代替プロテイン

ジャガイモで卵白タンパク質を開発するPoLoPoが約2.3億円を調達

 

イスラエルの分子農業スタートアップPoLoPoは先月、プレシードラウンドで175万ドル(約2億3000万円)を調達した。

PoLoPoはジャガイモを使用して動物タンパク質を生産する独自技術を開発している。調達した資金で、今後1年半以内のプロトタイプ開発に向けて研究開発を加速する。

ラウンドはドイツのベンチャーキャピタルFoodLabsが主導し、CPT CapitalSiddhi CapitalPlug and PlayMilk & Honey VenturesHackCapitalが参加した。

PoLoPoは費用対効果が高く、拡張可能な方法でジャガイモにタンパク質を発現させる独自技術を開発した。ジャガイモや大豆など植物を「工場」として、太陽エネルギーの力で植物に有用物質を作らせる方法を分子農業といい、PoLoPoは最新の分子農業スタートアップとなる。

PoLoPoは、卵白タンパク質であるオボアルブミンの生産から着手し、タンパク質生産のための技術プラットフォームを構築している。プレスリリースによると、PoLoPoのオボアルブミンは機能性、栄養価、タンパク質配列の点で本物の卵と同等だという。

出典:PoLoPo

100ヵ国以上で生産され、世界で3番目に重要な食用作物であるジャガイモは、豊富で、適応力があり、安価で用途の広い作物だが、十分に活用されていないとPoLoPoは考えている。PoLoPoによると、ジャガイモによるタンパク質生産は、栽培に必要な投資が少なくすみ、スケールアップがしやすく、商用的な拡張性がある。

分子農業スタートアップのCore BiogenesisでCEOを務めるAlexandre Reeber氏は、PoLoPoがジャガイモを使用する利点として、「ジャガイモは水とデンプンを豊富に含み、タンパク質合成に十分なスペースがある」ことに言及している。

そのうえで、「成功すれば、動物に頼らずにジャガイモで他の動物タンパク質を発現する可能性が開かれます」と述べ、ジャガイモを「工場」とするタンパク質生産の可能性に注目している

代替タンパク質分野においてPoLoPoのような分子農業スタートアップは増加傾向にある。

最近では米Motif FoodWorksがヘム開発に分子農業技術を取り入れるため、IngredientWerksと提携した。培養肉の成長因子を生産することを目的としたBioBetterCore BiogenesisBright Biotech、乳タンパク質を開発するMiruku、乳タンパク質の1つであるカゼインをターゲットとするPigmentumなどさまざまな企業が登場している。

 

参考記事

Molecular Farming startup PoLoPo secures $1.75m Pre-seed round to double down on its unique approach for animal-based proteins, growing in plants

 

関連記事

 

関連記事

  1. 培養マグロを開発するWanda Fishが約10億円を調達
  2. ニュージーランド企業Daisy Labが精密発酵ホエイのスケール…
  3. シェイクシャックが初のヴィーガン(ビーガン)バーガーをロンドンで…
  4. 微生物を活用してアニマルフリーなチーズを開発するFormo、年内…
  5. 菌糸体ベーコンを開発するAtlast Foodが社名をMyFor…
  6. フューチャーミートが世界で初めて培養羊肉を生産、年内に米生産施設…
  7. EFISHient Proteinが目指す持続可能な魚生産:培養…
  8. 米New Cultureが精密発酵カゼインのスケールアップに成功…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

米Pairwise、アメリカ初のCRISPR編集食品を発売

ゲノム編集技術を活用して農産物を開発する米Pairwise(ペアワイズ)は、Co…

タイ食品大手のCPフーズがイスラエルの培養肉企業フューチャーミートと培養ハイブリッド肉の開発で提携

イスラエルの培養肉企業フューチャーミート(Future Meat)は23日、タイ…

パーフェクトデイが約390億円を調達、今秋にアニマルフリーなクリームチーズを発売

アニマルフリーな乳製品を開発する米パーフェクトデイがシリーズDラウンドで3億50…

米ビヨンドミート、植物ステーキ肉の年内発売を計画

植物肉を展開する米ビヨンドミートが今年後半に植物由来ステーキ肉の発売を予定してい…

ベルがパーフェクトデイと提携、精密発酵タンパク質の代替チーズを来月発売

Kiri(キリ)やBoursin(ブルサン)などで有名なチーズ大手ベルグループの…

ユニリーバ、精密発酵アイスクリームをBreyersブランドで発売|パーフェクトデイのホエイを使用

今回のニュースに関する音声配信はこちらから▼…

次回Foovoセミナーのご案内

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

精密発酵レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(04/19 12:11時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(04/19 21:26時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(04/19 00:56時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(04/19 18:01時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(04/19 10:46時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(04/19 21:00時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP