Foovo Deep

植物細胞培養でカカオを開発するKokomodoが約1.1億円を調達

 

細胞培養カカオを開発するイスラエルのKokomodoが今月、イスラエル・イノベーション庁The Kitchen FoodTech Hubから75万ドル(約1億1700万円)を調達した。

Green queenの報道によると、研究室での生産はすでに成功しており、今回得た資金でパイロットスケールへの拡大を図る。今後1年半~2年で数百キロのバイオリアクターでの生産へ移行する予定だ。

培養ココアパウダー、ココアバターの順に上市を目指しており、最初の進出市場はアメリカになる可能性があるという。

培養ココアパウダーは、チョコレート、飲料、スプレッド、プロテインバーなどの食品に使用することを想定しているが、同社は食品・飲料だけでなくサプリメント・化粧品業界も視野にいれている。

細胞培養カカオ開発の背景

イメージ画像

カカオは気温上昇や降水量の減少など、気候変動の影響を受けやすく、2050年までにカカオ生産に適した地域は半減し、カカオの木が1/3消滅すると予想されている。

チョコレートはまた、牛肉、羊肉、チーズ、乳牛に続き、5番目に温室効果ガスを排出する食品とされる。最近では西アフリカでの天候不順や病害により、カカオは歴史的な不作に直面。カカオ豆の先物価格はこの1年で約3倍高騰した

一方、世界のチョコレート市場は拡大しており、2022年の1,863億2000万ドルから、2030年には3,126億5,000万ドルに達すると予想されている

植物細胞培養によるカカオ製造は工場の中で実現できるため、気候変動、天候の影響を受けることなく、理論的には地球のあらゆる場所でカカオを生産できるようになる。

西アフリカなど一部地域に大部分が集中しているカカオ生産をローカライズすることで、輸送による二酸化炭素排出量や、サプライチェーンの遅延がもたらす経済的損失も減らすことができるとKokomodoは考えている

「気候変動の影響、病気、ガーナやコートジボワールのような少数の生産国への過度の依存により、従来のカカオ栽培の価格上昇、コスト上昇、供給問題が深刻化する中、細胞培養カカオは業界にとってより持続可能で柔軟性のある解決策となるでしょう」と共同創業者兼CEO(最高経営責任者)のTal Govrin氏はGreen queenに述べている。

複数の異なる細胞株を樹立

出典:Kokomodo

AgFunderの報道によると、Kokomodoは中南米で栽培される高品質のカカオ品種の豆を使用。プロセスでは、植物が傷口につくる細胞の塊であるカルスをまず形成させる。これに栄養を与え、十分に増やした後、液体培地に移す。

ある時点まで細胞は成長、増殖するが、Kokomodoが環境や培地を変えるとそれがシグナルとなり、特定成分の産生が誘導される。得られたカカオバイオマスは発酵、焙煎、粉砕の工程を経るが、下流工程で顧客や用途に合わせてカスタム製品も作ることができるという。

Kokomodoは、植物の特定成分を自然な方法で増幅する方法について知見を有しており、さまざまな品種から複数の異なる細胞株を樹立していることが自社の強みだとしている。

大手の参入が目立つ細胞培養チョコレート

出典:California Cultured

ここから先は有料会員限定となります。

読まれたい方はこちらのページから会員登録をお願いします。

すでに登録されている方はこちらのページからログインしてください。

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Kokomodo

 

関連記事

  1. アレフ・ファームズが培養肉のパイロット生産施設を今夏にオープン、…
  2. 代替母乳のBiomilqがシリーズAで約24億円を調達
  3. 米Algae Cooking Club、微細藻類由来の食用油を発…
  4. 家庭用調理ロボットのNymbleが予約注文を受付中
  5. 培養肉生産用のアニマルフリーな血清を開発するMultus Med…
  6. 米Ayana Bio、植物細胞培養でカカオなどの生理活性物質の開…
  7. ADMがAir Proteinと空気タンパク質を使用した代替肉の…
  8. 代替脂肪セミナー動画-2022年9月開催-

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

精密発酵企業Formoがバイオテック企業Brain Biotechと提携、アニマルフリーな乳タンパク質の生産を強化

精密発酵によりアニマルフリーな乳タンパク質を開発するFormoは、バイオテクノロ…

「競争よりも共創」代替肉で環境問題に挑むネクストミーツが目指すものとは

メディアの注目を集め続けるフードテック企業がある。「地球を終わらせない」という理…

VenHubが開発する完全自律型のスマートコンビニ

国内でも無人決済コンビニの導入が進むなど、小売の省人化・省力化が進んでいる。数年…

韓国の代替肉企業Zikooinが約26億円を調達、植物肉工場を来年稼働

韓国の代替肉スタートアップZikooinは先月、2300万ドル(約26億円)を調…

細胞農業(細胞培養・精密発酵)で代替母乳を開発するスタートアップ企業9社

健康上の理由、仕事による必要性、母乳が出ないなどの理由により授乳できない母親とそ…

Apeel Sciencesが約31億円を資金調達、小規模農家の市場アクセス改善を本格支援

このニュースのポイントApeel Science…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/21 12:46時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/21 11:15時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP