代替プロテイン

Motif FoodWorksが約249億円を調達、植物肉をアップデートさせる成分の市販化に向けて加速

 

植物ベース食品のアップデートに取り組む米フードテック企業Motif FoodWorksシリーズBラウンドで2億2600万ドル(約249億円)を調達した。

このラウンドは、オンタリオ州教職員年金基金がTeachers’Innovation Platform(TIP)を通じて主導した。

合成生物学のユニコーン企業ギンコ・バイオワークス(Gingko Bioworks)のスピンオフベンチャーであるMotif FoodWorksは、植物ベース食品の食感、口当たり、味をアップデートさせる原料を開発している。

同社は精密発酵と材料工学を駆使し、植物ベースの肉や乳製品に少量添加することで、食体験に大きな違いをもたらす材料の開発に焦点をあてている。

溶けて伸びるチーズ 出典:Motif FoodWorks

昨年の時点では、研究機関と提携して9の成分開発に取り組んでおり、2021年第4四半期までに成分を市販化する予定だと報道されていた

Foodnavigatorによると、同社の最初の成分は「植物肉の風味にとって業界で真のゲームチェンジャーとなる」とMichael Leonard氏が語る「筋タンパク」となる予定。

この成分は、ギンコ・バイオワークスの精密発酵技術(合成生物学によりターゲット分子を作るようプログラムされた微生物を使う技術)を使用して作られる。

Leonard氏はこの最初の商品について、今年後半に詳細を公表する予定だとFoodnavigatorにコメントしている。

出典:Motif FoodWorks

精密発酵技術によってアニマルフリーな乳製品を作るプレーヤーが多く登場するなか、Leonard氏は「われわれは1つのテクノロジーに固執しない」と語る。

現に、同社は今年5月に溶けて伸びるチーズ、植物性霜降り肉の生産を可能とする技術の独占的使用権を獲得している(この技術に精密発酵技術は使用されない)。

投資家も、Motif FoodWorksが精密発酵だけに注力するのではなく、味、食感、栄養を改善するために全体的なアプローチを採用していることを評価している。

出典:Motif FoodWorks

「われわれは1つのテクノロジーに固執しません。消費者の必要性を解決できる最適な技術を使用します。

つまり、この業界の他社よりも広いレンジを持っているのです」(CTOのMike Leonard氏)

植物ベース市場は2020年には27%成長して70億ドルになった。この成長率は、同時期のアメリカの小売食品売上の2倍近くとなる。

こうした成長にもかかわらず、市場にある植物ベース食品には、特に味と食感においてギャップが指摘される。

プレスリリースによると、アメリカ人の3人に2人は、植物ベース食品の味が今よりさらに改善されれば、動物肉ではなく、植物肉をもっと食べてもよいと回答している。

出典:Motif FoodWorks

「植物ベース食品は、人類と地球に多大なメリットをもたらす可能性を秘めていますが、このためには、植物ベース食品が、消費者が動物食品に期待しているのと同じ、あるいは上回るものになる必要があります」(CEOのJonathan McIntyre氏)

Foodnavigatorによると、Motif FoodWorksは年内に最初の成分を商用化する予定。この成分は植物肉の風味を改善するためのものとなる。

2つ目の成分は、植物肉の食感を改善するもので、2022年の早くに市販化される予定。

Motif FoodWorksは昨年12月に、ボストン、シーポート地区に10600平方フィート(約984㎡)の最先端のオフィス・研究施設をオープンした。

今回調達した資金で、研究開発を進め、食品技術をスケールアップ・商用化し、チーム・施設を拡充する。同社のこれまでの調達総額は3億4500万ドル(約380億円)となる。

 

参考記事

Motif FoodWorks raises $226m in Series B, gears up for launch of ingredient to transform flavor and performance of plant-based meat

Motif FoodWorks Raises $226M to Improve the Taste of Plant-Based Proteins

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Motif FoodWorks

 

関連記事

  1. Those Vegan Cowboysが精密発酵で作成されたチー…
  2. Motif FoodworksがSolar Biotechとの提…
  3. Gelatex、年間300トンの培養肉生産を可能とする足場生産の…
  4. Redefine Meatが70のレストランと新規パートナーシッ…
  5. スピルリナ由来の代替肉、スナックバーを開発するインド企業Naka…
  6. Finless Foodsが約40億円を調達、培養マグロの製造と…
  7. インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達
  8. カンガルーの培養肉を開発するオーストラリア企業Vow、食の変革に…

おすすめ記事

イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが約184億円を調達

アメリカ企業イート・ジャストの培養肉部門GOOD Meatが1億7000万ドル(…

イスラエルの培養肉・代替肉企業6社まとめ

 2021年になってから、イスラエル発の培養肉企業・植物肉企業のニュースが続ている。…

NotCoが約95億円を調達、食品業界向けのAIプラットフォーム構築へ

チリのフードテック・ユニコーン企業NotCoは12日、シリーズDラウンドで700…

エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods

ハワイを拠点とするスタートアップ企業Moku Foodsは植物性ジャーキーを発売…

Better Dairyはアニマルフリーチーズの最前線で約25.8億円を調達

イギリスのフードテックBetter DairyがシリーズAラウンドで2,200万…

Wilk、細胞培養乳脂肪を使った「世界初」のヨーグルトを開発するプロジェクトを始動

細胞培養による代替母乳・ミルクを開発するイスラエルのWilk(旧称Bio Mil…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(02/07 17:04時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(02/07 20:40時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(02/07 14:18時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(02/07 07:04時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(02/07 16:42時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP