3Dプリンター

イスラエルのPlantishが3Dプリントされた植物性サーモンを発表、2024年に本格販売へ

 

イスラエルのフードテック企業Plantishは、植物原料を使った代替サーモンの切り身を発表した

2021年3月に設立された同社は、昨年にプレシードで200万ドル(約2億2000万円)を調達し、2024年の市場投入を目指している。

3Dプリンターで代替サーモンを開発するPlantish

出典:Plantish

Plantishの代替サーモンは、マメ科植物と藻類抽出物を原料に、繊維構造を再現するために3Dプリンティング技術を用いて製造されている。タンパク質、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、ビタミンB群など、本物のサーモンと同じ栄養価を備えている。

抗生物質を使用する養殖サーモン、乱獲やマイクロプラスチックによる汚染が懸念される天然サーモンと異なり、Plantishのサーモンは100%植物由来のため、水銀、マイクロプラスチック、ホルモン剤、抗生物質といった問題が不随しない。

出典:Plantish

「適切な植物タンパク質を使用して、動物筋肉の複雑な質感を再現するために繊維を実現することは、サーモンを食べる経験において重要です。これを大規模に行うことで、外食産業、レストラン、小売にとって適切な代替品とすることができます」(Plantish)

Plantishによると、同社の代替サーモンは、従来のサーモンが使用されるあらゆる用途に使用できるという。

代替シーフードの領域では、GOOD CatchHookedように細長く刻まれた製品が多く、切り身を丸ごと再現したホールカットタイプは少ない。IMARC Groupの調査によると、魚の約80%は丸ごとまたは切り身として消費されている。

Plantishは消費者が特に望む形態の代替サーモンを開発することで、「シーフードのインポッシブル・フーズ」の地位を確立しようとしている。

アメリカ市場をターゲットに

出典:Plantish

同社は年末までに一部レストランでメニューに導入することを計画しており、本格的なローンチは2024年を予定している。同社はイスラエルを拠点とするが、サーモン需要の高いアメリカ市場をターゲットとしている。

Plantishはさまざまなバックグランドからなる4名の共同創業者が立ち上げた。

CEOのOfek Ron氏は、イスラエルの非営利団体Vegan Friendlyで主導的役割を果たした経験を持つ。CSOのRon Sicsic氏は、バイオ燃料スタートアップ企業Enviro Advanced Energyの共同創業者。研究開発部長のHila Elimelech氏は、材料化学が専門で、イスラエル国防省で3Dプリンティングのエキスパートとして勤務した経験を有する。

左からRon Sicsic氏、Ariel Szklanny氏、Hila Elimelech氏、Ofek Ron氏 出典:Plantish

最高技術責任者のAriel Szklanny氏は、優れた研究者を数多く輩出するテクニオン・イスラエル工科大学で6年間ティーチングアシスタントを務めた。さらに、創設メンバーであるEyal Briller氏はアメリカの代替肉企業インポッシブル・フーズでプロダクトマネジメント部長を務めていた人物となる。

Plantishは昨年4月、プレシードラウンドで200万ドルを調達している。世界的に著名な150社の創設メンバーが支援するファンドTechAviv Founder Partnersがラウンドを主導した。

3Dプリンター×サーモンに取り組む競合

出典:Plantish

3Dプリンターを使いサーモンを開発する企業はPlantishだけではない。

オーストリアのRevo Foodsも3Dプリンターによるサーモンの切り身を開発している。これまでに(3Dプリンター製ではない)スプレッドサーモンやスモークサーモンを市販化しており、オーストリアに続き、ドイツ、デンマーク、スペインへの参入を実現した

Revo Foodsは今年、新たな資金調達ラウンドを予定しており、年末までに刺身、寿司タイプのサーモンをリリースするとしている。

 

参考記事

Plantish Unveils Whole-cut Plant-based Salmon Fillets

Israeli startup unveils 3D-printed, plant-based salmon fillet

Plantish plans to launch whole-cut plant-based salmon in 2024

‘The Impossible Foods of seafood’: Plantish unveils whole cut, plant-based salmon prototype

Plantish Reveals World’s First Plant-Based Whole-Cut Salmon Fillet

 

関連記事

アイキャッチ画像の出典:Plantish

 

関連記事

  1. 6つの豆をベースに代替魚を開発する米Good Catchがシンガ…
  2. ビーガンペットフードのWild Earthが約25億円を調達、来…
  3. 代替肉の米インポッシブルフーズが約560億円を調達、調達総額は2…
  4. 代替マグロの切り身を開発する米Impact Food、年内の市販…
  5. 培養肉でメキシコ初のスタートアップMicro Meatは量産化段…
  6. 米培養肉Upside Foods、培養肉用のアニマルフリーな増殖…
  7. 2020年の代替タンパク質投資額は31億ドルとGFIが報告、過去…
  8. スイスの食品大手ジボダン、ビューラー、ミグロスが共同で培養肉の実…

おすすめ記事

MeliBio、高級レストランで蜜蜂フリーなハチミツの提供を期間限定で開始

精密発酵により蜜蜂を使うことなくハチミツを開発する米MeliBioが、サンフラン…

精密発酵乳タンパク質を使用したアイスクリーム実食レビュー@シンガポール

シンガポールでは2022年8月より、Coolhausブランドというアニマルフリー…

培養肉用の安価な足場を開発するGelatexが約1.3億のシード資金を調達

エストニアの培養肉スタートアップ企業Gelatexはシードラウンドで120万ドル…

MeaTech、3Dプリンターによる培養シーフードの開発でUmami Meatsと協業

バイオ3Dプリンターで培養肉を開発するイスラエルのMeaTechは、3Dプリンタ…

イート・ジャストがカタールへの培養肉工場の建設でQatar Free Zones Authorityと提携

シンガポールに続き、次に培養肉の販売を承認する国がカタールとなる可能性がでてきた…

韓国LOUNGE’LABがロボットアイスクリームショップBrown Banaをソウルにオープン

AI、ロボット、ブロックチェーンを活用する韓国のスタートアップLOUNGE'LA…

精密発酵レポート好評販売中

培養魚企業レポート好評販売中

Foovo Deepのご案内

▼聞き流しフードテックニュース▼

▼運営者・佐藤あゆみ▼

▼メルマガ登録はこちらから▼

フードテックの海外ニュースを週1回まとめてお届けしております。

 

ご登録いただいた方には、国内外の培養肉開発に取り組む企業101社をまとめたレポート(全23ページ)を無料でお配りしております(2022年3月更新版)。

 

最新のフードテックニュースを逃したくない方におすすめです。

 

 

▶メールマガジン登録はこちらから

最新記事

フードテックを理解するのに役立つ書籍

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

培養肉とは何か? (岩波ブックレット)

竹内 昌治, 日比野 愛子
572円(01/27 17:00時点)
発売日: 2022/12/06
Amazonの情報を掲載しています
フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

フードテック革命 世界700兆円の新産業 「食」の進化と再定義

田中宏隆, 岡田亜希子, 瀬川明秀
1,782円(01/27 20:33時点)
発売日: 2020/07/23
Amazonの情報を掲載しています
マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

マッキンゼーが読み解く食と農の未来 (日本経済新聞出版)

アンドレ・アンドニアン, 川西剛史, 山田唯人
1,100円(01/27 14:14時点)
発売日: 2020/08/22
Amazonの情報を掲載しています
クリーンミート 培養肉が世界を変える

クリーンミート 培養肉が世界を変える

ポール・シャピロ
990円(01/27 06:53時点)
発売日: 2020/01/09
Amazonの情報を掲載しています
培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

培養肉の入門書: 趣味・興味・投資・事業の入り口に 培養肉シリーズ

石井金子
398円(01/27 16:35時点)
発売日: 2022/02/20
Amazonの情報を掲載しています
PAGE TOP