Foovo Deep

代替コーヒー開発の最前線:注目のスタートアップ10社とその市場投入動向

 

コーヒーは世界的に人気のある飲料だが、コーヒー需要が高まる一方で、コーヒー豆の生産はさまざまな課題に直面している。

コーヒーが栽培される地域は赤道周辺であり、気候変動の影響を受けやすい。気温の上昇は、コーヒー生産にとって深刻なさび病の原因となるほか、気候変動により2050年にはアラビカ種の生産地が半減する可能性が指摘されている。また、コーヒー生産には1杯あたり140Lの水が必要であり、水使用や温室効果ガスの排出など持続可能でない側面も存在する。

こうした問題に対応するため、欧米・シンガポールを中心に代替コーヒーの研究開発が行われている。代替コーヒーは主に、コーヒーの木の葉から採取した細胞を増やして本物のコーヒーを作る植物細胞培養、アップサイクル原料・植物原料を使用した豆不使用のコーヒーに分類される。

欧州(一部国)ではスーパーマーケットで植物由来コーヒーが既に取り扱われており、シンガポールでもまもなくスーパーでの取り扱いが開始される予定であるなど、一部地域では小売での投入が進んでいる。

スタートアップの動向ではアメリカが多いものの、市場投入のスピード感では欧州(一部国)・シンガポールが先行している印象がある。一方、アメリカでもこの夏から全国展開が予定されるなど、代替コーヒーの一般普及は現実になりつつある。

そこで今回は、代替コーヒーの開発に取り組む10社(+α)を紹介する。植物細胞培養の企業でも試食会開催に向けて動きだしている企業もあり、代替コーヒーの全体的な開発・上市の動向をまとめた。

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Puri

 

関連記事

  1. 牛乳の全成分を含んだ培養ミルクを開発するカナダ企業Opalia
  2. スペインNovameatが3Dプリンター製培養肉の試作品を発表
  3. 微生物発酵で赤色着色料を開発するChromologicsが約8億…
  4. 世界初|MeliBioがミツバチを使わない「本物のハチミツ」を試…
  5. 培養魚のWanda Fishがタフツ大学と独占的ライセンス契約を…
  6. タイ食品大手のCPフーズがイスラエルの培養肉企業フューチャーミー…
  7. Esco Aster、2025年までにシンガポールに新たな培養肉…
  8. 携帯可能なアレルギーセンサーを開発するAllergy Amule…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

NewFishが微細藻類由来のタンパク質粉末を開発、米国スポーツ栄養市場進出を目指す

微細藻類を活用した代替タンパク質を開発するニュージーランドのNewFishは今月…

英培養肉企業Ivy Farmとバイオテック企業BSF Enterprise、中国進出に向けて提携

イギリスの培養肉企業3D Bio-Tissuesを所有する英バイオテック企業BS…

ファーストフードレストランの買収を目指すfriesDAOが登場

friesDAOは、ファーストフード店の買収を目指すイーサリアムの分散型自律組織…

マイコプロテインを開発するフィンランド企業Eniferが約19億円を調達、2025年末までの商用工場建設を目指す

食品・飼料用の代替タンパク質源としてマイコプロテインを開発するフィンランド企業E…

1時間に350杯のカクテルを作るバーテンダーロボット「Backbar One」

今まで様々な特徴を持つバーテンダーロボットが発売されてきたが、今回取り上げるアメ…

米NovoNutrients、牛タンパク質と同品質のCO2由来タンパク質の生産に成功

カリフォルニア、サニーベールを拠点とするNovoNutrientsは、二酸化炭素…

次回セミナーのご案内

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,671円(05/21 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(05/20 21:44時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(05/21 01:22時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(05/21 18:20時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(05/21 11:03時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(05/20 21:17時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP