代替プロテイン

菌糸体で代替ステーキ肉を開発する英Adamo Foodsが約2.7億円を調達

 

菌糸体から代替肉を作るイギリスのスタートアップ企業Adamo Foodsは先月、プレシードラウンドで150万ポンド(約2億7000万円)を調達した

ラウンドはイギリスのベンチャーキャピタルSFC Capitalが主導した。

Adamo Foodsはイギリスの政府機関Innovate UKから助成金も獲得した。助成金は「Better Food for All」、「Novel Low Emission Food Production Systems」というコンペティションに参加して獲得したものとなる。

食肉市場の大部分を占めるホールカット肉

出典:Adamo Foods

Adamo Foodsは代替肉の需要が高まるなか、ハンバーガー、ソーセージ、ナゲットなどの加工肉やミンチ肉ではなく、ステーキ、フィレなど肉全体を再現したホールカット製品が不足していることに注目した。ターゲットにするのは、ビーガンだけでなく肉好きな消費者だ。

植物タンパク質を使用してホールカット肉の複雑な食感を再現するのは簡単ではない。Adamo Foodsによると、ホールカット肉は1兆2000億ドルの食肉市場の85%と大部分を占めるものの、植物肉市場にはホールカット肉製品は少なく、大きなギャップが存在している。

Adamo Foodsは菌類の菌糸体を使用して、「ホールカット肉の構造を再現する革新的技術」を開発した。菌糸体とは菌類の根にあたる部分で、タンパク質や繊維を豊富に含み、えんどう豆、大豆、小麦、牛肉よりも高いタンパク質(PDCAAS)を有している。同社は独自の発酵技術により、長くて緻密な繊維に菌糸体を成長させ、ステーキ肉やフィレ肉の食感を再現している。

Adamo Foodsの代替ステーキ肉は先月ヘルシンキで開催された第1回国際細胞農業会議で発表された。年内にも一般向けの試食会を予定している。

注:PDCAASとは、タンパク質の消化されやすさ、体内での利用されやすさを総合的に判断した指標。

開発が進む代替ステーキ肉

出典:Juicy Marbles

Adamo Foodsは調達した資金を使い、研究パートナーと協力して牛肉の栄養上のメリットを再現するために、菌糸体の微量栄養素の含有量を強化するなど商品開発、スケールアップを進める予定だ。同社はまた、発売に向けて発酵・配合プロセスをラボスケールからパイロットスケールへ移行させるプロセス開発に取り組む。

近年、代替ステーキ肉の開発は盛んだ。

イスラエルのChunk Foodsは大豆を原料とした植物ステーキを開発しており、今年夏に工場の稼働を予定している。菌糸体由来肉を開発するMeati Foodsはカツレツやステーキの代替製品を全米のスーパーで販売している。

3Dプリンターでテンダーロイン・サーロインなどの代替肉を開発するイスラエルのRedefine Meatは、イギリス、ドイツ、オランダ、フランス、オーストリア、フィンランド、イスラエルに加え、最近イタリアにも進出した

スロベニアのJuicy Marblesは植物性のフィレミニヨンを開発し、欧州・アメリカに出荷している

 

参考記事

RAISING THE STEAKS: ADAMO FOODS SECURES £1.5M

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Adamo Foods

 

関連記事

  1. 韓国の培養肉企業SeaWith、2030年までに培養ステーキ肉を…
  2. 日立造船とNUProtein、成長因子生産に必要な原料の自動製造…
  3. 英Meatlyが培養キャットフード製品を発表、3ヶ月以内の承認を…
  4. カナダのBurcon NutraScienceはヒマワリの圧搾粕…
  5. インポッシブルフーズが香港・シンガポールの食料品店で販売を開始、…
  6. 培養肉用の安価な食用足場を開発するエストニア企業Gelatex|…
  7. イスラエルの精密発酵企業Imagindairyが米国でGRAS自…
  8. タイソンが出資するNew Wave Foodsが代替エビをアメリ…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

GOOD Meat、世界最大の培養肉用バイオリアクターの製造へ

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatはバイオプロセス機器のリーディング…

廃棄される果物の皮からドライフルーツを製造するRINDが約6.7億円を調達

廃棄される果物を活用してドライフルーツスナックを製造するRINDがシリーズAラウ…

培養肉生産の複雑さを乗り越える(Gelatex-Athanasios Garoufas氏による寄稿文)

本記事は、Gelatex Technologies(エストニア企業)で最高事業開…

米The Every Company、精密発酵で作られた史上初の液状卵EVERY Eggを発表

精密発酵で卵白タンパク質を開発する米The Every Companyが、鶏に依…

家庭用調理ロボットのNymbleが予約注文を受付中

家庭用調理ロボットを開発するインド企業Nymbleが、予約注文を受け付けている。…

卵黄・卵白に分かれた植物ベースの全卵を開発するFloat Foodsが約1億8000万円を調達

シンガポールを拠点とするフードテック企業Float Foodsが、シードラウンド…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP