代替プロテイン

シェイクシャックが初のヴィーガン(ビーガン)バーガーをロンドンで販売開始

シェイクシャック(Shake Shack)は初となる100%ヴィーガンバーガー販売を開始した。

ベジタリアンバーガーはあったが、ヴィーガンバーガーは初めてとなる。

2001年にニューヨークで屋台から始まったシェイクシャックは、いまや世界中で愛されるハンバーガーブランドに成長した。日本では2015年に1号店が明治神宮外苑に開店している。

これまでのベジタリアン向けハンバーガー・シュルームバーガーは、マッシュルームをベースにしたパテにチーズを包みこみ、レタス、トマトでトッピングしたもの。

出典:Shake Shack ベジタリアン向けのシュルームバーガー

 

新しく販売されるヴィーガンバーガー、ヴィーガン・シャックバーガー(Vegan ShackBurger)は、パテに野菜、穀物、ハーブ、ケール、キヌア、サツマイモを包み込み、レタス、トマト、ヴィーガン用シェイクシャックソース、ヴィーガンチーズでトッピングしている。

出典:Shake Shack 新しく販売されたヴィーガンシャックバーガー

ヴィーガンバーガーを待ち望んでいたファンにはこの上ないニュースだが、ひとつ悲しい事実をお伝えしなければならない。

ヴィーガン・シャックバーガーはロンドンの店舗でしかまだ食べられないことだ。しかも、販売時間も限定されている。

ロンドンでヴィーガン・シャックバーガーを食べたい場合は、下記店舗へ問い合わせてみよう。

Canary Wharf

Mansion House

Brent Cross

Stratford

 

日本で高まるミートレス

国内ハンバーガー業界でもベジタリアン、ヴィーガン向けの新商品が続々と登場している。

ファーストフード大手モスバーガーは、初の100%ヴィーガン用ハンバーガー・グリーンバーガー(GREEN BURGER)の販売を開始している。主要原材料に動物性食材を使わず、野菜・穀物で作られたハンバーガーだ。

出典:モスバーガー ヴィーガン用のグリーンバーガー

東京にあるグレートレイクス(Great Lakes Tokyo)はモスバーガーに続き、動物性食材を使わないヴィーガンバーガーを販売。

2020年6月にミートレスを宣言したハンバーガー店だ。

売り切れすることが多く、日本でも「ミートレス」の高まりをうかがえる。

出典:グリーンレイクス 2020年6月にミートレスを宣言した

 

参考記事:

Shake Shack Launches First-Ever Vegan Burger For Limited Time In U.K.

The Vegan ShackBurger has landed!

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。  

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。  

メールマガジンにご登録いただくと、

週に1回、フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. 中国ファーストフード大手DicosがStarfieldと提携、植…
  2. オーストラリアv2foodが約57億円を資金調達、植物性代替肉で…
  3. 3Dプリンターで次世代ステーキを作るRedefine Meatが…
  4. スウェーデンHookedが約6200万円を調達、2021年春にス…
  5. 【原材料別】代替タンパク質スタートアップ企業まとめ21社
  6. 香港グリーンマンデーがマクドナルドと提携、全店舗で植物肉メニュー…
  7. 香港グリーンマンデーがイギリス飲食店に進出、今年中に本格展開へ
  8. ポーランドNapiFerynがなたね油粕から代替タンパク質Rap…

おすすめ記事

ピザ自販機のカナダ企業PizzaFornoがアメリカへ進出

新型コロナの発生により、自動販売機が新しく生まれ変わろうとしている。日本…

夕飯の準備は出社前の2分で完了!冷蔵機能のあるスマート調理器具Suvie

仕事の帰宅途中、スーパーによって食材を購入し、自宅で夕飯の支度をする…そ…

キッチンOSのサイドシェフ|買出しレシピサービスでウォルマートと連携

キッチンOSの主力スタートアップサイドシェフ(SideChef)とウォルマートと…

主食のイノベーションに挑む日本企業ベースフード、目指すのは「健康が当たり前の社会」

世界的にはフードテックのブームは高まる一方で、代替肉、代替卵、代替ミルク、さらに…

フードデリバリーの「Google」、デリバリー各社を比較・検索できる統合アプリMealMeとは

フードデリバリーを頼むとき、多くの人がさまざまなプラットフォームを使って、何を注…

培養肉開発用の成長因子を低コストで量産するCore Biogenesisが約3.2億円を調達

フランスのCore Biogenesisが2020年11月にシードラウンドで26…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

情報を論理的に読み解く方法を学べる書籍

【運営者おすすめ】

 

▼今ならKindle unlimitedで無料で読めます▼

 

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP