Foovo Deep

細胞培養によるカキを開発するアメリカ企業Pearlita Foodsとは

 

細胞を培養して動物肉、魚肉を開発する企業が近年、増加している。培養肉の開発が進む背景には、家畜による温室効果ガスがもたらす地球温暖化、家畜の飼育に大量の飼料・水が必要で効率的でないこと、水産資源の乱獲と高まるシーフード需要などがある。

これまでに培養肉が販売されたのはシンガポールのみだが、数年後には食卓に並ぶカキも細胞培養によって作られるかもしれない。

アメリカ、ノースカロライナ州に設立されたPearlita Foodsは、培養カキを開発する企業として先月設立された。Sustainable Food VenturesBig Idea Venturesから出資を受ける同社は、同州ローリーに研究所を開設した。

さまざまなスタートアップ企業がカニロブスターマグロサーモンなど培養魚介を開発しているが、培養カキの開発に挑戦するのはPearlita Foodsが初となる。

海水の浄化に欠かせないカキ

出典:Pearlita Foods

Pearlita Foodsが本拠地としてノースカロライナ州を選んだのは、同州にアメリカで2番目に大きい河口があり、バイオテクノロジーと「未来の食」のハブとして急速に成長しているからだという。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Pearlita Foods

 

関連記事

  1. 菌糸体から代替肉を作るMeati Foodsが約29億円を資金調…
  2. 香港培養肉スタートアップAvant Meatsが約3億2千万円を…
  3. コンタクトレスなキオスク型スムージーロボットBlendid、株式…
  4. ネスレが精密発酵によるミルク「Cowabunga」の試験販売を開…
  5. 精密発酵でヘムを開発するPaleoが約17億円を調達、植物性食品…
  6. スターバックスがパーフェクトデイの代替ミルクを試験導入
  7. クラフト・ハインツがAIを活用するフードテック企業NotCoと合…
  8. イスラエルのForsea Foodsが世界で初めて培養うなぎの試…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

FDAがSensientのチョウマメ由来の青色着色料を承認

FDAがSensientのチョウマメ由来の抽出物を着色料として承認した。Sens…

Oatlyがオーツ麦由来のソフトクリームをイギリスで発売

オーツミルクで有名なスウェーデン企業Oatlyは今月、イギリスでソフトクリームの…

The Food Robotics Summit2021に登場したフードロボット・次世代自販機9社

2021年5月19日、海外フードテックメディアThe Spoon主催のArtic…

アニマルフリーな乳製品を開発する英Better Dairyが約2億2千万円を資金調達

このニュースのポイント イギリスBetter …

米Omeatがロサンゼルスで培養肉のパイロット工場を開設

ロサンゼルスを拠点とする培養肉企業Omeatは今月、パイロット工場の完成、開設を…

植物性チキンナゲットのNowadaysが事業を停止

植物性チキンナゲットを製造販売する米Nowadaysが事業を停止したことが明らか…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/18 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/17 21:43時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/18 01:20時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/17 18:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/18 11:01時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/17 21:15時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP