代替プロテイン

アレフ・ファームズが培養ステーキ肉「Petit Steak」を発表、年内の販売を計画

 

イスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズは今月、同社初の製品ブランド「Aleph Cuts」として最初に販売される予定の「Petit Steak」を発表した

同製品は規制当局の承認を待つ状態にあり、シンガポールとイスラエルで今年後半に発売が予想されている。発売されると、世界初の培養ステーキ肉となる。

アレフ・ファームズが培養ステーキ肉「Petit Steak」を発表

「Petit Steak」 出典:Aleph Farms

Aleph Cuts」は、米カリフォルニア州の農場で育ったアンガス牛「Lucy」から1回に限り受精卵を調達し、これを短期間成長させた細胞を使用している。バイオリアクターの中で細胞を増やした後、異なるバイオリアクターに移して、筋肉やコラーゲンと異なる細胞に成長させる。次に大豆や小麦で作られた足場を使用して構造化し、収穫する。生産に要する期間はわずか4週間となる

公式サイトによると、生産プロセスで使用される成長因子は、精密発酵技術を使用して生産されたものとなり、培養肉産業初期に使用されていたFBSなど動物由来血清は使用していない

プレスリリースによると、アレフ・ファームズは1つの受精卵から何千トンもの培養肉を生産することができる。これにより、生産プロセスで動物を犠牲にしない、持続可能で安全な食料システムへの移行が可能となる。

世界初の培養ステーキ肉上市に向けて

出典:Aleph Farms

培養肉企業の多くがひき肉開発に着手していた2018年にアレフ・ファームズは、世界初の培養薄切りステーキ肉を発表するなど、初期からステーキ肉の開発に注力してきた。

2021年には3Dプリンターを使用して培養リブロース肉を開発し、2022年には培養コラーゲン事業への参入を発表した。今年3月には、シンガポールの培養肉CDMO、ESCO Asterと提携したほか、イスラエルのバイオテック企業の製造施設を買収するなど、商用化に向けて生産能力を増強している

現在、培養肉が販売されている唯一の国はシンガポールとなる。シンガポールは2020年12月、世界に先駆けて培養肉の販売を認め、培養肉の先駆的な地域となった。アメリカでも、Upside Foodsに続き、今年にはGOOD MeatがFDAの安全性審査をクリアするなど前進が見られている。

国内でも今年3月、大阪大学、島津製作所など5団体が、3Dプリンターを活用した培養肉製造技術の社会実装に向けて「培養肉未来創造コンソーシアム」を設立し、培養肉食用化の実現を目指している

 

参考記事

Aleph Farms Launches New Product Brand Aleph Cuts

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Aleph Farms

 

関連記事

  1. 廃棄大麦から代替タンパク質を開発するEverGrain|世界最大…
  2. 酵母から脂肪を開発するCultivated Bioscience…
  3. オイシックス・ラ・大地、サステナブル・シーフード発表会・試食会を…
  4. CellMEATが約10.3億円を調達、培養エビや培養甲殻類製品…
  5. 香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ
  6. Yコンビネーターが支援する米培養肉企業Orbillion Bio…
  7. Zero Cow Factoryが約5.2億円を調達|カゼインタ…
  8. 植物性刺身を開発するOcean Hugger Foodsが復活|…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

Better Juiceの砂糖削減技術を使用したフルーツジュースが今年市販化へ

フルーツジュースの砂糖を減らす技術を開発するBetter Juice(ベタージュ…

細胞を培養して代替母乳を開発するTurtleTreeが約6億3千万円を調達

このニュースのポイント●代替母乳を開発するシンガ…

米January AI:血糖値モニターを使用せずに血糖値を予測する世界初のアプリを発表

毎回の食事で血糖値への影響が気になる人に、事前に食品が血糖値に与える影響を予測分…

MicroSaltは通常の半分量で、同じ塩味を実現する画期的な塩「MicroSalt®」を開発

アメリカ人は1日平均3.4gの塩分を摂取しているといわれる。これはFDA…

CellMeatは自社開発したウシ胎児血清フリーの培地を用いて細胞培養による独島エビのプロトタイプを開発

韓国のCellMeatは細胞培養用のウシ胎児血清(FBS)フリー培地を開発し、こ…

DSM・フォンテラが設立した精密発酵企業Vivici、資金調達を経てアニマルフリー乳タンパク質の開発を加速

精密発酵でアニマルフリーな乳タンパク質を開発するオランダ企業Viviciは今月、…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/23 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/23 21:46時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/23 01:24時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/23 18:21時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/23 11:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/23 21:18時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP