代替プロテイン

TurtleTreeが精密発酵によるラクトフェリン生産を発表、2023年の上市を目指す

 

シンガポール、アメリカに拠点を置くTurtleTreeは17日、精密発酵により世界で初めてウシラクトフェリン「LF+」を生産したことを発表した

TurtleTreeは昨年、最初に商用化する製品がヒトラクトフェリン粉末になることを発表していた。同社は18ヵ月にわたる研究開発で開発した「LF+」の2023年上市を目指しているが、ウシラクトフェリンに続き、ヒトラクトフェリンの上市も考えていると思われる。

TurtleTree、精密発酵由来のラクトフェリン生産を発表

出典:TurtleTree Labs

TurtleTreeの共同創業者兼CEOのFengru Lin氏は、「精密発酵による持続可能なラクトフェリン生産は、地球と人を養うという当社のミッションに完全に合致します。この優れた成分を長期にわたって環境的・経済的に実行可能な形で商用生産できることは、間違いなくゲームチェンジャーなことです」とコメントしている。

微生物を活用して、従来は動物に依存していた成分を動物に頼らずに生産する精密発酵は、昨今、開発と市場投入が急速に進む分野だ。身近な例では、乳タンパク質を固めてチーズを作るレンネットという酵素の生産に精密発酵技術が20年以上前から使用されている。

代表的なプレーヤーである米パーフェクトデイの発表したデータによると、従来の畜産と比較して、精密発酵由来の乳タンパク質は温室効果ガス排出量を85-97%、水消費量を96-99%、エネルギー消費量を最大60%削減できるという

精密発酵由来の食品では限定販売も含め、乳タンパク質卵白タンパク質ハチミツがアメリカを中心に上市されている。TurtleTreeが来年、ラクトフェリン「LF+」の上市を実現すれば、乳児用調製粉乳市場では初の快挙となる。

同社CSOのAletta Schnitzler氏は、「ラクトフェリンはヒト母乳に独自の有益な特性を与える重要成分の1つです。免疫機能のサポートから腸の健康まで、ラクトフェリンは健康に関連したさまざまな利点を提供することがわかっています」とコメントしている。

精密発酵で乳児用調製粉乳市場を目指す企業

出典:TurtleTree

TurtleTreeは精密発酵、細胞培養いずれも手掛ける代替母乳企業だが、昨今、精密発酵に特化してこの領域に参入するプレーヤーが徐々に増えている。

アメリカのHelainaは最近の報道で、クリスパーというゲノム編集技術を使って酵母をプログラムし、精密発酵により母乳タンパク質を開発していることを明らかにしている。同社は昨年11月、シリーズAラウンドで約22億円を調達した。

オーストラリアのEclipseもTurtleTreeと同様に、母乳に含まれるラクトフェリンを開発している。アメリカのHarmonyは2023年までにFDAの認可を取得し、2024年の上市を目指している。

TurtleTree共同創業者のMax Rye氏は、今年アメリカで発生した粉ミルク不足、新型コロナによるサプライチェーンの混乱に触れたうえで、「これ以上、傍観者ではいられません。私たちの長期的な乳製品プロジェクトは進行中ですが、LF+によって、今すぐにより良い栄養に向けて貢献することができます」とコメントしている。

 

参考記事

TurtleTree Announces LF+, the First-Ever Sustainable Lactoferrin Made With Precision Fermentation

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:TurtleTree

 

関連記事

  1. 韓国の培養肉企業CellMEATが約4億7千万円を調達、培養肉の…
  2. アニマルフリーな乳製品を開発する英Better Dairyが約2…
  3. スピルリナ由来の代替肉、スナックバーを開発するインド企業Naka…
  4. 香港発の植物肉企業TN Meatが代替肉製品の販売をスタート、中…
  5. バイオ3Dプリンティング技術で培養肉を開発するTissenBio…
  6. TurtleTree Scientificが商用規模での細胞培養…
  7. オーストラリアのVowが約67億円を調達、来年始めにシンガポール…
  8. 米Thrilling Foods、層状の脂肪を含んだビーガンベー…

おすすめ記事

菌糸体ベーコンを開発するAtlast Foodが社名をMyForest Foodsに変更、今秋に2工場を開設

菌糸体由来の代替肉を開発するアメリカ企業Atlast Foodは25日、社名変更…

GOOD MeatとADMが戦略的パートナーシップを締結、培養肉生産を加速

世界で最初に培養肉販売を実現したイート・ジャスト傘下のGOOD Meatは17日…

食料品ドローン配送を展開するMannaが約27億円を調達、今年第2四半期にアメリカ進出へ

ドローンデリバリースタートアップのMannaがシリーズAで2500万ドル(約27…

国内初|グリーンカルチャーが植物性ゆで卵の開発に成功

植物肉Green Meatで知られる日本のスタートアップ企業グリーンカルチャーが…

牛を使わずに乳製品を開発するDe Novo Dairy|南アフリカ初の精密発酵プレーヤー

南アフリカで代替タンパク質に取り組む企業が増える中、今年設立されたDe Novo…

中国企業HaoFoodのピーナッツを原料とする代替肉が上海レストランで販売開始

上海を拠点とする代替鶏肉スタートアップHaoFoodが上海のレストランと代替肉の…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/07 17:04時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/07 20:40時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/07 14:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/07 07:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(02/07 16:42時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP