代替プロテイン

TissenBioFarmが韓国初の細胞農業支援センターで10Kgの培養肉プロトタイプを発表

 

韓国の培養肉スタートアップ企業TissenBioFarmは先月、韓国初の細胞農業ハブとなる慶尚北道細胞農業産業支援センターの開所式で、10キログラムの培養肉プロトタイプを発表した。

3月末に開催された開所式には、慶尚北道のイ・チョルウ知事、大学、研究機関、TissenBioFarmなどの民間企業から約200名が参加した。同センター立ち上げは、韓国の 28の主要な業界関係者が2月、韓国の培養肉産業を前進させるために基本合意書(MOU)を締結したニュースに続くものとなる。

出典:TissenBioFarm

建設に90億ウォン(約9億円)が投じられた4階建ての同センターには、TissenBioFarmを含む5社の企業と、嶺南大学細胞培養研究センター、研究所、分析室が収容される。2024年までに30億ウォン(約3億円)の予算で55種類の企業設備を設置することを目指している。

開所式では、細胞農業をワクチン、医薬品、化粧品、グリーンバイオ産業と結び付け、一体化された細胞農業産業を創出する計画が発表された。

TissenBioFarmは開所式で、10キログラムの培養肉プロトタイプを初めて公開。同社によると、これまでに発表されたプロトタイプでは世界最大サイズとなる。

Green queenの報道によると、発表された培養肉は、動物細胞、バイオインク、食用着色料、パーム油、食用接着剤を使用しているという。TissenBioFarmはリンクトインで、「大きな霜降り培養牛肉は多くの訪問者の注目を集めました」とコメントしている

出典:TissenBioFarm

昨年8月、韓国が国家計画に培養肉の安全性評価や製造プロセスの管理制度を盛り込む方針であることが明らかになった。韓国初の細胞農業支援センターの開設は、韓国政府の培養肉企業に対する財政的・行政的支援を約束するものとなる。

TissenBioFarmは人工臓器の研究開発を基盤技術に設立された培養肉企業で、バイオ3Dプリンティング技術を活用している。昨年10月にはシリーズAラウンドで約2.2億円を調達した

同社は2023年末までに、「約80%の細胞と20%のバイオインク・バイオマテリアルから構成される100%培養肉を発表する」とGreen queenのインタビューで回答している。

 

参考記事

South Korea’s Cellular Agriculture Support Center Opens With a Bang: The World’s Largest Piece of Cultivated Meat

TissenBioFarm Unveils 10 kg Cultivated Meat Prototype at South Korea’s First Cell Ag Hub

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:TissenBioFarm

 

関連記事

  1. Melt&Marble、精密発酵による油脂のプロトタイ…
  2. 米Aqua Cultured Foodsがシカゴで生産施設の建設…
  3. GEAが代替タンパク質の技術センターをドイツに開設
  4. ビヨンドミートが欧州での小売展開を拡大
  5. 酵母から脂肪を開発するCultivated Bioscience…
  6. 微細藻類からタンパク質を開発するBrevelがイスラエルに商用工…
  7. 植物分子農業でジャガイモから卵白タンパク質を開発するPoLoPo…
  8. 米Liberation Labs、アメリカで精密発酵工場の建設を…

精密発酵レポート好評販売中

おすすめ記事

香港グリーンマンデーの代替豚肉オムニポークが米国上陸

グリーンマンデーが今年後半にもアメリカ市場へ本格参入する。具体的には、グ…

肉屋出身者が立ち上げたIvy Farm|2023年までに英国で培養ソーセージの市販化を目指す

イギリスの培養肉スタートアップIvy Farmは、2023年までにイギリスの小売…

培養肉企業アレフ・ファームズが約116億円を調達、2022年に最初の商品の販売へ

細胞培養でステーキを開発するイスラエルの培養肉企業アレフ・ファームズが、シリーズ…

培養ハイブリッド肉を開発する米New Age Meatsが約2億1千万円を調達

カリフォルニアを拠点とする培養肉スタートアップのNew Age Meatsがシー…

独自ヘムを開発する豪代替肉v2foodが約58億円を調達、中国・欧州進出を目指す

オーストラリアの主要代替肉プレーヤーv2foodがシリーズBで7200万豪ドル(…

米国IPOを目指すMeat-Techが3Dプリンターで10mmの牛脂肪構造の作製に成功

このニュースのポイント Meat-Tech 3…

マイコプロテイン・菌糸体タンパク質レポート予約注文開始

精密発酵レポート好評販売中

Foovoの記事作成方針に関しまして

【2024年】培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

 

 

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

夢の細胞農業 培養肉を創る

夢の細胞農業 培養肉を創る

羽生雄毅
1,724円(06/20 12:45時点)
Amazonの情報を掲載しています
培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(06/20 22:10時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(06/21 01:48時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,980円(06/20 18:38時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
1,782円(06/20 11:14時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
498円(06/20 21:34時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP