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(10/07 05:32時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(10/06 15:37時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP