代替プロテイン

シェイクシャックが初のヴィーガン(ビーガン)バーガーをロンドンで販売開始

>> <<

シェイクシャック(Shake Shack)は初となる100%ヴィーガンバーガー販売を開始した。

ベジタリアンバーガーはあったが、ヴィーガンバーガーは初めてとなる。

2001年にニューヨークで屋台から始まったシェイクシャックは、いまや世界中で愛されるハンバーガーブランドに成長した。日本では2015年に1号店が明治神宮外苑に開店している。

これまでのベジタリアン向けハンバーガー・シュルームバーガーは、マッシュルームをベースにしたパテにチーズを包みこみ、レタス、トマトでトッピングしたもの。

出典:Shake Shack ベジタリアン向けのシュルームバーガー

 

新しく販売されるヴィーガンバーガー、ヴィーガン・シャックバーガー(Vegan ShackBurger)は、パテに野菜、穀物、ハーブ、ケール、キヌア、サツマイモを包み込み、レタス、トマト、ヴィーガン用シェイクシャックソース、ヴィーガンチーズでトッピングしている。

出典:Shake Shack 新しく販売されたヴィーガンシャックバーガー

ヴィーガンバーガーを待ち望んでいたファンにはこの上ないニュースだが、ひとつ悲しい事実をお伝えしなければならない。

ヴィーガン・シャックバーガーはロンドンの店舗でしかまだ食べられないことだ。しかも、販売時間も限定されている。

ロンドンでヴィーガン・シャックバーガーを食べたい場合は、下記店舗へ問い合わせてみよう。

Canary Wharf

Mansion House

Brent Cross

Stratford

 

日本で高まるミートレス

国内ハンバーガー業界でもベジタリアン、ヴィーガン向けの新商品が続々と登場している。

ファーストフード大手モスバーガーは、初の100%ヴィーガン用ハンバーガー・グリーンバーガー(GREEN BURGER)の販売を開始している。主要原材料に動物性食材を使わず、野菜・穀物で作られたハンバーガーだ。

出典:モスバーガー ヴィーガン用のグリーンバーガー

東京にあるグレートレイクス(Great Lakes Tokyo)はモスバーガーに続き、動物性食材を使わないヴィーガンバーガーを販売。

2020年6月にミートレスを宣言したハンバーガー店だ。

売り切れすることが多く、日本でも「ミートレス」の高まりをうかがえる。

出典:グリーンレイクス 2020年6月にミートレスを宣言した

 

参考記事:

Shake Shack Launches First-Ever Vegan Burger For Limited Time In U.K.

The Vegan ShackBurger has landed!

 

 

***無料レポートプレゼントのご案内***

無料メールマガジンに登録いただいた方限定で、 

国内外の培養肉開発に取り組む企業をまとめたレポートを無料でお配りしております。

●全66社

●全15ページ

の無料レポートです。

登録は1分で終わりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

メールマガジンにご登録いただいた方には、 週1~2回フードテックの最新ニュースをお届けしております。

↓↓↓↓↓

メールマガジン登録はこちらから

 

>> <<

関連記事

  1. ドバイが次のフードテックハブになる?UAEがドバイにフードテック…
  2. 微生物発酵でサステイナブルな着色料を開発するデンマーク企業Chr…
  3. 植物性代替肉SavorEatがイスラエルでIPO(上場)、202…
  4. アニマルフリーな乳製品を開発する英Better Dairyが約2…
  5. ミツバチを使わない「本物のハチミツ」を開発する米MeliBio
  6. インポッシブルフーズの脅威になるか?スピルリナ由来のヘムを開発し…
  7. Big Idea Venturesの第3コホートに参加する15社…
  8. 幅広い植物肉製品を開発するHungry Planetが約27億円…

おすすめ記事

イスラエルのImagindairyは精密発酵でアニマルフリーな乳製品を開発

微生物発酵技術によるアニマルフリーな乳製品開発が盛り上がる中、イスラエルのスター…

3分でサクサクのピザを焼くBasil Streetのピザ自販機

 このニュースのポイント●ピザを3分で焼…

インポッシブルフーズがオーストラリア・ニュージーランド進出へ向け準備

代表的な米代替肉企業インポッシブルフーズが1年以内に株式上場すると言われるなか、…

最短30秒で調理する自律調理ロボットを開発したRoboEatz、1台目をラトビアに設置予定

カナダ、米国、ラトビアに拠点を置くRoboEatzは、自社の調理ロボットを「世界…

中国代替肉企業Hey MaetがプレシリーズAで数百万ドルを資金調達

コロナ後に誕生した中国発の代替肉スタートアップ企業Hey Maetが再び資金調達…

スウェーデンHookedが約6200万円を調達、2021年春にスウェーデンで市販化予定

このニュースのポイント●スウェーデンHooked…

フードテックを理解するのに役立つ書籍

 

 

 

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業66社をまとめたレポート(全15ページ)を無料でお配りしております。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

PAGE TOP