代替プロテイン

Motif FoodWorksが約249億円を調達、植物肉をアップデートさせる成分の市販化に向けて加速

>> <<

 

植物ベース食品のアップデートに取り組む米フードテック企業Motif FoodWorksシリーズBラウンドで2億2600万ドル(約249億円)を調達した。

このラウンドは、オンタリオ州教職員年金基金がTeachers’Innovation Platform(TIP)を通じて主導した。

合成生物学のユニコーン企業ギンコ・バイオワークス(Gingko Bioworks)のスピンオフベンチャーであるMotif FoodWorksは、植物ベース食品の食感、口当たり、味をアップデートさせる原料を開発している。

同社は精密発酵と材料工学を駆使し、植物ベースの肉や乳製品に少量添加することで、食体験に大きな違いをもたらす材料の開発に焦点をあてている。

溶けて伸びるチーズ 出典:Motif FoodWorks

昨年の時点では、研究機関と提携して9の成分開発に取り組んでおり、2021年第4四半期までに成分を市販化する予定だと報道されていた

Foodnavigatorによると、同社の最初の成分は「植物肉の風味にとって業界で真のゲームチェンジャーとなる」とMichael Leonard氏が語る「筋タンパク」となる予定。

この成分は、ギンコ・バイオワークスの精密発酵技術(合成生物学によりターゲット分子を作るようプログラムされた微生物を使う技術)を使用して作られる。

Leonard氏はこの最初の商品について、今年後半に詳細を公表する予定だとFoodnavigatorにコメントしている。

出典:Motif FoodWorks

精密発酵技術によってアニマルフリーな乳製品を作るプレーヤーが多く登場するなか、Leonard氏は「われわれは1つのテクノロジーに固執しない」と語る。

現に、同社は今年5月に溶けて伸びるチーズ、植物性霜降り肉の生産を可能とする技術の独占的使用権を獲得している(この技術に精密発酵技術は使用されない)。

投資家も、Motif FoodWorksが精密発酵だけに注力するのではなく、味、食感、栄養を改善するために全体的なアプローチを採用していることを評価している。

出典:Motif FoodWorks

「われわれは1つのテクノロジーに固執しません。消費者の必要性を解決できる最適な技術を使用します。

つまり、この業界の他社よりも広いレンジを持っているのです」(CTOのMike Leonard氏)

植物ベース市場は2020年には27%成長して70億ドルになった。この成長率は、同時期のアメリカの小売食品売上の2倍近くとなる。

こうした成長にもかかわらず、市場にある植物ベース食品には、特に味と食感においてギャップが指摘される。

プレスリリースによると、アメリカ人の3人に2人は、植物ベース食品の味が今よりさらに改善されれば、動物肉ではなく、植物肉をもっと食べてもよいと回答している。

出典:Motif FoodWorks

「植物ベース食品は、人類と地球に多大なメリットをもたらす可能性を秘めていますが、このためには、植物ベース食品が、消費者が動物食品に期待しているのと同じ、あるいは上回るものになる必要があります」(CEOのJonathan McIntyre氏)

Foodnavigatorによると、Motif FoodWorksは年内に最初の成分を商用化する予定。この成分は植物肉の風味を改善するためのものとなる。

2つ目の成分は、植物肉の食感を改善するもので、2022年の早くに市販化される予定。

Motif FoodWorksは昨年12月に、ボストン、シーポート地区に10600平方フィート(約984㎡)の最先端のオフィス・研究施設をオープンした。

今回調達した資金で、研究開発を進め、食品技術をスケールアップ・商用化し、チーム・施設を拡充する。同社のこれまでの調達総額は3億4500万ドル(約380億円)となる。

 

参考記事

Motif FoodWorks raises $226m in Series B, gears up for launch of ingredient to transform flavor and performance of plant-based meat

Motif FoodWorks Raises $226M to Improve the Taste of Plant-Based Proteins

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Motif FoodWorks

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. ナイジェリア初の植物肉企業VeggieVictoryに世界の投資…
  2. シンガポールの代替肉企業Next Genがシードで約10億円を調…
  3. オーストラリアv2foodが約57億円を資金調達、植物性代替肉で…
  4. チリのユニコーン企業NotCoが約259億円を調達、アメリカに続…
  5. エリンギ由来のジャーキーを作るハワイ発のMoku Foods
  6. バイオミメティクスに着想を得た代替肉企業Plantedが約19億…
  7. 幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円…
  8. 培養ロブスターを開発する米Cultured Decadenceが…

おすすめ記事

えんどう豆由来の代替ミルクを開発するSproudが約6.8億円を調達

えんどう豆を主原料に代替ミルクを開発するSproudが480万ポンド(約6億8千…

インドの代替卵企業Evo Foodsが約8900万円を調達

植物ベースの代替卵を開発するインド企業Evo Foodsがプレシードで6200万…

フードデリバリーの「Google」、デリバリー各社を比較・検索できる統合アプリMealMeとは

フードデリバリーを頼むとき、多くの人がさまざまなプラットフォームを使って、何を注…

微生物発酵で飲食用のアニマルフリーなコラーゲンを開発する米Geltor、今秋市販化へ

アニマルフリーなコラーゲンを開発するGeltorが、ヴィーガンコラーゲンPrim…

スイス初の培養肉企業Mirai Foodsが初の資金調達、培養肉の市販化を目指す

スイスの培養肉企業Mirai Foodsが初となるシードラウンドで210万スイス…

【参加レポート】第1回フードテックジャパン展示会

日本初となる第1回フードテックジャパン展示会が開催された(2020年11月25-…

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(08/03 13:54時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(08/04 07:41時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(08/03 18:11時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています

Foovoによる【今月のピックアップ本】

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

ミドリムシ博士の超・起業思考 ユーグレナ最強の研究者が語る世界の変え方

鈴木健吾
1,650円(08/04 08:01時点)
発売日: 2021/04/16
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP