代替プロテイン

米Atlantic Fish Co、世界初の培養ブラックシーバスを発表

 

アメリカの培養シーフード企業Atlantic Fish Coは今月、世界で初めて細胞培養で生成したブラックシーバスを発表した

North Carolina Food Innovation Lab (NCFIL)との協力により開発された培養ブラックシーバスのプロトタイプで、ノースカロライナ州カナポリスにあるNCFILの施設で試食会が開催された。

これはAtlantic Fish Co初のプロトタイプとなる。同社は次の目標として、ブラックシーバスにカスタマイズされた増殖培地の開発によるコスト削減、レストランパートナーに向けた試食会の開催を目指している。

見過ごされる魚類の環境負荷

出典:Atlantic Fish Co

Atlantic Fish Coは増えるシーフード需要に対し、持続可能なオプションを提供するために2021年に設立された。

同社共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のDoug Grant氏は、シーフードがもたらす環境負荷が牛肉ほど注目されていないことに警笛を鳴らしている

シーフードは、陸生の動物タンパク質よりも平均して二酸化炭素排出量が低いのは事実だが、平均化することで多くの天然魚種の1kgあたりの温室効果ガス排出量が牛肉よりも高い事実は知られていないとGrant氏は指摘する。

シーフード炭素排出ツールによると、カレイに伴う二酸化炭素排出量は牛肉よりも高いという

ブラックシーバスの漁業ではトロール船が使用される。トロール船による底引き網漁で大気中に排出される二酸化炭素は最大で毎年3億7000万トンになるとの報告があり、培養ブラックシーバスが市場に流通すれば、漁業に伴う環境負荷の軽減につながる。

Atlantic Fish Coは懸濁液で増殖できる「高性能な魚細胞株」を開発するための独自技術を開発した。これまでの報道では、ブラックシーバスのほか、オヒョウや高級魚など、養殖できない魚種に開発の焦点を置いている

昨年10 月にはノースカロライナ州州議会が設立したバイオテクノロジーのイニシアティブであるNorth Carolina Biotechnology Centerから10万ドルの中小企業研究融資を獲得している。また、IndieBioSOSVSustainable Food Venturesからも資金を調達している

シーバス開発に取り組む他社の培養魚スタートアップ

出典:Atlantic Fish Co

Foovoの調査ではシーバスを開発する培養魚企業にはイスラエルのSea2Cell確認されているが、培養魚企業全体ではまだニッチな開発対象だ。

Sea2Cellは細胞由来成分と植物成分をブレンドした初期プロトタイプを開発しており、ハイブリット戦略で早期の市場投入を目指している

細胞培養による鶏肉や牛肉ではシンガポール、アメリカ、イスラエルで認可が下りているが、シーフードで認可を取得した企業はまだない。

 

参考記事

Atlantic Fish Co Unveils World’s First Cultivated Black Sea Bass

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Atlantic Fish Co

 

関連記事

  1. 植物性チーズのStockeld Dreameryが約21億円を調…
  2. インテグリカルチャーが培養フォアグラの開発に成功、試食を実施
  3. 培養脂肪を開発するMission Barnsが約26億円を調達、…
  4. NewFishが微細藻類由来のタンパク質粉末を開発、米国スポーツ…
  5. ビーガンチーズを開発するMiyoko’s Creameryが約5…
  6. Wilkが細胞培養による乳脂肪を使用したヨーグルト開発に成功
  7. 酵母から脂肪を開発するCultivated Bioscience…
  8. 二酸化炭素から動物飼料用のタンパク質を作るDeep Branch…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

韓国が培養肉特区を創設、商用化の鍵となる細胞供給で特例を設ける

韓国政府は、培養肉など細胞性食品の開発を目的とした特区を創設した。この特区の正式…

連続細胞培養技術を開発する英CellulaREvolutionが約1億4千万円を調達

イギリスを拠点とする培養肉スタートアップCellulaREvolutionが今月…

微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chromologics

植物ベースまたは細胞農業によって肉、魚、乳製品に取り組むフードテック企業は増えて…

子どもが培養肉を知るための絵本のクラファンがスタート

動物を殺さずに、動物から採取した細胞を培養して生産される動物肉を培養肉という。…

ナイジェリア初の植物肉企業VeggieVictoryに世界の投資家が注目

ナイジェリア初の植物ベース代替肉企業VeggieVictoryが投資家の注目を集…

Meweryが微細藻類を活用した最初の培養肉プロトタイプを発表

チェコの培養肉企業Meweryは、培養豚肉細胞と微細藻類をブレンドした培養肉のプ…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP