代替プロテイン

Kikka Sushiが米ホールフーズで植物性のビーガン寿司を発売

 

米大手スーパーチェーンのホールフーズと30年以上にわたって提携しているKikka Sushiが、植物成分を使用したビーガンのサーモン、マグロ製品の発売を発表した

Kikkaは味、食感、風味の点で満足できるビーガン製品を作成するという5年間のミッションの一環として、最初に白砂糖をビーガン砂糖に変更した。そして今回、植物由来食品を消費する人々向けに、ビーガン寿司製品を開発した。

Kikkaの新製品は、主にコンニャクと紅藻(寒天)を原料としたサーモンとマグロとなる。この製品はKikka独自のもので、Kikka Sushiの創業者であるTonny Soesanto氏日本のパートナー企業(社名は非公開)との協力によって開発された。

Kikkaが提供するビーガン製品には、ベジタブルロール、サラダロールがあり、間もなく、餃子、ポケが追加される。今回発表された寿司製品は、ホールフーズの一部店舗で販売されているという。

欧米が先行する代替シーフード開発

出典:Kikka Sushi

ホールフーズはこれまでにアメリカのスタートアップ企業Ocean Hugger Foodsが開発した植物性のマグロ、ウナギを導入している。同社のビーガン寿司は2017年にホールフーズに導入され、シェアを拡大したが、新型コロナウイルスの影響により、一時操業を停止した(現在の導入状況は定かではない)。

水産資源の枯渇やマイクロプラスチック残留の問題などを背景に、持続可能な水産資源の開発に注目が集まっている。近年、Ocean Hugger Foodsのほかにも、サーモンやマグロなど代替魚製品の開発が進んでいる。

Current Foodsも植物性の代替マグロ・サーモンを開発、販売している。昨年10月にはサンフランシスコ、バークレーにあるスーパーマーケット・Berkeley BowlがCurrent Foodsの代替マグロ・サーモン製品の販売を開始した

出典:Ocean Hugger Foods

3Dプリンターを活用して植物性サーモンを開発するオーストリアのRevo Foodsは、2022年に欧州での販売を600箇所から3000箇所へと拡大し、欧州21ヵ国への進出実現している。昨年秋には、スウェーデンのMycorenaと協業し、3Dプリンティングによる代替シーフード製品に適したマイコプロテインの開発で共同研究を開始している。

国内では日本ハムが、大豆を主原料とした家庭向けのフィッシュフライを3月から販売開始する

植物成分に限定しなければ、微生物を活用したバイオマス発酵により代替シーフードを開発する米Aqua Cultured Foodsは、今年第2四半期にも製品を市場に投入する予定だ。

細胞培養による培養魚の研究開発も急速に進んでおり、培養サーモンを開発するWildtypeをはじめ、マグロからホタテ、キャビア、カキなど28社のスタートアップ企業が確認されている

 

参考記事

Kikka Sushi, Partner to Whole Foods Markets, Announces the Launch of Its Plant-based Product Line, Vegan by Kikka

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Kikka Sushi

 

関連記事

  1. Space Fが韓国初の培養鶏肉と牛肉、そして培養豚肉プロトタイ…
  2. 米New Cultureが精密発酵カゼインのスケールアップに成功…
  3. ビヨンドミートが代替ミルクにも参入か?ビヨンドミルクの商標を出願…
  4. Remilkの精密発酵乳タンパク質がシンガポール当局の認可を取得…
  5. ナイジェリア初の植物肉企業VeggieVictoryに世界の投資…
  6. 南米を代表するチリのフードテック企業NotCo、シェイク・シャッ…
  7. Betterland foodsがパーフェクトデイのアニマルフリ…
  8. 精密発酵でカゼインを開発するタイのMuu、来年の商用生産を目指す…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

スティックブランドの米Slim Jimがメタバース参入に向けて商標を出願

アメリカを拠点とするミートスティックブランドのスリムジム(Slim Jim)は、…

QuornとPrime Rootsが菌糸体由来肉の市場拡大に向けて提携

Quornと米Prime Rootsは、アメリカ市場における菌糸体由来の代替肉の…

ポーランドのFresh Insetが開発した鮮度保持シール「Vidre+」: 葉物野菜の鮮度を24日間に延長

24日目のルッコラの比較。右がVidre+使用ほうれん草、ルッコラなど葉物野菜の鮮度を保持できる…

細胞培養でチョコレートを開発するCalifornia Culturedが約4億5000万円を調達

細胞培養によりチョコレートを開発するCalifornia Culturedがシー…

Steakholder Foodsが3Dプリンティングによる培養霜降り牛肉を発表

イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods(旧称MeaTech)は…

ドイツのBluu Seafoodと中国のCellXが「細胞農業を現実のものとする」ために協業

ドイツの培養魚企業Bluu Seafoodと中国の培養肉企業CellXは今月、持…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/18 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/17 21:43時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/18 01:20時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/17 18:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/18 11:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/17 21:15時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP