代替プロテイン

ドイツのAlife Foodsがアニマルフリー培養培地を用いて培養シュニッツェルを開発

 

ドイツのフードテックスタートアップAlife Foodsは、欧州のスパイス大手Fuchs Groupや米国の培養肉スタートアップLab Farm Foodsと共同で培養シュニッツェル(カツレツ)を開発している。

培養肉を用いた食製品

出典:Alife Foods

今回のシュニッツェルには培養牛肉、小麦タンパク、パナード(植物油と小麦粉を混ぜたもの)、メチルセルロースの4成分が含まれている。

ウシの筋肉細胞から取り出した幹細胞や幹細胞から一段階分化の進んだ筋肉前駆細胞を培養培地で増殖させて培養牛肉を得ているものと考えられるが、このとき用いる培地を植物由来のものとすることにより、動物血清に由来する倫理面の懸念や高コストに対処している。

Lab Farm Foodsでは、このように培養したチキンやポークの培養肉を植物由来のタンパクなどと合わせて既に培養チキンナゲットやポークレバーパテを試作している

ドイツで議論される代替タンパク肉

ドイツの新しい連立政権は代替タンパク製品を促進することを明言し、初めて政策項目にあげ、ベジタリアンのジェム・オズデミル氏を農業大臣に指名した。

2020年に刊行された報告書には、ドイツが培養肉分野でリーダーとなるにはどのようにすればいいか、を説いたうえで、屠殺場における様々な酷い事例について記している。

数週間前にはドイツの保健大臣は、健康、環境、動物愛護から食肉の消費を大幅に削減する必要性に言及している。

Alife Foodsもドイツ政府の代替タンパク製品に対する前向きな姿勢に共感を示し、「肉を食べる行為は様々な文化において儀式的な面があるが、畜産は本質的に持続不可能なものだ。人類は自ら技術を用いて世界を創るものであり、動物の犠牲や環境にひどい影響を与えることなく楽しんで肉を食べることのできる未来を信じている」と、HPに記している

欧州における培養肉製品の認可状況

出典:モサミート

培養肉製品が欧州市場に流通するには、欧州委員会から新規食品(Novel Foods)としての認可を得る必要がある

更に、培養細胞などに遺伝子組み換え技術が用いられている場合には、遺伝子組み換え食品としての審議も必要になると思われる。リスク評価などは欧州食品安全機関(European Foods Safety Authority, EFSA)が行う。

申請から認可に至るまでの手続きには最短で18か月、最大3年かかると想定されるが、2021年5月の時点では、培養肉に関する正式な申請は出されていない

欧州ではドイツのほか、オランダも培養肉製品の市場流通に前向きと言われているが、最終的な承認には加盟27か国のうち15か国以上とEU人口の65%以上の賛成を必要とする特定多数決を経なければならないため、欧州での承認には時間がかかるとする向きもある。

Alife Foodsは2025年の上市を計画

出典:モサミート

Alife Foodsは官能評価を2021年末から進めており、今年後半にはシュニッツェルの試作品が完成して投資家に紹介されるだろう。製品化にあたっての最も大きな課題は実験室レベルから実生産までスケールアップすることであり、Alife Foodsは2025年に上市することを計画している。

ただ、713人のドイツ人を対象とした培養肉に対する2020年の意識調査によると、培養肉を受け入れられるのはごく控えめな程度に過ぎないという結果が得られている。

規制認可や技術の飛躍的前進にはまだ時間的に猶予があるものの、解決すべき課題は他にもあるようである。

 

参考記事

Germany’s Alife Foods Develops Cultivated Schnitzel With Animal-Free Growth Medium

This German Startup Has Made A Slaughter-Free Schnitzel To Break With Convention But Maintain Tradition

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Alife Foods

 

関連記事

  1. モサミートはいかにしてFBSを使わずに培養牛肉を生産したのか?研…
  2. CellMeatは自社開発したウシ胎児血清フリーの培地を用いて細…
  3. 代替肉のネクストミーツが新潟に代替肉の自社工場を建設、2022年…
  4. オーストラリア政府がChange Foodsに約1.2億円の助成…
  5. 天然には存在しない「新しい酵素」を開発するEnzymitが約6.…
  6. Esco Asterが培養肉の製造承認をシンガポールで取得
  7. 日本ハム、動物血清の代わりに食品成分で培養肉を作製
  8. 二酸化炭素からタンパク質を作るDeepBranchが約2億900…

おすすめ記事

培養母乳を開発するイスラエル企業Bio Milk、2022年にサンプルを発表予定

1Lの牛乳を生産するには900Lの水が必要とされ、牛乳を生産するために地球のかな…

Steakholder Foodsが3Dプリンティングによる培養霜降り牛肉を発表

イスラエルの培養肉企業Steakholder Foods(旧称MeaTech)は…

代替エビを開発するNew Wave Foodsが約18億円を調達、3月末までに飲食店で提供予定

植物ベースの代替魚開発に取り組むNew Wave Foodsが、シリーズAラウン…

イート・ジャストがカタールへの培養肉工場の建設でQatar Free Zones Authorityと提携

シンガポールに続き、次に培養肉の販売を承認する国がカタールとなる可能性がでてきた…

ビヨンドミートが代替鶏肉ビヨンドチキンテンダーを北米で発売

ビヨンドミートが北米で代替鶏肉商品を発売した。そら豆・えんどう豆を原料に…

Gelatex、年間300トンの培養肉生産を可能とする足場生産の試運転をスタート

培養肉用の足場を開発するエストニアのGelatexは先月、ナノファイバー材料の開…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/29 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/29 20:35時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/30 14:15時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/30 06:55時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/29 16:38時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP