代替プロテイン

Meati Foodsの菌糸体肉、全米のホールフーズ全店舗で発売

 

菌糸体由来の代替肉を開発する米Meati Foodsは先月、全米のホールフーズマーケットWhole Foods Market)全店舗でMeati製品の販売を発表した

小売展開の拡大により、「年末までに全国のオムニチャネル展開を達成する」目標に近づいたと同社はプレスリリースで述べている。

これにより、Meatiのクラシックカツレツクリスピーカツレツクラシックステーキカルネアサダステーキは、ホールフーズ全店舗の冷凍植物タンパク質コーナーで購入可能になる。

Meatiの菌糸体肉、ホールフーズ全店舗で発売

出典:Meati Foods

この発表は今春に実現した一連の小売拡大に続くニュースとなる。

Meatiは今年3月、スーパーマーケットチェーンSprouts Farmers Marketとの提携により全国的な小売デビューを実現した。5月にはスーパーマーケットチェーンMeijerとの提携を通じ、ミシガン州、オハイオ州、インディアナ州、イリノイ州、ケンタッキー州、ウィスコンシン州の全店舗(260店舗)で取り扱いを開始した

キノコの根に相当する菌糸体の95%を使って作られたMeati Foodsの製品は、完全なタンパク質であり、食物繊維、ビタミンB、鉄分、亜鉛など動物タンパク質に含まれる栄養素を豊富に含んでいる

ホールフーズマーケットで食料カテゴリー・マーチャントを担当するKara Maloney氏は、「ボルダーで昨年Meatiを初めて食べてから、差別化された高品質の菌糸体製品を店頭に並べることができて嬉しく思います」とコメントしている。

Meati、小売展開を拡大

出典:Meati Foods

Meatiが以前、商品化の主要ルートは食料品店を通じた販売になると述べていた通り、同社は着実に小売展開を拡大している。7月には60年の歴史を持つ大手二次卸業者DOT Foodsとの提携を通じて、全米5200の拠点で製品の提供を開始した

一部レストランでも製品を提供しており、間もなくプラントベースバーガーショップのNext Level Burgerでも提供を開始するという。

Meatiは今年1月、同社が「メガランチ」と呼ぶ工業規模の生産施設をコロラド州ソーントンで開設した。「メガランチ」の生産量は、アメリカ最大規模の農場で生産される肉の生産量に匹敵もしくはそれを上回るものになるという。今後は年間数億ポンドの生産能力となる「ギガランチ」の工場建設も計画している。

同社は最近、自社製品の健康上の利点について理解を深め、菌糸体の味、栄養、持続可能性の利点を活用した新製品の可能性を探るため、AI企業PIPAとの提携も発表した

植物性のミンチ肉を中心に始まった代替肉業界では昨今、Meatiのようにホールカット製品を展開するプレーヤーが増えている。ステーキ肉などのホールカット肉は食肉市場の85%を占めると言われており、米The Better Meat Co.、英Adamo Foods、イスラエルのChunk FoodsRedefine Meatなどの企業が確認されている。

 

参考記事

Eat Meati™ Availability Significantly Expands in 46 States with National Launch at Whole Foods Market

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Meati Foods

 

関連記事

  1. 菌糸体から代替肉を作るAtlast Foodが約43億円を調達
  2. バイオミメティクスに着想を得た代替肉企業Plantedが約19億…
  3. 米Aqua Cultured Foodsがシカゴで生産施設の建設…
  4. Motif FoodWorks、分子農業でヘムを開発するためパー…
  5. 2023年精密発酵業界の全貌:認可企業の動向、2024年予測、C…
  6. Doehlerが代替パーム油を生産する英Clean Food G…
  7. 微生物発酵で脂肪を開発するNourish Ingredients…
  8. Oobli、精密発酵による甘味タンパク質を使用した初製品の予約販…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

CulNet Systemからイネ、微細藻類を活用した低コストで持続可能な培養液開発の今|第5回細胞農業会議レポート

培養肉の生産コストの大部分を占めるといわれるのが、細胞を育てるために必要な培養液…

タバコ植物で成長因子を開発するBioBetterがパイロット工場を開設

培養肉の製造に必要な成長因子を低コストで開発するBioBetterは今月、食品グ…

スロベニア企業Juicy Marblesは世界初の植物性フィレミニヨンステーキを開発

スロベニアのスタートアップ企業Juicy Marblesは100%植物原料ででき…

「食べられる」食品包装用フィルムをインド・ロシア研究チームが開発

インドとロシアの研究者は、果物、野菜、肉、水産物を包装するための食用の食品フィル…

オランダのFarmless、約7.5億円を調達し農地不要のタンパク質生産へ|新資金でパイロット工場の建設へ前進

微生物、二酸化炭素、水素、再生エネルギーを活用して農地に依存しない代替タンパク質…

米UPSIDE Foodsが培養鶏肉の提供でミシュラン星付きシェフと提携

カリフォルニアを拠点とする培養肉スタートアップUPSIDE Foodsが、ミシュ…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/15 12:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/15 21:25時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/16 00:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/15 17:59時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/15 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/15 20:58時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP